AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 21日

撤収 ファイナリスト

久しぶりに曇天。

夕方から県美へ。
閉館後、常設展示室の中の斎藤義重作品の撤収。私の他にも2名参集。館スタッフ2名も他の展示室の撤収とかけもちしながら一緒に作業。
だんだん肉体がスムーズに動かないことを最近実感しています。
とほほっ。肉体労働が翌々日に響く年齢です。まじに、、、
22時を過ぎて解体・梱包・収蔵庫への移動が終わりました。私は帰宅。
学芸スタッフはまだ仕事があるもよう。
次の常設展示の設置は明日以降だそうだ。今日は撤収まで。それでもなかなか大変な作業です。常設展示室は作品全部が交換。

お腹が空いた。途中のコンビニでミニあんぱんと500mlパックのアロエジュース。
寝る前の食事は差し控えているのだが、、空腹に負けた。




深夜、ネットをぐるぐる見て歩く。
スペインのカダケスで開催中の「MINI PRINT INTERNACIONAL DE CADAQUES」の入賞作品が決まったようだ。入賞者6名の他にファイナリスト10名の作品もWebサイトに載っていました。、、ら、、、その中に、、、、拙作が、、選ばれていました。びっくり!
c0156162_225179.jpg

                 «Innocent – 2008 B» Monotype

ひえ〜、ありがとうございます。初めてです。こういうのって、、、嬉しいなぁ。
で、ファイナリストって、、、、なんですか?

展覧会は今月15日まで開催されていたようです。
遠くて行けませんでした。(遠いだけかよ?!)
[PR]

by aura-21 | 2008-09-21 23:56 | 作品画像


<< 11月の大阪      BBQ 絵を描くだけに >>