2009年 06月 29日

車がきた

今日も晴れています。お日様がきつい。

画廊の冷蔵庫に忘れ物。連絡をもらって取りにゆく。
おぉ、何故か「紅サケ」を半身。誰から戴いたんだっけ、、と最近時々薄れる記憶を辿る。会場で一人で応対しているとこんがらがって未整理なことに。すみません。
思いついた相手にお電話、1人目でその方に辿り着きひと安心。
夕食には焼いて食べました。身が厚くておいしい紅サケでした。
「紅い垂直線」にひっかけての「紅サケ」だったのかなぁ?

c0156162_23233694.jpg


帰宅して残務に着手。


個展終了後くらいが気分的にもゆとりがあって何にも縛られずに好きに制作できていいのだけれども。でも、なかなか仕事しない自分ですな。わはははっ




17時過ぎにTさんが車を運んできてくれた。黒いやつ。同じく軽の中古車ではあるが年式はだいぶ若くなった。自分は「車は動けばいい」派で、後は積載できる大きさだけ。作品の運搬の為。今回も後ろのシートを倒して積むのだけれど、今まで乗っていたものよりは体積は狭くなったかな。車高が随分低くなった。
走行距離が少なかったものでチョイスしたのだが、今まで乗っていた車は138000kmを表示していた。
愛着と使いやすさに慣れた愛車であった。引取ってもらう。さようなら。
給油目的で近所のセルフスタンドまでテスト走行。

夕食の後に母を乗せて風呂まで。
運転に慣れないと。
[PR]

by aura-21 | 2009-06-29 13:00 | 作品画像


<< 放たれたもの 追記作業中 美術...      個展後の展覧会と癒 >>