2008年 07月 04日

個展2日目

8時半に家を出て弘前をめざす。
近づいた辺りでqちゃん(大学同級生でS市に住むフットワーク軽い主婦である)から携帯に電話。車を停めて出る。「今、弘前駅前にいるんだけど、、、」なんだか暗い声。昨日は東京だった彼女は深夜高速バスでまっすぐに弘前へ来てくれた。しかしポーチをバスに忘れてきたらしい、、財布と免許入りの。こりゃ心配だわ。駅に着いても朝食も食べられない。。。
画廊前に駅へ廻り合流。バスは終点の青森市にいったそうだ。運転手と連絡がなかなかとれない。私の都合もあるので一緒に画廊までくる。電話で連絡が取れたらしく「青森駅まで行ってくる」と勇んで出かけた。無事に財布見つかるといいねぇ、、、。


c0156162_2374779.jpg

本日もご来場を感謝申し上げます。
室内にいると判りませんが、外では雨も降ったもよう。足下の悪いなかを、ありがとうございます。


「なんだか判らないけど、いいわね」と言い残して去ったご婦人がいた。
私はなんだかわからないけど嬉しくなった。
「いいものにいい理由はいらない」、、、、?

版画家のsさんが立ち寄ってくれた。若い女性作家。同業者なので話が弾みます。
大きなS中さんが登場。「これ僕の愛だから」と温かいオヤキの包みを手渡された。
遠くまで、どうもありがとう。
今日もご来場の皆様 どうもありがとうございます。



qちゃんは無事に財布も免許も見つかって、食事して画廊に戻ってきました。駅前からレンタサイクル借りて、、、。弘前見物したかったみたいですが、雨がパラついて断念したみたい。18時発の高速バスでまたS市へ帰るそうです。フットワーク、軽すぎです。ありがとう。元気でね。



18時で画廊を閉め、向かいの雑貨屋さんを覗く。木製のスプーンと小皿を購入。手作業で作ったプリミティブな木製品は道具であり木彫かな。5寸皿は厚めでどっしりしている。スプーンの方がちょっとお高いですね。作者は違うけども、スプーンの作者の手彫りのお椀もあった。すごく素敵だったが、お値段もしっかりとしてました。余裕があったらいつかは欲しいです。

あとはブオ〜ンと車で帰宅。運転中、、眠くて、、眠くて、、、。疲れたまってます。
夕食、ビールを飲んだら、そのまま食卓脇で寝てしまった。やっぱり疲れている。
明日も頑張ろっと。
[PR]

by aura-21 | 2008-07-04 23:21 | 作品画像


<< 暑い 個展3日目      個展初日 >>