AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 31日

だらだら月末

慣例化した言回しですが、、、「今月ももう終わり」ですね。次に「時間の過ぎるスピードは加速しています」となる。時間の過ぎ行くスピードは万人に遍く同じではなく偏っています。当然ながら、、、。


街角で「成熟した大人」をみかけると同じ日本人でありながら、そのDNAの様々さに戦慄を覚えます。成熟というのは老化ではありません。そういう成熟もあるとは思いますが、20代でも30代でも何か発散している雰囲気が別物のような「成熟」です。身体能力的にも頭脳的にもなにかエリートな持ち前さを感じさせる「成熟度」です。身体・頭脳の能力を熟し加減で評するのもどうかと思いますが、なんか、そういう感じの「出来る人」風の成熟(したような)人種を見ると、それが東京などの大都会ではなく地方であればあるほどに、自分がますます辺境に住む異人であるか或は異星人になったかのような目眩を感じます。
まぁ、見た目の話なんですけどもね、、、。



角材とスプレーペンキ(アイボリー)を明日の従兄弟の遺作展用に準備。
50号サイズの絵に仮ブチをつけるため。明日16時から飾り付け。



買ったはいいが読まない本が枕の横に山済み状態。小さい山だが崩れると顔面を直撃しそうだ。本も読まなければ、実際の行動・運動もなにもしないとなると筋肉だって退化する。読書しないと読解力も読書スピードも退化する。もう脳も筋肉も全てがか細過ぎる。何もかも、そう。。。。
[PR]

by aura-21 | 2008-07-31 02:35


<< 搬入展示      搬出 会話 >>