2004年 01月 10日

展覧会

韓国へEMS送付。昼食にラーメン「八森」(NTT近く)昼時で混む。


「五拾壱番館」「ギャラリーあるち」2ケ所で開催中の「広瀬 優 展」、市民美術展示館での書道展、夜店通り 川口商店 B.O.P2階「成田をと SCUM13」(イラスト展)を見る。

広瀬さんは三年ぶりの個展。五拾壱番館では油彩、あるちでは裸婦クロッキーの展示。抽象平面の油彩と裸婦クロッキーのデフォルメ(単純化)された線との関係をどう見るか。

成田をと氏はこの場所で何度か個展発表している青森市在住の漫画家。私は初見。会場には成田氏の漫画「Toxic」が掲載されている「大阪芸術大学 河南文藝 漫画篇 vol.3 2004年新春号 文芸学部長 小池一夫 責任編集」(日本初!大学が創る漫画誌です!)発行:大阪芸術大学、発売:小池書院 500円。1冊購入。氏は近年ロッキング・オン「コミックH」などで作品を発表しているとか。この辺は私、疎くてよく知りません。
展示はイラスト生原稿。販売もしているようだ。
かなりグロいかも。かみさんは一目見て外に出てしまった。

2軒程 輸入雑貨店を覗く。1人じゃ絶対入らないだろうな…と思うくらい若い女性客層の店内。

森内ビルに寄り3月そこで何か展示させてもらえないかを尋ねる。2階まで吹き抜けた空間を使っての展示物。また版画を素材としてか…まだ思い付きの段階だ。




「あおもり版画トリエンナーレ」が今年もあるはずなのだが……
いまだに市街でなんのパブリシティーを見かけない。
本当にあるのか?????



ビデオ「呪怨2」(2000年製作 劇場版ではなく)
誰にでも祟る状態が最後にはポップアートのように雨のグランドに何十人も立つ伽椰子…恐さを通り越して何処までゆくんだ?
[PR]

by aura-21 | 2004-01-10 13:18 | 展覧会


<< 雪かき 視覚言語      餅 >>