AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2003年 09月 02日

「思考眼展」展示開始

家内を伴って出動! 東奥日報社に立寄りカット原稿を届けてから国際芸術センター青森へ向かう。「思考眼展」の搬入・展示作業。
創作棟から展示棟へ作った版画を移動。
他の出品作家も展示作業をはじめる。他の作家は専門業者さんに手伝ってもらっての作業の中、私は「家内制手工業」ならぬ「家内の手」に手伝ってもらって二人で細々と作業をすすめる。
必要な材料を買出し。
版画の周囲に付いている水張りテープの残った耳を削りとる作業で今日1日は終わってしまった。


創作棟では今日からOM 摺り師の尾崎正志さんが来青し4都市から各1名の作家が来青して行われる「海峡フォーラム」による版画制作がはじまった。尾崎さんは14日まで青森市に滞在するとのこと。


帰りにセンター学芸員の日沼さん、グランドの野呂さんと我々夫婦で焼肉を食いに出る。学生時代の家内は野呂さん率いるバンドをバックに松田聖子の歌を熱唱したことがあることが判明。
[PR]

by aura-21 | 2003-09-02 01:01 | 展覧会


<< 展示のつづき      鈴木吐志哉展(弘前) >>