AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:展覧会( 251 )


2017年 01月 04日

あかりのありか 2017 「Re:」

新年 あけまして おめでとうございます


第13回 あかりのありか - Re: -
年末年始のお休みが終わり今日 1月4日から 最終日の 1月8日までの後半開催中です。



「あかりのありか 展」の会場風景の動画をアップいたします。
できれば 会場で実物を観ていただけると嬉しいのですが………

拙作
c0156162_17025254.jpg

[PR]

by aura-21 | 2017-01-04 12:34 | 展覧会
2016年 12月 03日

「あかりのありか 13th Re:」 会場の件

あかりのありか 13th
Re:

阿部太一  石田 徹  岩井康頼 小野寺彩子 齋藤さち子  佐藤広野
竹浪比呂央 立崎博則  対馬みさこ 手塚茂樹  野村孝志  橋本尚恣
+dS    蒔苗正樹 森内忠大  安田修平  山岡真以子 山谷雅英

c0156162_375985.jpg

写真:櫻田真智子

2016年 12月23日(金) 〜 2017年 1月18日(日)
11:00 - 18:00
■ 休廊 12月31日(土)〜1月 3日(火)

□ 初日 12月23日(金) 16:30 - 18:00
ささやかですが オープニング パーティを行います
お気軽に お立寄りください。

GALLERY NOVITA ギャラリーノビタ
〒030-0801 青森市新町 1丁目 11-15
TEL. 017-773-3746
(新町通り 「さくら野百貨店 向かい)

新生 Gallery NOVITA (隣のビルに移転工事中)で開催です。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



 
[PR]

by aura-21 | 2016-12-03 10:00 | 展覧会
2016年 03月 21日

展覧会風景 セリビア

At the exhibition of Naotsugu Hashimoto
Zavičajni muzej Knjaževac / Serbia

c0156162_8501972.jpg


c0156162_8503861.jpg


c0156162_8505933.jpg


c0156162_851414.jpg


c0156162_852083.jpg


Sonja Dimovskaさんの投稿画像をシェアしました。感謝



にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2016-03-21 12:34 | 展覧会
2015年 10月 14日

PALANSKI ART

5月にセルビアのニシュで行なわれた展示の続報です。
詩人の Zvonimir Kostić Palanski 氏による「PALANSKI ART」

c0156162_1510345.jpg


これまで一緒に開催した12カ国 25名の作家の作品とともに10月終わりまで
ベオグラードのギャラリーTRAG にて開催されています。

出品者:
Zvonimir Kostić Palanski
Slavica Erdeljanović Curk
Franc Curk
Miodrag Anđelković
Ljubiša Kocić
Dobrivoje Jevtić
Paulo Roberto Lisboa
Lee Seoung-Ku
Trajče Blaževski
Mile Simić
Maria Heed
Sari Nakanishi
Eve Eesmaa
Milivoje Novković
Wim Zurné
Martin Due
Karina Kopczyńska
Janiszewska
Kouki Tsuritani
Eva Aulmann
Kiyo Wada
Cleo Wilkinson
Naotsugu Hashimoto
Predrag Peđa Todorović
Tamekane Yoshikatsu
Mirjana Andjelkovic
Radmila Matejevic
 
 
October 14 in 19h ( 7 pm )
The exhibition stays open until the end of October.
GALLERY TRAG  Sremčica, Belgrád
 


c0156162_17304866.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2015-10-14 00:00 | 展覧会
2015年 06月 24日

プリスベン / オーストラリアでグループ展

c0156162_1244596.jpg


会場風景です(Kay Watanabe さん 提供)
Fine-tuning "ENcounter," a print exhibition by 10 Japanese printmakers, at Impress Printmakers Studio and Gallery in Brisbane.
The show will be held from 24 to 29 June.


「10人の日本人版画家によるグループ展」
" ENcounter -Works by 10 contemporary Japanese printmakers ”
Curated by Kay Watanabe
 
c0156162_143228.jpg


c0156162_1461767.jpg

 
"ENcounter - Works by 10 contemporary Japanese printmakers”は、オーストラリアの美術愛好家と美術制作者に向けて、日本の現代版画を紹介する目的で開催されます。オーストラリア在住(東京出身)の版画家 Kay Watanabe が企画したもので、Watanabe以外は全員、日本在住の版画家、または版画に重きをおいて活動しているアーティストです。
本展は直後に同じ場所で行なわれるオーストラリア・ケアンズの版画工房 InkMastersの "Northern Encounter-- A Japan - Cairns Connection"展と対をなすもので、両者は、6~7月にかけてのブリスベンでの展示後、2015年 9月にケアンズのカノピー・アート・スペースで合同展として公開されることが決まっています。
 
 
参加作家:
内木場映子  小川千明   かめもとみのり 唐津典子   杉尾龍司
橋本尚恣   林 陽子   松田圭一郎   溝上幾久子  Kay Watanabe
 
 
2015年 6月24日(水) ~ 29日(月)
  パーティー:6月26日(金)18:00 - 20:00
Impress Printmakers Studio Gallery,
   Kedron Subartstation(next to Kedron Park Hotel)
   134, Kedron Park Road, Wooloowin, Brisbane QLD 4031
   AUSTRALIA
   ブリスベン / オーストラリア
  
  
facebookで出逢った版画家のみなさんとのグループ展です。
ブリスペン在住のKay Watanabe さんに 大変お世話になり開催の運びとなりました。
皆様に感謝申し上げます。



にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2015-06-24 07:00 | 展覧会
2015年 05月 19日

今日まで展覧会 テキスト

セルビアでの展覧会は今日 19日までと伺っています。
本当にお世話になりました。

むこうの美術情報誌にこの展覧会の情報が掲載されていると
ご連絡いただきました。

c0156162_13294550.png

これが表紙でしょうか‥‥

c0156162_13311433.png


今展のポスターが載っていました。
ありがとうございます。


以前にメールで頂いたテキストを2つ掲載させていただきます。(英語)


「 HASHIMOTO'S MINIATURES UNIVERSAL LANGUAGE 」
 
Miniatures by the Japanese author Naotsugu Hashimoto, who studied graphics at University of Tokyo, were created by combining, for us less familiar techniques, of Chinese watercolours and dry point. Almost achromatic watercolours, shaded as dark ink, reduced palette between black and blue with rare traces of brown, almost transparent rice paper, is the basis for a print cliché. Such an unusual procedure, compound of graphics and painting techniques, on deep printing paper, with collage-like airy watercolours segment, reminds of poppy petal trapped in the herbarium. 
 
The watercolour interventions over prints of contour graphics were well known in the European region since the first half of the fifteenth to the beginning of the eighteenth century. Woodcuts, engravings in steel or copper, were subsequently painted with watercolours, often with the help of templates, in making playing cards, illustrations, geographical maps or church indulgences. 
For Hashimoto's procedure watercolour is starting point. By painterly gesture signs are made, and by a thoughtful skills of graphic artists, the single, unique prints. These are the first steps towards the sanctuary in the observer's heart, completed by ideas and thoughts merging. A series of miniatures can be thought of as a collection of pebbles preserved as a memento that resemble lumps of minerals deposited through millennia, sedimentary debris fragments, forgotten and found pieces of antiques, carvings, pottery with scenes assembling by our imagination, desires or dreams. We may recognize traces on the wall, dilapidated lime layers remembering leaves, deaths, sinking and waking, flickering light through the crack ... These are interpretations based on personal perception of form. 
 
Associations are multiplying by every repeated immersion into compositions created by balanced game of lines and hatchings, and picking as by over collection of memories, we become actors, and by interpretation of Hashimoto's monotypes, we begin to talk with ourselves. 
 
Hashimoto's compositions are not static and conventionally bounded within the rectangular cliché. Instead, they are of complex, often amorphous forms in a gentle movement suggesting the life process, happenings in this very moment, like a leaf resisting to wind, a bird that nests in the sunset, buzzing swarm in flight, ice skaters in love exaltation, lullaby heard in the distance, or quietly sparks crackling of just blazing fire. 
 
Matisse called his abstract paintings "the compositions according to chance laws". Accordingly, Hashimoto's achromatic monotypes could be described as "compositions of hint", a hint of form, using by the author to take the first steps towards us, without intending to understand them as waymarks or signs for decryption. These are incentives for finding our own conclusion, "haiku" impressions subjected to change. We can watch them with admiration as the jewel on the palm or enjoy the feeling of monumentality as if we were in front of the immensity of the universe. The joy or melancholy, dead silence or screak of marine turbines, light or darkness are reflections of our mind state. Hashimoto offers no solution and does not call into doubt nor precondition, takes every possible stride, completing the initiated. 
 
Inspired by these works of art, the poet Zvonimir Kostic Palanski has carved his thoughts in words through over fifty poems. He polemics, he asks himself and us, concludes, encouraged, calling for "a singing competition". We begin to ask ourselves if we see wings of a bird, a leaf or something else from our recollection. He helps us to look and perceive, to feel and empathize, or to imagine and rebel. The verses of the poem "Roof", where the poet tells us: "They raised him as we pray, we now cover the sky and prayers are left unfulfilled",  trigger strong emotions. 
 
In his own way, Palanski whales string of pearls by jewels. Somewhere the words thread poetically melodic and soft, elsewhere they startle us as a drawn sword flash. "Dragonfly ... comes down to a young willow tree to touch the tear of the river that sighs underneath" and "behind the fallen tree the root remains and wounded air, behind the fallen man only the memory of the sword glance." That's life! 
 
The song "The Wall," creates a series of unreal, phantasmagorical images. Such poetic experience we can trust, but is no less convincing picture of the wall into which we plunge to become a coherent part of this angled matter which cracks homes shells, snails and moss, as a hint of possible life. Or ... imagine a dock, part of the pier withstood the vagaries of the sea, against which raging waves brake and where rested Sun in the sunset. 
 
A delightful combination of thoughts, two-voices tune, understandable language of Hashimoto's visually shaped poetics and word echoes. 
The result is a multifaceted experience, evolution of thought in us. 
 

Slavica Erdeljanović Curk 


*************************************************************************


「 HASHIMOTO'S MINIATURES UNIVERSAL LANGUAGE  」

Miniatures by the Japanese author Naotsugu Hashimoto were created by combining, for us less familiar techniques, of Chinese watercolors and dry point. Almost achromatic watercolors, shaded as dark ink, reduced palette between black and blue with rare traces of brown, almost transparent rice paper, is the basis for a print cliché. Such an unusual procedure, compound of graphics and painting techniques, on deep printing paper, with collage - like airy watercolors segment, reminds of poppy petal trapped in the herbarium. 
 
The watercolor interventions over prints of contour graphics were well known in the European region since the first half of the fifteenth to the beginning of the eighteenth century. Woodcuts, engravings in steel or copper, were subsequently painted with watercolors, often with the help of templates, in making playing cards, illustrations, geographical maps or church indulgences. 
 
For Hashimoto's procedure watercolor is starting point. By painterly gesture signs are made, and by a thoughtful skills of graphic artists, the single, unique prints. These are the first steps towards the sanctuary in the observer's heart, completed by ideas and thoughts merging. A series of miniatures can be thought of as a collection of pebbles preserved as a memento that resemble lumps of minerals deposited through millennia, sedimentary debris fragments, forgotten and found pieces of antiques, carvings, pottery with scenes assembling by our imagination, desires or dreams. We may recognize traces on the wall, dilapidated lime layers remembering lifes, deaths, sinkings and wakings, flickering light through the crack ... These are interpretations based on personal perception of form. 
 
Associations are multiplying by every repeated immersion into compositions created by balanced game of lines and hatchings, and picking as by over collection of memories, we become actors, and by interpretation of Hashimoto's monotypes, we begin to talk with ourselves. 

 
Slavica Erdeljanović Curk 
 

*********************************************************************

素晴らしいテキストをありがとうございます。

最後の行

we begin to talk with ourselves. ...
.... 版画の解釈によって私たちは自分自身と話始める。

詩的…あぁ…素敵です。

今回の展覧会で多くの方々に助けられました。
ここに深く感謝申し上げます。




にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2015-05-19 13:41 | 展覧会
2015年 05月 16日

蔵書票展 Gallery J  仙台市

c0156162_1731503.jpg


私の蔵書票展 Vol. 2 in Gallery J 仙台市

蔵書票とは、愛読書の見返しに貼られる「EXLIBRIS(ラテン語由来で、~の愛蔵 の意)の文字等と書籍の所有者の名前の入った小さな紙片」です。
愛好家が作家に注文したり、作家も自分の蔵書票を作って楽しみます。
その美しい図案から「紙の宝石」と呼ばれることもあります。
第二回展では自分の大事な人、大好きな人へのオリジナルの蔵書票をテーマのひとつとして作品を募集致しました。好きな本、小説家にちなむもの、自由に作ったもの、蔵書票を本に貼付けたものも前回に引き続き展示致します。
人と人、人と本の温かいつながりを蔵書票の世界に感じていただければ幸いです。(主催代表 叶 悦子)

参加作家

相原智恵子 秋山靖子  阿部夏希  板垣正義
伊藤卓美  伊藤由里子 越後しの  大塚恵子
大友悦温  大野加奈  大場富生  大平あけみ
岡沢 幸    奥村昭子  尾崎果林  尾崎行彦
片野節子  片平いづみ か ち     神尾真弓
木村紗由香 黒田賀世子 小関 理   古谷英治
古谷良美  斎藤ミホ  佐々木珠子 佐藤かな
柴 イクコ   渋谷弘美   霜山直良  庄 漫
末廣吉成  菅 佳代子   髙橋麻喜子 田村晴樹
照井 隆   土井弥生    戸村茂樹  中井一彦
中島優里  橋本尚恣  濱 千尋   林 由紀子
藤宮 史    星澤初美  三河 渉  村山聡子
八木文子  吉田好晴  李家裕子  若月公平
和田尚子  叶 悦子

盛岡市の「紙町版画工房」のみなさん
浅沼美起子 阿部智穂  瓜生久美子 遠藤雅子
及川佳子  小野寺花佳 紺野順子  さとうさなえ
しもかわらさとこ   鈴木和男  千葉靖雄
中村文子  橋本芙美子 林 敦子  原田容子
福井あや子  藤村富二 松本範雄  松本昌人
八重樫文子 山陰奈津子 渡辺万里  渡辺みどり
岩渕俊彦  岩渕靖子

※ 戸村茂樹さんからお借りした海外作家のコレクションも展示します

2015 年 6 月 19日(金)~ 28 日(日)
11:00 - 18:00  最終日 15:00 まで
会期中無休 入場無料

ギャラリー J
〒980-0811 仙台市青葉区一番町 2-2-8 IKIビル 8F
TEL. & FAX. 022 - 204 - 9318

★ ワークショップ:消しゴムハンコで蔵書票印を作ろう
■ 講師:尾崎行彦(版画家)
■ 6月 21日(日) 14:30 ~ 17:30(終了予定)
■ 10名様まで
道具・材料関係はこちらでご用意します
簡単な下絵をご準備下さい。 こちらでも多少ご用意いたします。
今回もお土産に手作り文具で人気の美篶堂(みすずどう)さんのA7布張りブックタイプの手帳をご用意致します。
手帳の第1ページにもご自分の蔵書票印をいかがですか?
■ 参加費:3,000円 当日お支払い願います(材料代込み)
■ 場所: 同IKIビル 3階 アトリエJ
■ お問い合せ、参加申込みは 6月 13日(土)まで 担当 叶(かのう)まで
 メール:kanohachi_nekoya@ve.cat-v.ne.jp

巡回展
盛岡市「紙町銅版画工房」さんのご厚意で 定期開催の工房展内にて今回の蔵書票展の巡回展示していただきます
2015年 7月14日(火)~ 19日(日)
盛岡市 盛久ギャラリーにて




にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2015-05-16 17:34 | 展覧会
2015年 05月 04日

セルビアのNISにて詩画展 続報

詩人のPalanski氏からメールを頂きました。

NARODNE NOVINE - NIS
Web版の14ページに関連記事が掲載されたという。

テキストはセルビア語で私には読めないのが残念です。

掲載していただいたのは作品画像ではなく私の変な顔。
3月に行った函館の椴法華にあった海浜温泉でのジドリ でした。

c0156162_22314097.jpg


Palanski氏から「新聞の写真 送るから」とメールで届いたのが上記の画像です。

会期は今日5月4日から二週間です。
オープニングでしょうか…動画 が届きました。
ありがとうございます。
他に初日の画像もありましたが、メールのデータが開けず見られませんでした。
(もう一度別な形式で送ってもらえるようにお願いしています)



Exhibition of graphics of Naotsugu Hashimoto in the gallery Doma Arhitekata Nisa (DAN – Home of Architects of Nis)  04.05.2015.
建築家の家にある画廊のようで、壁面が岩の頑丈な構造になってそうです。
女性の話すスピーチも言葉が解らず、滔々とした声の響きは逆に私に心細い不安感を湧かせます。
なにか拙作についてのテキストのようですが‥‥
時々言葉の中に聞こえる「Naotsu~gu Hashimo~to」が非常に気になります。
本当に私のことなのかしら……?

お国柄でいろいろちがうのが面白いです。
伺えずに大変 恐縮です。そして心から感謝申し上げます。


 
追記:(2015年 5月12日)
Dobrivoje Jevtic 氏によるテキストが届きました。
セルビア語のため私には解りませんが、送ってくれたPalanski氏は「いいテキストだ」と書いてくれました。
転載の了解を頂いたので以下に掲載させていただきます。
もちろん Palanski氏の詩と合わせたテキストであると思っています。

会場風景の一部をセルビアのアーティストのMilivoje Novkovic氏のご厚意で転載させていただきます。
感謝申し上げます。


NAOTSUGU  HAŠIMOTO 
 
Nigde se dosad nije videlo toliko različitih prozora  za pogled u svet  - svaki oblik  koji se može zamisliti  i sačiniti čovekovom izbirljivom rukom pogodan je, pokazuje Naotsugu Hašimoto, da se počev od njega, kroz njega, vidi sve što postoji  u pokretu i smerovima da se uobliči kao neka (uvek drukčija) bezgranična , biljna i geometrijska liričnost. 
 
Po tome su Hašimotove grafike, japanski precizna  i japanski intuitivna vizuelizacija onog predsokratskog  Jedno i sve, to jest jedno je sve i sve je jedno. 
 
Jedan ovdašnji pesnik bi rekao: 
 
       Svet 
 
      a u njemu 
 
      trun 
 
 
 
      Trun 
 
      a u njemu 
 
       svet 
 

Naotsugu Hašimoto je očigledno od onih koji probiranjem vidno uspostavlja vidan (opredmećen) probir. 
 
Sačuvan od gestualne patetike  i imitativnih pristrasnosti,  on svakom svojom grafikom  izražava slaganje  sa slavnim sineastom Roberom Bresonom koji kaže: Onaj koji može sa najmanje  može i sa najviše. Nije nužno da onaj ko može sa najviše  može i sa  najmanje. 
 
 

Tako je to zato što u japanskoj tradiciji , pa evo i kod Naotsugu Hašimota , umetnost nije elitistički zabran , nego prožimajuće svojstvo  opšteg svakodnevlja, kome je tuđ svaki gigantizam. Pa, kad je sve sa svim u bitnim srazmerama, i šoljica čaja može da presloži čitav jedan dan, a jedan izrezak iz kosmički obuhvatne šare učinjen umetnikovim makazama može da zadovolji čitavu ljudsku potrebu za sinhronim doživljajen konkretnog totaliteta. 

Sve, svet, svemir  postoji s umetnikom i  (viđeno s druge strane)  - umetnik sa  sve/svet/svemirom. Zato Naotsugu Hašimoto šarovitosti u kojoj  se prožimaju slučajnosti i principi reda  dodaje ono što je u njegovoj moći, konturu oblika , koji je jednako arhetipski i unikatan. 
 
Neki od mojih prijatelja je, govoreći o ovom japanskom umetniku, srećno pomenuo Matisove makaze. Da, Matisu su one služile da  otvori prostor za boju  i za ornamentalno prostiranje praznine. 
 
Hašimoto, naprotiv, izrezivanje, koje kao da je makazama ostvareno, čini da bi  sveo sve u jedno, da bi komprimirao  svemir, i učinio ga bez ostatka dostupnim ljudskim čulima, te i najdubljim čovekovim potrebama. 
 
Sve u svemu, Hašimotove minijature se čine kao istočnjački  složeno / jednostavna pismena za iščitavanje svemira  kao čovekove postojbine i čovekovog bliskog okruženja. 
 
 Maj, 2015. 
Dobrivoje Jevtić 
 

会場風景

c0156162_16292357.jpg


c0156162_16294786.jpg





 


にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2015-05-04 14:48 | 展覧会
2015年 05月 04日

セルビアで詩と版画の展覧会

今日は「スター・ウォーズの日」ですね。

同じく本日セルビアのニシュで詩人 Palanski氏と私のモノタイプ版画とで
「詩画展」が開催されます。

c0156162_583368.jpg


セルビア語で書かれていて、私にはちょっと詳細が解っていません。
ごめんなさい。

May the force be with you....




にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2015-05-04 05:10 | 展覧会
2014年 12月 19日

第11回 あかりのありか 「+・−」にて

会場の全体風景。


c0156162_1701212.jpg




拙作「SABORU」版画で刷った展開図を箱にして中に小さなランプをつけました。
壁のドローイングは一部 磁力で砂鉄を付けています。

c0156162_1731890.jpg



c0156162_1744742.jpg



上記 各画像に動画をリンクさせています。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2014-12-19 16:55 | 展覧会