AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 04日

小品展示 ご先祖さま

今日も青森は晴れ渡りました。

昼過ぎに「カフェ・デ・ジターヌ」さんへ作品を持っていき展示。小品6点。予定していた作品はまだ額装中でしたので、一時的に別な作品を持ち込み飾らせていただきました。しばらくぶりに出して飾った2006年制作の弘前で展示した銅版画も2点含まれています。
c0156162_14573311.jpg

会期はだいたい8月後半までと長いので(詳しい会期の終了日は追ってお知らせします)気持ちに余裕があれば展示替えしたいものですが、、どうなるかなぁ、、。




遅めの昼食に近所の「ラーメン 繁」にて。
「酸辣つけだれラーメン」というのを食べる。
美味しくて程よい酸っぱ辛さ。




「神様」と面会してきた母が昼過ぎに帰宅。
神様とは霊能者とかイタコとか言えばいいだろうか。占いとも言えるし人生相談みたいなノリでもある。人によっては見えないものや聞こえないものを感じ取れるそうだ。
私はそうことがあってもいいと思っているので別に否定しません。
県だとむつ市の木村藤子さんがメディア的にも有名か。市内でも(能力の差異はいろいろだろうけれど)各町内ごとにいらっしゃるようだ。
母が今日会ってきたのは五所川原に住む神様で定期的に青森市まで出張して見てくれる。
某所で時間を決めて順番に数名の方の相談に乗ってくれたそうだ。

「死んだおじいちゃんとおばあちゃんとお父さんが出てきた。」という。
母が嫁いだとき既に亡くなっていた父方の祖父が私の事を霊界から見ているそうだ。
甘やかされた私を叱り飛ばしに行きたい! と激怒しているらしい。明治の男である。
橋本尚一というおじいさんは苦労したようだ。しかし頑張れば頑張ったなりに結果が出せた時代だったのだろう。
でもしかし、、私の甘やかされ方には我慢できない憤りがあるのか。
あの世から出てきそうです。ご先祖様、すみません。
[PR]

by aura-21 | 2010-07-04 22:13 | 個展


<< ジターヌ中      C-POINT Final >>