2003年 09月 20日

お彼岸 沢山アートフォーラム

秋のお彼岸。お団子や花を買いに行く。
午後から墓参り。母方の祖母の眠る青森市内の霊園へ。


その帰りに「沢山アートフォーラム」を見る。
ひところの「沢山アート財産区」の時よりもメンバーは少なくなったが、自分達の創作行為(特に野外という条件で)を確認する意志の継続してある人たちやその賛同者で集っているグループ。中心メンバーは木彫でこの春に国際芸術センター青森でアーティストインレジデンスにも参加した石岡豊美さん(この沢山地区在住)。多くの参加者は石岡さんの指導のもと木彫に参加している。
他にも野外ながら「絵画」やもちろん「インスタレーション」もあるのだが、いかにも「現代美術」的な今風の美術を空気としてだけとらえていて、その作者自身の言葉はあまりみえないようなものもある。
こういう野外展はその作品の狙いや素材が周囲の状況と反発したり共鳴しなかったら失敗に終わる場合が多いと思う。素材も吟味が必要だろう。逆に木彫は彫るというその制作過程にだけ集中することで解りやすく見える。会期が10月末まで…と長いので出来上がったものよりもこれからまだまだ出来ていくのに付き合う…というようなフォーラムだろうか。
丁度伺った時には石岡さんによるキノコ汁の製造中?で、私も美味しくいただいた。ごちそうさま。今度は差入を持ってまた見に行こうと思う。





思考眼 SHIKOGAN 展」の作品アップロードに着手。まだまだしなきゃならない作業量は多くて…少しづつやることにする…。
[PR]

by aura-21 | 2003-09-20 23:38 | 展覧会


<< マネージメントの種子      ミチバタWS サイン本 >>