2004年 11月 19日

七尾展開催

今日から「七尾謙次郎展」の開催。 10時半ころに青森県立郷土館へ到着。
9時からのテープカットや作家による作品の解説などに間に合わず聞けなかった。残念!
まだ会場にいらっしゃった七尾謙次郎ご夫妻と学芸のみなさんにご挨拶して静かに作品を鑑賞。

いい作品が並んでいます。初期のリトグラフによる人物像の作品から、モチーフを中心にひとつ置く静的で象徴的なものまで。近年には版画と手描きによるミクストメディアや版の上に直接インクを置き雁皮刷りの要領で濃い色の紙や箔を使った抽象的な作品になっている。27、28日に行われる公開制作ではこの技法で行われるもよう。 

版画という技法はついつい作品の中に向うべき視線を横道に逸らせてしまうものかもしれない。どういう技法手順で作られたのかに目がゆくと「木を見て森を見ず」なことになる。注意しないといけない。心を落ち着かせてもう一度会場内で「絵」を見て歩く。

いい展覧会です。是非ご覧下さいませ。




青森画廊へ。
車内銀杏の実のにおいについて、「なんで銀杏の実ってあんなに臭いんでしょうね? 罰ゲームで乗るというのはどうでしょう?」…おいおい千葉さん…私はずっと罰ゲーム中 …(笑)

その千葉さんから面白いフリーソフトを教えてもらった。パソコンでネット回線を使って同一ソフト同志がチャットとパソコン電話を無料で使えるというもの。
生憎なことに私のマックでは動かない。かみさんのウインドウズで試す。夜に早速ダウンロード。千葉さんのところにかけてみる。
面白い…面白すぎる。当方に内臓マイクがなかったためヘッドホーンをマイク端子に繋いで応急で話してみる。




告知に。阿部朝日さんから届いた展覧会「第10回 うしく現代美術展」牛久市中央生涯学習センター・女化青年研修所/茨城と「うしく現美小品展」スペースある・る、Tkashi Saitoh Gallery /牛久市 を追記。
阿部朝日さんもTSA時代の友人で作家。



DVD「ペイチェック」を見る。ヒッチコック風味、然り。
[PR]

by aura-21 | 2004-11-19 21:59 | 展覧会


<< レクチャー テキスト 漫画      推進委員会 七尾ご夫妻 >>