AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2003年 11月 30日

実験室の展示

今日はやけに暖かい。昼前、玄関のガラス戸が寒くて水蒸気の結露で曇っていたのだが…よく見ると…外側に水滴が!! 家の内部の方が外よりも寒いのだった!! ショック! それくらいに暖かい屋外だ。なんという異常気象。




空間実験室を見る。今週(11/28〜12/3)は1グループと2個人の展示中。手前の空間はグループ、そこの仕切られた狭い空間では個人の展示。奥の倉庫では広く使って(私も知ってる人)の個人展示中。

今週の展示を見て感じるのは、若い人たちはこの空間を「ショップ」的にとらえているのだろうか?という感想。それはどう解釈してもその空間を使う側の問題だと思うが、作ったものの並べ方は「お店」だった。
また、描けばすべてそれらが「絵」だったり「美術」だったり「アート」になるものと疑問もなく思っているような…?
自分で展示してみて気付くことが多い程、やってみた甲斐があるというもので、並べて終わりにならないようにしてほしい。

誰にとっての「空間実験室」なのか。
フリースペースプロジェクト検討委員会事務局にとっても、こうした街中に眠る空間を表現者に提供するということはひとつの実験だろう。今回の表現者は被験者でもある。

昨日は「harappa+弘前劇場」(12/12〜17に開催)のharappaとしての展示作業に私も関わっているのでミーティングに参加した。これから出来上がるまでを傍で観させてもらう。彼らは自分達が一番楽しく遊ぼうと心得ている。自分たちが楽しく遊べていないと来た人にもそれは伝わらない。その上でクオリティーも計算している。大人な分だけずるいが解っているスタッフ。




明日から旅行…というよりもドライブ。その間このページをすこしお休みします。
[PR]

by aura-21 | 2003-11-30 23:49 | 展覧会


<< 記念の旅 秋田      40の守り >>