AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ
2003年 10月 15日

「スローライフ工房展」初日in弘前

ハイパーホテル弘前 投宿、起床。宿泊料は安いが部屋はゆったり広い。お薦めです。朝食がサービスで食べられる。おかずは言えば質素ですがご飯・味噌汁・珈琲などはフリー。



9時半に「さくら野弘前」3階催事ホール着。レジ説明。
参加工房のうち半数ほどの参加者は会場に来ている。
初日ながら客足は少な目。土・日がメインでは…という意見。参加者にもここでの経験者はいないようだ。

4階では今日から弘前市出身の日本画家「工藤甲人展」も開催。
昼食時間に中藤さんとカミサンの3人で覗く。作家本人も在廊していた。杖を突いて長老然。たまたま来たテレビ局クルーの向けたカメラに中藤さんと私とで絵を指さして話している姿が撮影されてた…とカミサンが笑っている。気付かなかった。…が、使われるとは限らない。

時々館内を暇つぶしに出歩きながらも、会場にいては他の作家の作品ものぞいたり。カミサンは高橋木工房の桑製ボウルが気に入って買っていた。

案内状を出していた浪岡のTさんと弘前のKさんが来てくれた。
感謝です。

c0156162_12215146.jpg


食器などの用の美はこういう展示会場で好調に売れている。しかしクラフト・マンにとってはそれが当り前のようだ。私も幾らか物販売り上げに協力したいがこればっかりはしょうがない…と最初から諦めていたところ、Tさんに拙作をお買い求め頂いた。ひとまずは肩の荷が降りた。カミサンもホッとしている様子。ありがとうございました。




17時過ぎ、客足の納まった頃、担当スタッフを残してみなさん帰られた。私たちも引き上げることに。
18時までやっている田中屋に。北奥舎にて蝦名さんから珈琲をご馳走になる。感謝。
帰路、夕食に「わらじ亭」の大きなハンバーグ。




レンタルDVD、1枚は見そこねて返却。
無駄に延滞した時の次に悔しい。見ないで返すなんて…
[PR]

by aura-21 | 2003-10-15 12:20 | 展覧会


<< 弘前へ 冥福      海峡 明日スロー >>