2012年 01月 24日

村上善男 長部 誠 二人展

雪の降る中を弘前まで。だんだん近づく弘前方面は晴れている。


田中屋画廊にて「村上善男 長部 誠 二人展」を観る。
2階の画廊に入るとオーナーの田中さんもおみえになりお話を伺う。

村上作品は小品が中心だが、その制作年代はまちまちだろうか。作品がコレクターから借り出された作品も多数展示されている。この展示には遂行した幾人かの企画者と幾名かのコレクターの蔭の力が確実に存在する。どんな展覧会でもその企画と実働とそこに関わる多くの人の存在がある。この村上善男という作家を核に集まっている人たちの取り組み方はまた特別なように思う。そしてその運動が市井で在るということが私に共感を誘う。
同時に弘前という街の記憶がそこから立ち上がって見える。二人の作家の作品とこの展示に力を振るう企画者とそして弘前。地理的・歴史的。その眼差しが交差することで、深まる何かが解釈できる。感受性を創造的なものに変化させること。そこには観客の楽しみがありそうです。

展示は村上作品と長部写真との並列(主催者の意図)だが、それぞれだけの展示よりも感じさせる内容に広さを深さと、そして「わかりやすさ」を漂わせる効果がとても興味深い印象を持った。
市井の画廊の取り組みでしか出来得ない展示となったのではないだろうか。





今年になって初めての「展覧会」拝見だ。
閉じこもって、出かけない生活が続いていた。
雪のせいにばかりできない。出歩かないと腐ってしまう。
自分自身への空気入れ換え。


c0156162_1422823.jpg

帰りに道にて。

そして「大開温泉」に立寄る。温泉名の響きにインパクト。いい意味で運命が開けるのか!



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2012-01-24 22:22 | 展覧会


<< 雪的造形      ここ数日は晴れています >>