2003年 05月 04日

あるてみの

快晴の日曜日。「あるてみの」今日のご来場者。
中澤宏太郎さま・棟方良子さま、菜生さま・小山内達雄さま、由紀子さま、睦ちゃん・舩水 流さま・こはるさま、こはるのママさま、こはるのゲドさま・小山 哲さま、まゆみさま・黒瀧せつぎさま・工藤洋子さま・対馬久世喜さま、玲子さま・橋本雅典さま・漆戸美枝子さま・西谷順平さま、真由美さま
ご来場ありがとうございました。




この10日間ほど自分の作品の前に立って来ていただいた方々の話を聞いていると、それまでの自分の作風(制作傾向)があってその上で見られているということに当然ながら気付く。自分では(それが出来ているかどうかは解らないが)過去の作品(作風)から少しずつでも振り切り脱皮し変わりたいと願っていたのだが、それは簡単ではないようだ。ひとつの制作結果からもうすこしその路線で先を追求したい気持ちもあるが、移り気(浮気な)気分も結構大切な部分だと思っている。動いているから普遍的に見えることもあるだろう。やりきれているかどうかいつも判らないが、マンネリや自己模倣は辞めなければいけない。



来場者のHさんから「よくNHKラジオのローカル情報コーナーでこの展覧会のこと流れてて、聞きました。」
ありがとうございます。今日の東奥日報朝刊にも2日に取材していただいた記事が掲載されておりました。ありがとうございます。

明日は展覧会最終日。
[PR]

by aura-21 | 2003-05-04 00:22 | 展覧会


<< Spring Garden 展終了      あるてみの >>