2004年 12月 12日

さくら荘作品展搬出

今朝は寝不足…DVD見過ぎ…200分ものはとくに注意だな。

母、白内障の手術後の経過…今日、手術した側の眼尻がごろごろすると言う。
日曜だが電話して病院へ。処置してもらう。ゴミが入っていたらしい。



11時からユウジさん宅へ。彼の車で一緒に五戸 さくら荘の展示作品を撤収に。

今年は12月になってもまとまった積雪なくちらつく程度の雪しか降っていない青森。かなりの暖冬予想。八甲田山を越えて(最短距離で)五戸に向かえそうな陽気だが残念ながら冬期間の通行封鎖は積雪量に関係なく期限がくると閉ってしまうもの。山側は通れないので国道四号線を南下。
途中 七戸の道の駅で昼食をとる。五目ラーメンが普通にうまい。

道中、二人で青森の美術サポート組織などの動きについて…とか、現代美術とはなにか? …とか、告知にもある「中瀬100器プロジェクト」などについて話しながら五戸到着。

さくら荘「ギャラリーさくら」での拙作展示、4ヶ月間に渡って本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

帰りにすこし足を伸ばして三戸町立現代版画研究所へ。
ユウジさんはこの施設が初めてだそうだ。
研究所の栗田さんは近々始まるリトグラフ講習会の準備をしていた。きれいに片付いた所内。中藤さんも来て先日の熱海のお土産を頂く。ありがとう。中藤さんとはこれが青森で会う最後かな…お元気で。
珈琲を頂きお喋りして30分ほどで研究所を後にする。日のくれるのがはやい、青森へ急ぐ車中、寝不足でまぶたが重くなる。運転はユウジさんに任せッきりで、すみません。



夜、かみさんと一緒に高樋家へ。五戸の馬肉がテーブルに。私は馬肉は食べられないがかみさんはおいしそうにバクバク食べてる。私にはカツオのたたきで酒がうまいです。夏以来の訪問。また今回もご馳走になりました。ありがとうございます。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-12 23:22 | 展覧会


<< あかりのために      「あかり」再制作 にんげんだもの >>