AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 28日

石垣 県令邸

土沢の朝。民宿。


今日から雨という。

午前中に出来るところまでやろう、と石垣に向かう。


c0156162_12112971.jpg



最初に準備した絵(版画)によっては出来上がりも当然違ってくるが、作業手順も違ってくる。
規則的な並びにする必要があるものよりも、ランダムに貼っても全体が組み立てられる絵のほうが作業には助かるか。雨が降り出しそうな屋外で作業のモチベーションを維持するためには、そんな要素も必要なのかな。


c0156162_12175297.jpg





昼過ぎから雨。持ってきた版画も糊もなくなり、ちょうどいいのでここで終了。

強く降り出した雨の中を、土沢を後にする。




盛岡で開催中の「センダイモリオカアート」の初日、旧石井県令邸へ。
会場で作家の小林志保子さんと濱 千尋さん岡田卓也さんに久しぶりにお逢いする。
小林さんとは彼女の作品前でずいぶんとお話を伺えた。

一見すると見過ごされるような絵と思われるが、以前から小林さんの作画方法を伺っていたのでその密度を感じ思う。
「ついつい自分にいろんなことを課して描いているんですよね」と笑う。
最初に小林さんの絵を見たのもここ旧石井県令邸だった。その時には具象的な画面だったが今回はすっかり抽象的な絵。しかし描き方は当初から一貫している。出来上がった絵だけを見ているのでは気づかない。画家が絵に向かっている時間と対し方も作品の密度としてその背後に「在る」ということを想う。制作過程(要した時間の質や量、画法)にこそ作家の精神や意志や秘密がある、ことには完成した絵だけを前にしただけではなかなか伝わらないのかもしれない。展示されると同時にそれらが消える作品と、見え隠れする作品と、制作過程には無かったものが浮き出す作品とがある、ということだろうか。
話を伺うと、絵の前に立っただけでは伺い知れなかった作品の秘密=魅力にもう半歩近づける。

センダイモリオカアートは11月3日までが前期展。後期は11月3日〜11日まで。


青森に近づくほど雨の気配は遠退く。23時前には帰り着く。
疲れました、、、、、、

にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2012-10-28 23:45 | 展覧会


<< 告知蘭      今日の土沢 >>