2010年 12月 24日

あ、イブ

起きだすと一面の雪、、、白い、。
ホワイト・クリスマスかぁ〜



版画制作。5点を製版し刷り終える。
来年の2月にさいたまであるグループ展のDM用。
c0156162_2153556.jpg

画像を早く送らないと、、、と、また遅れそう。



夕方もますます吹雪いている。
宇多田の「Can't Wait 'Til Christmas」をリピートさせながら渋滞する雪道をのろのろと運転。


いたるところの商店レジにサンタが立っている。



この聖夜に「運命」とか「宿命」ということをぼんやりと想う。
全てはこのワードに支配されているに違いない、と、最近は考えてしまう。
若い時代にはそんなものに左右されたり影響されてなどいない、と根拠なく確信していた。
馬齢を重ねるに従って「可能性を萎縮させる」かのような宿命や、「プログラムされた運命」は抗えなくある、、、と、運命論者になってしまう。全ては思うままにはならない? 否! 運命が可能性を鎖すのではない。恣意的にはどうにもならないことを運命と決めつけて諦観しているだけではないだろうか。


ワインを1本空けながら、DVD「バイオハザード アフターライフ」を見る。
映画の主人公は構築されたプロットの中、決められたストーリーの中で自由自在に動き回り、最後にはちゃんと勝つ。





にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2010-12-24 22:39 | 作品画像


<< ゆきあかり      留守番 >>