AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 10日

岩手町へ プリン同盟

今朝はなんとか風邪の具合も良くなったか。
まだ声の調子が悪い。話そうとするとかすれたりザラザラして埃でも吸い込んだようで発声が寸断するかのよう。徐々に回復の兆し。


さて今日も岩手町まで。

c0156162_7155684.jpg

明日から開催の「プリン同盟10周年記念展」のため、作品を持って「八甲田連峰」経由で南下する。

いろいろ豊富な内容。三河会長の仕事がこの「プリン同盟」の歴史の輪郭を大きく切り開いている。
副会長の千葉奈穂子さんの映像(千葉さんは7月23日〜8月21日 鶴岡アートフォーラム/鶴岡市 にて 写真展ー太陽がいっぱい!の開催で超多忙)や鎌田紀子さんの毎回驚かされる不思議な生物の立体作品でトラウマのような癒され方をされ、川口直子さんの垂れ下がった空間オブジェに天上を見上げる。柴田有理さんの理解を拒むような世界を初め、絵画、版画、立体、テキスタイル、コスプレ体験、マシーンな造型、パロディ、等々。
2009年に出会った「ワタリドリ計画」の麻生知子さんと武内明子さんも出品しててびっくら。石神の丘美術館の芸術総監督の斎藤 純氏も短編小説を寄稿し、版画家の岩渕さんのイラストの味とともに、またまたプリン同盟の謎が深まるばかりに。
豊かにプルプルと歪曲され創られた歴史的創造物に立ち尽すのもプリンの世界ならでは。
「プリン同盟の世界展」へようこそ、、である。

私も版画を3点とバナーを持参。

展示室奥の壁一面を使ったプリンの共同制作は膨大な時間と黙々と使役しされ続ける事の快感が「立派な結果」に結びついたようだ。ぷるぷるしてるけど。私もすこし、プチプチしてきました。

まずは、ご高覧あれ。←プリン色にしてみましたが、見えにくいです。

一応は大人300円の入館料が発生しますので、あまり詳しく画像や動画は載せません。
まぁしばらくの間は。



今夜は盛岡泊まり。
明日は開会式と様々なイベントと十段プリンのイベントがあります。

夕食は直利庵で「おおもり&半天丼」。クラムボンの閉店すれすれに飛び込み珈琲。
偶然に店の前を通ったのは盛岡に遊びにきていた濱 千尋さん。一緒にお茶。



盛岡市内の先輩宅に押しかけて地ビールを飲む。
代行運転でホテルへ戻りました。








にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-06-10 22:22 | 展覧会


<< プリン開催      妄想 >>