2010年 08月 30日

搬入 青森今昔 遠近

今日もジリジリと暑いわぁ。



昼過ぎに額装した作品2点を車に載せて搬入場所まで運ぶ。
指定の場所はビルの2階が窓口。担いで2階まで持ち込む。
明日で〆切りの版画の公募展。もう他の応募作品は多量に集まっているのかな。



五拾壱番館ギャラリーで開催中の展示を見る。
昭和初期の青森の風景。東奥日報社で当時出版した「青森県図譜」の制作者は青森の版画黎明期に銅版画やリトグラフで制作していた作家 今純三。同時に昔の青森風景の絵はがきと同じポイントから撮影した現在の青森の写真を並列している。
昔と今と。考現学的な版画もあり、未知なのにノスタルジー。

2階の喫茶店「比°奈古多」(ぴなこった)でカレーセット。遅い昼食とお店の人とのだべり時間。


ジターヌにて珈琲豆を買いエスプレッソをもう1杯。
今月いっぱいの予定で展示頂いていた「ジターヌ」での拙作個展。
次の方の都合で私の展示が少し延びることになりました。
9月10日、、あたりまで、、かな。
もうすこしおつきあいください。

ジターヌが「東京駅丸の内方面から入ってすぐのショッピングコートecute内、HINT INDEX BOOKにてジターヌのコーヒーをお出しします!」という。すごいです。青森の珈琲が東京駅構内で味わえます。期間は「10月・11月・12月がカフェ・デ・ジターヌ今井珈琲の出番となりました。」という情報。ジターヌ・ブログをご覧ください。
[PR]

by aura-21 | 2010-08-30 22:50 | 展覧会


<< DM校正 夏の継続      アートな映画 >>