AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2001年 01月 02日

初夢 無印

嫌な初夢。重い病気の宣告をされてお城のような収容所に大勢の同病者と一緒に収監される。絶対死んじゃうような病気。眼が醒めてそれが夢だったと判ってどんなに安心したか(・・!)
…がしかし、私が今日も死に向かって生きていることに間違いは無いんじゃ〜


無印良品で「スケッチ帳」と「おえかき帳」と「らくがき帳」の3種類あるのを見た。紙質が違うことで値段も違うらしい。
絵を描く時に簡単なラフスケッチを描き出して途中からノッテきてしっかり描き込んだりした時に「もっと良い紙に描いておけば良かった…」と思うことがたま〜にある。その反面必要もなく良い紙に向かっての描き損じやメモ程度では「勿体ない…」と思う。描き出すまでその絵がスケッチかメモかいたずら描きからくがきかはわかってはいない。自慢じゃないが〜描き出してみないことには「何」を描いているかさえその時には解っていない。だからすこし良い紙をいつも近くに置いておくようにしている。…が、「良い紙」が「構えずに描ける紙」か「出来が栄える紙」かは時に違うのでいつまでも小さな悪戦苦闘は避けられない。
[PR]

by aura-21 | 2001-01-02 00:31


<< 夢 聖域      賀正2001 >>