AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 18日

延期開催 にたり

黙祷。

あの地震は先週のこと。1週間が瞬く間に過ぎてしまった。
今日はどこへも出かけず在宅。


ガソリン事情が正常だったら(こんな地震が来なければ)弘前まで友人の展覧会を観に行くつもりだった。
地震のあった週に開催中の展覧会だが停電となり画廊側の配慮で翌週にずらしてもらったそうだ。それでも地震後の状況はすぐは元通りに復旧はしない。むしろいろいろな情報が届きだして現状が見えてくると閉塞感や危機感の方が肥大してきて困る。気持ちが動けない。
画廊が会期をずらせてくれたというのも凄いことだ。
連休明けの22日まで開催というが、行けるだろうか。



制作しようという気持ちの湧かないことをこの緊急的な空気を理由にかき消している。
こうしてはいられない、、では、何をどうする。




もともと自分は考え事をして過ごす時間が好きなようだ。
「下手な考え、休むに似たり」なのだけれど。
とすると、ず〜っと休んでいるようなものなのだ。
休んでニタリ。
罪の意識。
[PR]

by aura-21 | 2011-03-18 22:25 | 展覧会


<< お茶会      1週間 >>