2003年 01月 10日

版画年賀状 新作アップ

午前中、母を病院に送り届けてから散髪屋へ。年を跨いで伸びた髪の毛。



午後から五拾壱番館ギャラリーでの「第25回記念 平成15年・版画年賀状展」を見る。画廊に届いた年賀状のうち版画で作られたものを展示する例年の企画。最近はパソコンでプリント・アウトした年賀状が多いそうでそういうのは外す…だから段々と展示できる枚数は少なくなっているという。数年前には「プリント・ゴッコ」で作られた年賀状も外されたと思うが、最近では逆にパソコンよりも手技ということでは版画ではないだろうか。孔版だし。しかしそのプリント・ゴッコもほとんど無くなってきている現状。やはり多くは木版画。
私もこの版画年賀状展のために用意したもの1点を展示していただいている。今年私の出した年賀状はパソコンでプリントした「結婚しました」を書き添えた年賀状です。会場にある版画ハガキは本来みなさんにお出ししたものではありませんので…あしからず。



今日も年賀状が数枚届く。こちらから出せなかったが頂いた年賀状には遅くなっても「寒中お見舞い」を出そうと思っている。



今日も夕方から妻は以前に勤めていた社の友人達と飲み会だそうだ。
まったく付合いがいい。ベトナム料理の店に行くらしい…「いいな〜」
終了の連絡を待って、また私は迎えに行く…なんてかいがいしい…
毎回迎えに行く私の車を見て妻の女友達の「おい坊」は「ドナドナ・カー」と呼んでいるらしい。妻が乗せられて行く姿が哀愁の「ドナドナドーナード〜ナ〜、子牛をの〜せ〜て〜(中略)荷馬車はゆ〜く〜よ〜」というくらい牧歌的にポンコツなイメージらしい。私はあんまり車の外観に興味がない。動けば良いと思っている程度なので「…ふ〜ん、おもしろい表現だね〜」と一緒に笑っている。


c0156162_2114714.jpg

2003年…今年制作の版画!…を早々と7点アップしました。



ICANOF「食間展」を告知欄へ
[PR]

by aura-21 | 2003-01-10 02:14 | 作品画像


<< 111 ハリポタ      心電図 銅板購入  >>