2010年 10月 15日

個展4日目 ゼロイスト初日 来客 新画廊

本日からせんだいメディアテークsmtにて「表現される現在 2010 ゼロイスト宣言in仙台」が始まります。



昨日の搬入/展示後に撮影した動画です。

拙作個展(SARP)共々、よろしくご来場くださいませ。




SARPでの個展。先輩のOJAKIさんが小雨の中をバイクで来てくれました。
明日の夜はOJAKIさんに「ビール飲みに来て」と誘われました。「定禅寺ストリートジャズフェス」や「せんだいマチナカアート」にも関わっているOJAKIさんは大学時代の版画室の先輩です。変わりません。むしろますます磨きがかかっている「おやじ」です。

青森からわざわざFUKUOKAさんが来てくれました。ありがとうございます。
いつも行く青森市内の珈琲店「カフェ・デ・ジターヌ」の常連仲間ですが、お店で会ったことがほとんどなくていつもすれ違いです。今日はゆっくりとお話出来ました。

鎌倉の吉田のり子さん(「のり」という字が出ません。すみません)のご友人のwatanabeさんが「吉田さんから教えてもらって来ました」とご来場。山仲間だそうです。とても健康で元気な笑顔がアウトドアの証。思えば吉田さんも同じ大自然の暖かさが笑顔に表れる方でした。
ありがとうございます。

あっこさん(大学時代の先輩)ご来場。2007年のギャラリーJでの田村春樹さんの個展会場で会って以来です。かわいい笑顔の先輩でお変わりなく。趣味の話題で沸きました。「ハマるものの変遷」です。


19時終了。また明日。




本日オープンする青葉区大手町のギャラリーTURNAROUNDで開催の「石川雷太展 -WAVE OBSESSION-」へ。
教えてもらった地図をたよりに定禅寺通り経由で歩く。左に右に。尚古堂書店から左へ折れて住宅街へ。新しく出来た空間は喫茶店(喫茶店の正式開店は11月頃か)と画廊空間に仕切られた真っ白い壁。スノッブな空気をまとった若者たちが集っている。20名程か。どの方も美術系か音楽系かファッション系にみえる。クリエイティブ系。若者に混じって佐藤 達さんや村上タカシさんも。
石川さんの個展初日は彼のサウンド・パフォーマンス(演奏)があり集まった人たち。
TURNAROUNDのオーナー関本さんの親交の広さを感じます。夏に青森まで遊びに来た友人たちも今日はスタッフとして忙しく動いています。


20時過ぎて石川雷太さんの演奏が始まりました。
彼は戦争や兵器や紛争、そしてテロというキーワードをあえて使った表現をしています。
音楽はノイズにエフェクトをかけた瞑想すら感じさせるサウンドです。展示されている9つのモニターからは高速に流れる道と戦争を賛美するかのような「未来派宣言」が機械音で読まれ流れます。戦争兵器の勇姿が連続しフラッシュバックします。石川さんの表現の根底にあるものが戦争やテロなのではなく、現代の社会の根底に抑え込まれているものを開放するにはそうした程の破壊力を考える必要が不可欠であることを示唆しています。
でも、サウンドは心地いいです。前回一緒にグループ展をした時にもオープニングで彼の演奏を聞きましたが、(耳慣れたせいか、あるいは彼の中で何かがまた動いたのか)なんだか本当に心地良かったです。でもむき出しの床に座るわけにもいかず、しゃがんでいて足がくたびれました。

演奏後に灯りが付くと見知った顔もちらほら。
版画家の岡沢さんもおみえです。


終了後の後片付けなどが終わったのは1時を過ぎています。
ホテルまで関本さんの送ってもらい、就寝は3時近かったか。
寝る前にもう少し、水割りなどを飲んで、、、、ZZZzzz
[PR]

by aura-21 | 2010-10-15 23:28 | 作品画像


<< 個展5日目 路上 飲み会2つ      表現される現在2010 ゼロイ... >>