AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 01日

個展看板 雑貨

晴れ。

7月が始まった。そのことよりも個展までもう日がないことの方が気持ちに大きくのしかかってくる。作品は既に額装に廻っているのでその部分ではもうやれることは何もない。明日の展示作業の準備。まだタイトルも考えていない。どこか落ち着ける誰も知ってる人のいないところで、ぶつぶつとそんな作業をしようかと思いながら、また関係のないことをしている。
本を読んだり、ぼーっとしたり、、、。

デザイナーのmさんより携帯に電話、「看板出来ましたよ」
早速に事務所を訪ねる。案内状の代金をお支払いする。
画廊の外に立てる縦長2枚と入口に貼るA3程のサイズの看板を、今回の案内状のデザインを元にアレンジして作って頂いた。ありがとうございます。今回も素敵なのが出来ました。看板も手書きじゃなんだか説得力がないし、こうして出力してもらえたら、実力以上に説得力持ってしまうけれど(笑)。頼らせていただきます。


ジャスコ近くの「Gigi」という店でウーロン茶葉と、アメリカ1950年代?の鉄道の枕木を停めた(という)太くて短い釘と、紡績の糸巻き(木製)を衝動買い。
外国の使用済み切手のかわいいものを置いている。テーブルの隅にあったドイツの古い活版印刷本をほどいたものを1シート(4ページ分)、、ぜんぜん読めないけど、、購入。170円。


額屋さんへ。
6枚ほどを残して他の額装の終わったものを取ってくる。
他は明日届く額にすぐ入れれる用意をしているそうだ。本当に直前に持ち込んで揃えてもらい申し訳ありません。助かります。
明日の昼にその分を受け取って、弘前へ行く予定。

ガソリンの値上がりで厳しい。この1週間は「青森ー弘前」を車で毎日通うのだ。あぁ。


夕食後にタイトルを捻りだす、、、出ない。
c0156162_2455443.jpg

[PR]

by aura-21 | 2008-07-01 01:50 | 作品画像


<< 搬入      更新 校正 >>