2004年 12月 04日

作品着手 三人展

雨。夜には荒れると注意報が。しかし今年の11月は例年になく暖冬だったようだ。雪の降る量が全然少ない。12月に入っていまだにまとまった雪の降る様子もない。このまま行って欲しい気もしている。

母を指圧に送る。かみさん昼から車を使う。私は自室で手を動かす…インクまみれ。普段と違ったものを作っているようで「これでいいのかな〜?」とそれでなくても気が自信なく気が弱いのに、、、ますます消え入りそうになる…のです。
5〜6点にやっと手が付いた状態。

かみさんはお義母さんと会っている。私の誕生日に食べて…と美味しい豚肉とケーキをいただく。6日は私の誕生日である。すこし早いけど頂いたそのお肉を使って豚スキヤキが夕食にのる。野菜は最小限にして肉を食べる形にした。
や〜〜〜〜っ、ごちそうさまです。

夕食後にスタンド行ってガソリン入れてレンタルビデオ店へ。
かみさんはCDを借りてきた。私にとってはもうどうでもいい? 新譜にたいするアンテナが張ってあるのか。横で聞いている私。



先月の日誌に七尾謙次郎さんの公開制作時の様子を付けた。
三人展「仕事について、芸術について」にもスナップ画像を付けた。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-04 22:19 | 展覧会


<< 入院準備      版画回収 岩手WS準備 >>