2009年 06月 30日

放たれたもの 追記作業中 美術選奨受賞

放たれたものがどこへ向かうのか。
放った側の思いや意図が必ずしも狙い通りに正鵠と願うところには到底至らないことの方が多い。
作家の仕事はその作家自身が完全に全てを理解しているものでもない。理解しているのはその一部であったり、誕生までの端緒や苦労や工夫の経緯であるだけで、生み出されてしまったもののその後は、やはり別なところのものの判断に寄り掛かる。その別なものの好意的で建設的で批判的なことに寄り掛かっている。





この日誌の更新&追記作業。

個展会期中には疲れてて書いてられなかった。しかし感覚の鮮度というものがあるので、いまさらちょっと鈍ったかも。
画像の整理もしながら。あまり画像のアップが出来ず残念です。
(メモリー量の問題が一番大きくのしかかります)

c0156162_21434260.jpg

でも、まだ、ここ(exblog)だと、大丈夫!





7月7日に正式に受賞のアナウンスがありますが、本日内示がありました。
件の「平成20年度 岩手県美術選奨」を受賞しました。
ありがとうございます。

受賞対象の展覧会は昨年 11月に盛岡市のギャラリー彩園子で行なった個展です。
すごく自分でも力を入れてかき集めた過去作品の主だったものや、新たに作った作品など。
また、先日開催した「紅い垂直線を」のプランに繋がった新作小品なども展示した個展でした。
ありがとうございます。
(尚、この日誌は7月7日まで「非公開」扱いとしてました。)



にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2009-06-30 21:44 | 作品画像


<< お車のため      車がきた >>