2003年 03月 07日

ひいな展

雪混じりの雨…冷たい雨が激しく降る中を「ひいな展」を見に行く。
先日道に迷って発見できなかった場所。そこは古い農家の作りでした。
本日最終日で案内状を送っていただいたTさんも会場にいました。地元ニュースでも取り上げられて来場者はかなり多かったそうです。
「ひいな展」…人の形に携わる者達による…というサブ・タイトルどおり季節(3/1より開催)的にお雛様も飾られた空間は建物共々アンティークな空気。お雛さまは江戸・明治・大正期のもの。また押し絵の壁への配置。明りは和紙のシェードに包まれた赤色電球かロウソクです。ピンスポットのようなあからさまな明りじゃないところがなんだか気分を盛り上げています。5人の作家による作品展は古いお雛様と2名の人形師参加による「ヒトガタ」のすこしオドロオドロしい強さが場所と共鳴していました。


帰りに版画に使う紙を買いに寄った画材店で数種類の和紙を発見。買う。
[PR]

by aura-21 | 2003-03-07 12:05 | 展覧会


<< オハナムケ      反戦チェーン・メール >>