2011年 05月 29日

久慈の工房

雨のドライブ、、となってしまった。


七戸町「天王つつじまつり」のツツジと、南部町「長谷牡丹園」のボタンを見に昼前に家を出る。

小雨まじりで終日雨もよう。
七戸は道中の生け垣に散見されるツツジは見頃。でも天王神社はそのピークを越えてしまったようでした。残念。小雨も降っていて、車から降りずに側をゆっくりと見ながら通り過ぎました。

昼食。「ラーメン徳」で塩ラーメンをっ! と思っていましたが店の前まで行くと「臨時休業」のビラ。またまた残念。ならば、と蕎麦に切り替えて「松雪庵」に向かいました。「翁そば」を頼みました。大根の千切りが白く山盛りにのっかった冷たいそば。隠れるように蕎麦がありその底には天かすがコクを添えています。そば湯もそばの味が独特で味わい深かったです。
板敷きの店内に直接座るのはちょっと足が痛かったかな。
そういえば、昔にも一度来た事のあるお店でした。

この雨では南部町のボタンも今日は再々度残念になるかな、と目的地変更。

盛岡の田村晴樹先輩が久慈の山間にある木工作品展示の「木売内工房ロフトギャラリー」で個展をしています(今月31日まで)ので、そこを目指しました。

c0156162_21292111.jpg

初めて行く場所。終了時間が不確かでメモしていた電話番号へ連絡。
田村さん在廊。そして工房オーナーの方が大学での1年先輩でもありました。
「わたしが誰だか判る?」と電話で突然に言われても私には「?」でした。すみません。
コト先輩でした。お久しぶりですね。
16時が閉店なのですが、「あなたが来るまで開けておくから」とのこと。ありがとうございます。
でもまだ2時間近くかかると思いますが、、、。
八戸市街ですこし渋滞。そこから海沿いに久慈市を目指します。
ガスって先が見えにくい霧雨る道を飛ばします。
なんとか16時半頃に到着です。お待たせしました。



その工房ギャラリー内。

c0156162_2131334.jpg

コトさんは染色科専攻で、ここにも染色と織りの仕事を展示されていました。

c0156162_21311978.jpg

一部がロフトになっています。

そこが田村晴樹さんの展示(もちろん1階部分でも壁に作品を展示しています)です。
今年の作品を中心に水彩が飾られています。
こうした空間はホワイトキューブとはまた違う感じに見えます。作品事態もまた違った見え方の中にありますね。晴れていたらここまでのドライブも含めて、気分最高になったかなぁ。
初めて訪れたこの場所は素敵でした。
ありがとうございます。また機会があったら是非伺いたい場所でした。

(途中には3.11の津波の影響で沿岸部の線路が寸断された光景も見られました。痛々しいその片鱗にも初めて触れる機会でした。)


帰路、八食センターで夕食、東八甲田温泉に浸かってから帰宅。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-05-29 23:52 | 展覧会


<< はがき      クロッキー >>