<   2001年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2001年 04月 30日

安田さん個展 県作家名簿資料

連休中。市民図書館へ。駅前の新町通りもこのAUGA近辺だけが人出でにぎわっている感じ。1時間の駐車無料時間中に本の注文をしたり版画材料を注文したり。
陶の工房Polepole(鯵ヶ沢)の安田修平さんの個展をギャラリー・パサージュに覗く。2時くらいまでは安田さんもいらしたようだ。すれ違い。
久しぶりに五拾壱番館2階の喫茶「ピナコッタ」へ行く。飼い犬のケリーの元気がない。水を飲んでは吐いている。高木夫妻はあまり心配を見せない風にしている。



「青森県出身/在住美術家工人等名簿」(昭和58年 弘前市立博物館発行)を五拾壱番館の高木 保さんからお借りする。当時、博物館が調査して回収した資料をまとめたもの。しかし、調査対象者の範囲は
「調査に当たっては、美術家・工人等はもちろん、趣味として創作活動を続けながら、かつて何らかの形で作品を発表したことのある者を対象とした。そのため、一部公民館活動の一環として、陶芸教室・講座などの趣味程度のものや、それによって組織された団体・職域クラブ等でも含まれた者もある。また、大学在学中に各公募展の受賞歴等がある場合もその調査対象者とした。」とある。
苦戦している。…というか、何処で区切っていいのかを詰めなかった結果のようだ。趣味と呼べない創作活動をしている方でも(調査アンケートを返却しなかったことで)この資料から漏れているようである。まぁ、調査される側にもいろいろ考え方があってそうしたことだろう…
調査対象者の創作活動時期、調査対象者の分類、調査組織、調査方法、調査日程…
…苦笑するおもしろさ。
[PR]

by aura-21 | 2001-04-30 13:59 | 個展
2001年 04月 29日

花見から

現在、東京渋谷「松濤美術館」で行なわれている
「今 純三・和次郎とエッチング協会 採集する風景 - 銅版画と考現学との出会い -」
見にいきたい展覧会。だが遠い…


花見をしよう…と弁当を作って出発。その前に画材店に頼んでおいたものが届いた…というので寄ってから。北北西へ進路をとれ…途中から気分が変り蟹田経由で竜飛をめざす。桜の花見は消え…気分しだいで変るドライブ〜
蟹田の川はしろうお漁の梁が仕掛けられている。今が旬のしろうお(「しらうお」とは違います)踊り食いが素敵…でも食べない。蟹を3匹買う。松前街道からすこし行った海に飛び出した堤防の先に車を停めて弁当と蟹。やはり無言になるね…蟹は。
竜飛をめざす。階段国道はパスして快晴の竜飛の頂上先端へ。ほほう、吉田松陰の碑を発見。ここまで来たのか奴は。竜飛から日本海側の小泊までの竜泊ラインは4月25日から冬期閉鎖が解かれた。小泊の権現崎をめざす。日本海に沈む夕日を権現崎あたりから眺望しようという魂胆だったが初めて行った権現崎で結構歩きの部分がキツカッタ!ために断念。海岸付近で釣り人を見る。十三湖を突き抜けて金木(太宰 治のふるさと)の芦野公園の桜を見る(やっぱり桜だ)陽もくれて夜桜の雰囲気。連休初日とあって、3割くらいの屋台がまだ閉めている。…焼そばを食べにはいった店では冷めたパックズメの焼そばを出された…すっかり気分も醒める…「やっぱり出店で食べるものは侘びしさがつきまとうゼ!」割高感ひしひし…子どもの時に夜店で欲しかったものはだいたいが買った後に魔法がとけたようにつまらないものにみえだした…それが教訓なのさ〜 侘びしさも味わえる大人の味覚〜
運転手は飲めない。家の近所まで来て缶ビールを二本買って帰り、飲みながらこのページを書く。
[PR]

by aura-21 | 2001-04-29 13:51
2001年 04月 28日

エッチング4

快晴。青森県内のお花見戦線が始まった。弘前公園、合浦公園(青森市)芦野公園(金木町)などの拠点ほどではないが、桜川通りの桜祭りも準備が進んでいるようだ。


画家という職業があるのかどうか…美術にまつわる色々なことに生業的な意味合いで関わる…という面が強いということか。プロの画家というのとアマチュアの画家という別けられ方もある。どっちが良い仕事を多くしているかは疑問もある。いずれも言葉上だけで無理に選別してもなんなんだが…。それでもそれぞれのその言葉が当てはまりそうな活動をとる人は確かに見かける。
自分はどっち? 良いとこ取りしたいが…生業になり切れていない点は認めざるおえない。



県立図書館へ。臨川書店「エッチング4」(昭和15年2月〜昭和19年2月)の復刻版(平成3年9月20日復刻版発行)を借りる。銅版画黎明期の記事多数。昭和15年2月號(87號)には佐藤米次郎氏の「朝鮮だより」が、3月號(88號)には今 純三氏の「私のエッチング技法」が掲載されている。青森県の版画(とくに銅版画)の足跡を散見することができる資料でもある。
[PR]

by aura-21 | 2001-04-28 13:50
2001年 04月 27日

Puddles

昨年行なわれた「Puddles-水辺」。来青していたPhill Niblockさんから送られてきたCO-ROMをサポートメンバーの笹田さんからお借りしました。ありがとう。7.7Mb。


ARIAはこの春の職員移動でスタッフが増え、展示空間はますます狭まってしまった。年末に完成予定の青森市芸術創作工房にむけて忙しさが佳境に入る準備かのように。



キャンバスを用意するための準備…



スキャナーのスイッチを入れっぱなし〜。ぼんやりしてる。いつからONになってたんだろう。
エコエコ!
[PR]

by aura-21 | 2001-04-27 13:48
2001年 04月 26日

ワカラナイ

夕べは2時頃に帰宅。2次会のスナックで友人達のカラオケを聞かされた。悪いが自分はどうもこーゆーところで飲んだり歌ったりするのが苦手な方。おとなしくしているとツマラナイの?…と思われがちだが、そんな事もない。メンバーによる。昨夜は中学校の同級生。比較的よく会うメンバーだから遠慮もいらない。お店のママが謎だ。印象が薄い…というか、表情が思い出せない風貌なのだ。スナックにはそんな感じの人が多いような気がする。

寝違えたのか、朝起きると左肩がひどくコッテいる。頭痛がするほどに。最近毎朝そうだ。やっぱり枕が合わないせいだろうか。とはいっても、換えもしないで毎晩同じ枕に頭を沈めている。睡眠中も身体が休まっていない。



Web上から一度消去してしまった2000年制作の銅版画「ワカラナイ」を再度アップロード。
c0156162_13453962.jpg




また、1998年制作の「立ち止まり振り返る」を新たに加えた。

c0156162_13465127.jpg








にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2001-04-26 13:44 | 作品画像
2001年 04月 25日

桜並木 考え事

桜川という町名が表すように桜並木の通りがある。今日快晴の中、五分咲きくらい。今週末にはその通りで町内会主催の「桜祭り」がある。ちょうど見頃か。



私と他人との考えはどこまで共通で何が異なるのか。
芸術はまさに万国共通の言語である…と聞くが、美術は音楽のように共時的な拡まり方はできてはいない。媒介(メディア)はより音楽の方に適した伝播力を持つ…と感じることは否めない。ここから地理的に遠いある場所で新しく生れた美術を今この地で同様に感受できるのだろうか。背景にはもろもろの違いが既にあるだろうし…
意識が欧米化していたり逆に日本文化というものが遠く感じることにはいくらでも心当たりがある。でも私たちは欧米人ではない。当り前だが…
遠くから届くものには、音楽のように(良い悪いは断定しないが)無意識レベルで染み込んでしまう部分もある。美術のように作品を眼にしてもその文化や歴史という背景の知識や各人の美術の概念など、自分の主体を持たないと何も感じ取れない(曲解がプラスに働く事も多いと思うが)ものもある。
他人と自分の立っている場所の相違点を認めて初めてその準備ができる。むしろ共通項など最初から無くて、出会った瞬間からそれを組み立てていくものかもしれない。
先回りした準備はむしろ必要ないかもしれない。出会う努力だろう。

6:00pmから中学校の同級生と4人で飲み会。
[PR]

by aura-21 | 2001-04-25 13:42
2001年 04月 24日

リンク 版画

まだまだITは私にとって未開拓な部分が多くて参考書と首っ引きです。
ニュースグループというのも今日初めて一覧をダウンロードしてみました。54777件もあってそれなりに時間もかかりました。まだ、ジャンルが良く把握できていないのでしばらくは傍観しています。


本日「ICANOF」ホームページを見たらこの「AURA版画工房」をリンク集に加えて頂いておりました。HP管理者様 ありがとうございます。感謝。


新たに銅版画「王様の樹」を追加。
[PR]

by aura-21 | 2001-04-24 13:40
2001年 04月 23日

通帳 イギリス

青森銀行で新しく通帳を作る。海外の版画展に応募出品する際の手続きに便利か…と思って「外貨普通預金通帳」を「いい気になって」作った。…が、経済方面や金銭感覚の幼稚な自分にはさっぱり理解できていない。窓口の女性が親切に教えてくれるのだが、多分半分も理解しないで私は「にこにこ」していただけだと思う。窓口のすいている時間帯だったのか、「どんな作品ですか?」と聞いてくれたので、ここのHPのアドレスをお教えしてきた。見てくれたでしょうか?
一般的にまだまだ私のような「抽象的」版画(絵)は、きっと「見ても解らない」…と困惑したんじゃないだろうか?
毎度言うことだが、美術はまず「解る」んじゃなくて「感じる」ことから始まるんですヨ〜。



「4th British International Miniature Print Exhibition」は現在も巡回展中だそうだ。 2002年3月までイギリス国内であるという。去年1月からスタートしたから2年以上も廻るんだ〜? いくら仕事とはいえ感心してしまうエネルギーだ。作品を作る側も一生懸命にならないと〜!
趣味でやってるんじゃないんだから!!
[PR]

by aura-21 | 2001-04-23 13:39
2001年 04月 22日

投票 刷り増し

午前中、市長選投票に近くの中学校へ。校庭でサッカーをしている生徒達。みんな身体が大きい。その後にサンデー(ホームセンター)へ洗剤を買いに行く。店頭には植物類がたくさん売出されている。ガーデニングの季節だな。


昨日は3年前の版を出して刷ってみる。エディションを刷りきっていない版だが、いくら注意して保存していた版でも同じに刷る自信というかこちら側のコンディションは変ってきている。
ユメウツツ」はエディションを刷りきる。終った版をどういうかたちで処分しようか? 版に大きく×の傷をいれようかな…

現在作っている版も刷ってみる。ちょっと試し…古道具屋で買った大正時代頃の大福帳の和紙を利用して版画の刷りに使えないか。この筆文字をそのまま活かして雁皮刷りの要領で刷る。版画だがモノタイププリントということになるのかな。絵と文字のバランス。計算もあるが偶然も効果的に利用してみる。
[PR]

by aura-21 | 2001-04-22 13:22
2001年 04月 21日

〆切り間近

あおもり版画トリエンナーレ2001の応募期間は来月5月14日〜5月31日と迫ってきた。ぜんぜん始めていない。どんな絵にしようかも決めていない。いつもの事だけど…

搬入は6月27日〜7月2日なのだが、応募要項の記載がよく解らない。こーゆーのに出品するのって慣れていないのでワカリニクイ。昨日事務局に電話で問い合わせてみた。声の調子では結構な年輩の男性のようだ。一応はフムフムと判った気になって受話器を置いてから、また解らなくなった。作品搬入時に付ける「応募票」というのは要項の中の「申込書」と書かれているもののことか? その応募票は作品と一緒に送れ…とあるが、応募票は〜5月31日まで必着か? だが作品搬入は7月2日までの搬入期間だぞ?…どうなっているんだ?? もう一度電話かけよう。
最近、些細な不確かさに振り回されている。
[PR]

by aura-21 | 2001-04-21 13:38