AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 07日

岩手県美「いわてアートフェスタ2006」搬入/展示

朝の8時前、車に作品を積んで盛岡へと向かう。作品の大きさから小型車内ギリギリ、運転がしずらいかと心配もあったがまぁまぁ。
雪もなく陽気もよくて運転しやすい。国道四号線を南下。
岩手県立美術館「アートフェスタいわて2006」の搬入と展示が目的。

岩手芸術祭は他県でいう「県展」に近い。県展も各県により組織内容も取組も幾分違うものと思われる。
私も盛岡在住時代(岩手大学)に「絵画部門」と「環境芸術部門」に出品した事があった。環境芸術というと今では意味合いも違っているかもしれないが、当時(1970年末〜80年初)の岩手ではコンテンポラリーやインスタレーション系の作品を作る人たちが集まっている部門だった。
その「環境芸術部門」も数年前から「現代美術部門」と改称して継続しているのだが、事務局の方からの推薦で久しぶりに参加させていただく事となった。
岩手芸術祭は盛岡市内にある県民会館や公会堂(?)などを会場にして作品数の関係で各部門ごと会期をずらして行われているという。
そして四年前からその芸術祭での受賞作品と過去の受賞者の作品を岩手県立美術館の企画展示室を会場に「アートフェスタいわて」として開催されることになったという。

雪のない道は順調。11時過ぎには岩手町 道の駅 石神の丘までついた。今回、現代美術部門の事務局でお世話になる小笠原さんの携帯に連絡、13時を目標に伺う事を伝える。盛岡市内に着いてまず宿のチェックイン、昼食に駅前の盛楼閣で冷麺を食べ準備万端で美術館へ。

守衛室で担当の学芸 吉田さんと現代美術部門事務局の小笠原さんを呼んでいただき館内へ。会場内では学芸の濱淵さんと展示スタッフの方々がコツコツと作業中。インスタレーション作品は作家による直接搬入と展示作業が条件である。展示作業は昨日から行われているそうだが、額装された洋画・日本画・水墨・書道・写真・デザイン・版画や専用ケースに納められた工芸作品は館側で預かって展示するようだ。今回の作品総数は127点という。ほとんどの作品はまだ壁に立て掛けられた状態で全体の配置を検討している。昨年の展示では部門ごとに集めて展示していたようだが今回はまた幾らかシャッフルして絵画の近くに書やデザインが並ぶような会場構成も考えているそうだ。

私は事前に簡単なスケッチプランと作品サイズを提出していたので「この一画でお願いします」と出口付近の広めの壁面を提供していただいた。吊るす形を思っていたので室内中央に場所を割り当てられるのかと思っていたのだが(吊るす天井部分のワイヤー取り位置の関係で)壁面を背にして二点と壁面から1m少し離れたところに一点の計三点(三点組作品のため)を設置。
c0156162_473179.jpg

c0156162_4835.jpg

c0156162_483854.jpg



そして完成
c0156162_13103684.jpg

「浮力の空」 2007年


天井高5m10cmと伺っていたので前々から作ってみたかったプラン(余白が多くて版がかなり天井部に近いところだけにあるという画面)を試行。平面と立体(入り組んだ平面としてい)の組合せである。素材は紙。厚さや質感の違うもの。立体については一昨年のNOVITA「あかりのありか」でやってみて面白かった紙の立体構成作品をもう少し大きくしてやってみたのだが…さて、どうだろう。
イメージを掻き立てて考えながら制作し予見していたとはいえ会場で初めて設置してみないとその全貌は分からないものだ。また展示するための処理作業で(湿度・空調・固定方法などに適した材料か、など)現場で直面することもあり、近くのホーマックまで素材を買い足しに出る。まぁ、イメージしてた範疇と会期の長いことを考慮した過重への不安もすこしはあったものの、スタッフの方々の助言と専門的な処理作業に助けられる。あれよあれよという間に約5mの作品の吊り作業は終了。後はひとりでこつこつと手直し。明日、もう一度手直しして完了することに。

17時までの予定が15分ほどを過ぎ、学芸の吉田さん 濱淵さん 展示スタッフの皆さんがたを残して私と小笠原さんは館を後にした。




ホテルに戻り着替えて夕食へ。誰ともアポなし、1人で何を食おうか。蕎麦の直利庵へ行くと定休日、残念。
喫茶クラムボンで玄米カレーと珈琲のセット。後からチャイも追加注文。そういえばここのチャイはジンジャーが効いているなァ。
店主マサアキさんが後からお見え。お久しぶりです。

先輩のタムラさんを訪ねようと電話したら水彩画教室のため帰宅が21時を過ぎるとか。時間を潰す。イオンへ。時間の潰し過ぎ、21時40分も過ぎて訪ねる。おしゃべりしてて23時まで、お邪魔しました。楽しかったです。

ホテルへ戻りシャワー。
買ってきた盛岡の地ビール「BAEREN」(ベアレン醸造所 盛岡市北山1-3-31)SCHWARZ と CLASSIC 各330mlの小瓶。少量だが丁度いい?…我慢? 濃くて量は飲めないかもしれないがコクとか香りを楽しむ分にはいいのではないだろうか。
だらだらして持ち込んだPCを繋いでネット後に睡眠。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2007-02-07 23:08 | 作品画像


<< 展示の続き 盛岡      唐突にして潜在的 >>