AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 03日

NOVITAで監視

憲法記念日。青森は朝から曇天、小雨に。
終日シトシト…明日はもっと雨が強くなるらしい。

かみさんとNOVITA。昨日に引き続いて監視…というかお留守番。
見知った人が来てくれると奥に誘ってコーヒーを飲みます。
成田さん、雄二さん、山形さん等々…。

弘前から来た女性の方は随分長い時間じっくりご覧になっていました。素材について尋ねられ話していると斎藤作品に非常に興味と感動をもたれた様子。ついつい手近にあった読みかけの「藝術評論 11」(TSA & 中延学園:発刊)を差し上げた。そんなに毎回差し上げられませんが…。

15時過ぎて日沼夫妻と夕暮れ風鈴楽団のお二人がおみえ。ケーキとコーヒー。
そこへ盛岡の長谷川 誠さんもおみえ。長谷川さんは今日昼過ぎに急に思い立って盛岡から車を飛ばして来てくれたそうだ。帰りにACACも見て戻るそうだ。
突然で驚いたが彼も私が会場に居たことに驚いたらしい。
長谷川さんも参加された萬鐵五郎記念館での展覧会の図録をいただく。



5月10日からの盛岡での個展のタイトルを「クラムボン ハンガー」にした。
とくに意味はないがクラムボンの壁にいろいろ版画を釣り下げたいと思っている。実はまだ「案内状」も作っていないのである。
[PR]

by aura-21 | 2004-05-03 13:52 | 展覧会


<< 斎藤義重シンポジウム 一時停止違反      連休 生誕百年義重展 >>