2008年 08月 01日

搬入展示

快晴。

午前中に耳鼻科。
ジターヌでエスプレッソ。



予定より少し早まって15時から従兄弟の展示の手伝いに五拾壱番館ギャラリーへ。
明日から「祭」ですね。早いものです。展示中、遠くから祭りの囃子とか花火の音。明日からの祭り本番への序章。展示は無事に出来上がる。明日初日。4日(月)最終日。この祭り期間を会期にしてやるのは従兄弟が亡くなったのが8月4日だったため。追悼である。作品展そのものは趣味的であるけれども、彼の人柄は表れているだろう。生きてたら60代半ば。4日には祭りで交通封鎖になる区域にある画廊のため、早めに搬出を済ませて「偲ぶ会」として打ち上げがある予定。そういう内輪向きに展覧会というのもあっていいかな。

展示の作業中にH大学のI先生より携帯に留守電あり。折り返し電話。
先日のアルミの版画についての材料のお問い合わせ。
これからある学生の集中ゼミで、体験的に制作をさせる模様。
簡単です。とても簡単です。
シンプルと言えない程に簡単です。だからおもしろいのだと思います。
成果が気になります。拙作よりもおもしろいものがどんどん出来そうで恐いです。



夕食後にAさん宅へ。22時過ぎにお邪魔して0時過ぎまで。
会話不足なのはビタミン不足のようなものでもある。
おかげでちょっと補給出来ました。
[PR]

by aura-21 | 2008-08-01 03:13 | 展覧会


<< 田村晴樹展(八戸)      だらだら月末 >>