AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2002年 05月 02日

タイトルを考える

今日も天気は上々です。
しかしインドアな作業をこなさないと先へは進めません。案内状のための展覧会タイトルなどに頭がぐるぐる…
やっと夕方近くになって外出。会場のチェック。「あるち」とゼフィロス」この2つはなんとカラオケボックスを挟んで並ぶ場所にあります。
あるちの大嶋さんに版画展名称を渡す。
橋本尚恣 版画展「六月微風」(みなつきびふう)
六月を水無月と勝手に読ませてます。ざわめく風よりも微風の方が精神には届きやすいかな…かなりのlyricism…というかatmosphereなことになっている…ぞい!



「ゼフィロス」の会場を見て驚く。展示を考えていた正面の壁面にはドアがあった。今までに何度かこの会場での展示を見てきたがここにドアがそれも二つもあったとは! 気付かなかった!! 会場の見取り図も実際とは寸法は同じでも印象が違いました。壁の出っ張りや電気のスイッチの位置など。やはり見ておいて良かった(…って、もっと早くに見ろよって〜の!)
[PR]

by aura-21 | 2002-05-02 00:01 | 展覧会


<< 怪音 展覧会 YCAM      見送り 価値観 >>