AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 21日

今年の予定へ助走

表紙絵でお世話になってる「北奧気圏」の第10號(2014年秋頃に発行予定)の口絵に拙作オリジナル版画を入れて頂くことになりました。
現物の版画がオマケで付きます。(まぁ、、欲しくない人には余計なものですが、、、)

私の版画はモノタイプでエディション(刷り増す枚数)がない版画です。プレス機を使って版があって作るので「版画」と呼んでいますが、それを版画というのかどうか解りません。

結果、各1枚しか刷らないので部数分の400(予定)のすべてに違う版画を入れるという計画です。

自分の中では400枚(種類)で「ひとつの作品」と捉えたアートワークです。
解ってもらいにくいかもしれませんが、そういう計画なのです。
ひとつひとつに密度も持たせて全部数をトータルでひとつと括りたい思いもあるわけです。
もちろん1部づつは「散逸」します。けれども、それは理想的です。


2013年に花巻市東和町土沢にある石垣に、同じ版から刷った葉書サイズほどの版画を連続して貼ってゆくArtWorkをしました。
連続し重なりあって岩を覆う版画です。
その意味合いをずっと考えているところですが、まだよく解りません。


c0156162_1692370.jpg


ここ数年、表紙とカットで関わっている「北奧気圏」で別な場所を提供していただけたと思います。
その実験に5点ほど作ってみました。
400部の製本では版画を背で接着する作業上、紙質やそのサイズで確かめておきたいこともあります。幾つか疑問点を越えてから実際の400枚を作る作業に入ります。

c0156162_16182354.jpg

(上段3点と下段左2点です 北奧気圏の冊子サイズより少しだけ大きめの版画紙に刷りました)

文章では北奧気圏の方々が「聲」をテーマに寄稿されます。
文学・短歌・詩・評論など、弘前を中心とした北の文化の一翼を担う方々の文章です。

出来上がりを楽しみにしてください。





にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2014-03-21 16:16 | 作品画像


<< モノタイプ      小さな小さな版画 >>