AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

<   2001年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2001年 10月 31日

深浦美術展オープニング

あまり眠れなかった。4時過ぎには眼を醒まし、5時前に風呂にはいる。温泉旅館に泊っていると何度も何度もふやける程お湯に入ってしまう。大浴場は西側海に向ってガラス張りの浴そう。残念ながらその海から朝日は昇らない。暗かった外の景色もだんだん薄日に照らされて波頭と磯の岩が輪郭を現してくる。磯の露天風呂にもすこし人影がある。温泉旅館の朝は温泉に始まるのである。朝食の和風バイキングでしっかりお腹を満たして8時前には旅館を出発。
役場の手前にある円覚寺に参拝。朝の早い寺社、お堂は扉が開いている。昨夜、囲む会でお会いした海浦由羽子さんがいらして奥の寺宝(北国船絵馬や髷額など重要有形民俗文化財が多数あった)や薬師堂内厨子(国重要文化財)の案内をしていただいた。津軽藩の祈祷寺という性格のため檀家を持たないこの寺は先代住職達が手製で堂内に仏画や天蓋の装飾を施している。日露戦役両国殉難者怨親平等仏果菩提の八万四千人の毛髪で描かれた「毛髪刺繍八相釈尊涅槃図」(明治37年 1904)や青森第5聯隊八甲田山遭難凍死者仏果菩提の弥陀大咒・光明真言一字一礼拝写の阿弥陀(明治35年 1902)もそのエネルギーが凄い。
昨日やり残した展示手直しを終えて9時からのオープニングセレモニー。弘前大学の学生フルート四重奏の後に深浦町長 平沢敬義氏のご挨拶と作家も交えてのテープカット。
深浦町教育委員会教育長 高橋孝男さんに伺った深浦町でのこのような文化への取組む姿勢は町長はじめトップの強力な英断あってこそ静かにだが成果を上げている…と語る。収集した作品は展示館が出来る前から既に町内の多くの施設で展示されている。これはとても素晴しいことだと思う。
東京から山口喜弘さんが見に来てくれた。八甲田山荘に仕事で来ていたのでもう少し足を延ばしてくれた。感謝。2時間ほどゆっくり話してから山口さんは車で東京に帰っていった。今日は途中どこかで1泊してからゆっくり戻るそうだ。11月6日横浜美術館での「斎藤義重さんを偲ぶ会」でまたお会いできるでしょう。

私も眠気をだましだまし青森へ帰る車を運転する。
[PR]

by aura-21 | 2001-10-31 00:17 | ART
2001年 10月 30日

深浦 不老不死温泉

昼過ぎに深浦へ出発。今日は五所川原を抜けて鯵ヶ沢から南下する。
作品展示の微調整。少々やり残したが沈む夕陽を追いかけ今夜招待されている「不老不死温泉」にチェックイン。部屋の窓から夕陽が望めたのだろうが、今日は生憎水平線に高く雲があり海に没する前に雲に隠れて見えなくなった。磯とその磯に迫り出した露天風呂が見える(…とはいっても入浴している人が見えるわけじゃないけど)
深浦町は文化行政の一環として町立美術館の計画をしているという。町の古刹「円覚寺」周辺の整備に伴い役場前に現在ある「深浦町歴史民俗資料館」と「津軽深浦 北前の舘」をそちらに移設し、跡地に美術館を…という計画なのだそうだ。毎回この展覧会で出品した作家の作品を数点買い上げてくれる。部屋で待っていると教育長 高橋さんと五十嵐さんが来られて作品の購入交渉。先方提示の額は私のほうで用意している作品価格とぴったり一致…すんなりと交渉成立。
その後、宴会場で「作家を囲む会」となる。上座に並んで座った作家4人(鈴木正治さんは来られなかった)に深浦町役場の方々や町の関係者がずらり…なんだか私はなれない場所にちょっと戸惑いながら、ただただ神妙にしている。



ホテルのバーで2次会後、私は早速温泉へ。大浴場は海に面したガラス張り。既に夜。外は真っ暗。大浴場に繋がる廊下にはこの旅館に泊った芸能人や有名人のサイン色紙と写真。温泉グルメ旅行とか地元紹介型ワイドサスペンスドラマのせいか。部屋に帰って用意されてたおにぎりを食べる。宴会ではお膳にご飯ものが付いていなかった。気の効いた配慮。
0時も廻ったが、窓の外を見ると露天風呂の灯がまだ付いている。スリッパに履き替えて出る。ちょっと風はあるが寒くもない。月が煌々と輝いている。誰もいない露天風呂に入る。すぐそばには灯台の灯が回転している。星も瞬いている。灯台の上にあるのはオリオン座…月は時々雲間に隠れながらも岩場の形も月明かりだけで判る照度。贅沢で幸せな気分です。
[PR]

by aura-21 | 2001-10-30 00:16 | ART
2001年 10月 29日

深浦の展示へ

深浦町、展覧会場の展示。9時半出発。途中 弘前を抜けて行ったがこれは遠回りだったようだ。おまけに広域農道を使ったことでリンゴ畑の風景はよかったが時間がかかってしまった。12時をすこし廻って到着。役場は昼休みで全員食事中か、展示作業の途中のまま誰もいない。自分の作品と展示位置は知っていたので、ひとりで始める。まず一番大きな作品…100号横位置2枚のジョイントを始める。
深浦町教育委員会の五十嵐さんはじめ若いスタッフの方々が戻って来られて手伝って頂く。木枠がすこし反っていてCクランプを借りて(役場の備品として買ってもらった)締め付けて木ネジと金具でつなげる。職員のみなさんに吊ってもらう。みなさんかなり手際よく作業を手伝い進めていただいた。慣れていますね。自分の作品展示でこうして何もしないで見ているだけでやってもらえるのって、初めて…嬉しいですね。ありがとうございます。4時過ぎには大体の位置が決まり他の作家の作品の展示の微調整にも入る。「後はこちらでやりますので、明日4時頃に来て見てチェックしてください」と言われ感謝…ありがとうございます。車で青森へ戻る。



帰宅途中、AUGA5階で今日から開催の「じゃらんじゃらん展」をみる。28人の参加者のなかには何人か知った友人も参加している。この空間は日頃講演会での使われ方しか見たことがなかったが、客席を壁に収納すると大きな空間になる多機能ホールである。作品展の展示空間としてはどうなんだろうか…。「じゃらん…展」はアートとクラフトの混合。男女共同参画都市宣言記念月間イベントと聞く。
協賛する作家が集まっての作品展。いろいろな傾向に別れていて、目録的な見せ方になったようだ。アート的である人、アートよりにクラフトを作る人、趣味で自分が楽しきゃいい人、クラフトマン職人気質の人…傾向のせいもあるが完成度に見えるばらつきが大きい。
様々な意味において…際立つことと滲んで見えなくなることの両方があった。
[PR]

by aura-21 | 2001-10-29 00:15 | ART
2001年 10月 28日

久しぶりに、、

久しぶりに服などを買いに街へ出る。あまりレセプションのような所に着てゆく服を持っていない。必要かな〜、と、一応見て歩く。
新町も日曜というのに人もそれ程は歩いていない。駅前空洞化の波…。
探して歩くと衣料品関係の店もデパートだけとは限らない。新町の老舗衣料店「甲州屋」で買物。店主…映画でみるテーラーのようなチョッキの似合った、銀髪をピッとなでつけたオシャレな初老の紳士然。
マヌカンという業種も最近では聞かないが、そんなマヌカンよりも職人に近い感じの用品店主でした。


旧世代の一部地元美術家たちは、作り手ばかりの主張を押し通し過ぎて、鑑賞者の口に蓋をしてしまった。いや、自分達の耳を塞いでしまっているとも言える。作家と鑑賞者は会話をしなければいけない。それはお互いのための会話であって、どちらかがどちらかへの一方的訓辞であってはいけない。
[PR]

by aura-21 | 2001-10-28 00:14
2001年 10月 27日

教室 リアルな美

版画教室

野坂徹夫さんより個展のご案内を頂く。東京は調布画廊にて。また東京オペラシティアートギャラリーでも「紙のうえの仕事(寺田コレクションより)」に出品中。(2001.12.24まで)
娘さんの音夢さんが結婚されたそうだ。おめでとうございます。

今、現在にとってリアルな美術とは何か…古びてしまったイズムを持つ絵画を見ている時、40〜50年昔の流行歌を聞かされている気分になる。もちろん時代を超えて存在感を放つものも存在するのだが、大概のものは今ではそのどこが良いのか解らない錆びた郷愁の他には何も伝わってこないしろものに成り果てている…
[PR]

by aura-21 | 2001-10-27 00:13
2001年 10月 26日

徹夜後の

徹夜は…後を引きます…後?跡?
やっと〆きりから解放された今だからこそ、他の仕事をやる気分に切り替えないとね。


午後からまとめて用事をこなそうと外出。銀行や画材屋さんやなんやかや…いっぺんに廻ると眼も廻る。


深浦町の展覧会は確かに地理的にはなかなかおいそれとは行けない所での展覧会です。「もっと近くでやってよ」とか「遠いから行けない」という反応は当然でごもっともなことです。しかし、開催する側、参加出品する側は、それでも来て見てもらえるような姿勢を示すべきです。最初から「遠いから来てくれなくてもいいです…」じゃ〜やる前から放棄してる。それはどこでやっても一緒です。遠い近いは関係ないことで、見る側、やる側の気構えのほうが大切であり、重要なのです。勿論だからといって、どこでやってる展覧会でも絶対行け!来い!…とは言えない。来て欲しい気持ちで作品を並べているべきなのです。会期中、常時作家本人はいなくても作品は待っております。
[PR]

by aura-21 | 2001-10-26 00:12
2001年 10月 25日

作品回収

今、朝の5時48分…やっぱり寝られなかった。
10時前に作品を集めにトラックが来る。まだ、アクリル作品5点のタイトルが決まってない。今日中じゃなくてもいいのかな?
アクリル作品のサイズは10号が3点、25号が1点、100号2点を組み合わせた横長の作品が1点。他に銅版画9点を準備。

積み込み後に寝る! もう徹夜の出来ない体です。
昼2時過ぎに起きだしてシャワー。
展示スペースが限られているので、全部飾れないと思う。29日に展示をしに深浦へ行く。他の作家はお任せで展示に立ち会わないようだ。
彫刻の鈴木正治さんのは組み立てる都合もあるだろうから、誰か来るかな? 石岡豊美さんかな?本人は今 東京に行っているそうです。


作品タイトルを考えないと…でも、作品が目の前にないと考えにくいものです。
[PR]

by aura-21 | 2001-10-25 00:14 | 雑感
2001年 10月 24日

ラストスパート

版画教室。教室は自主的に任せて私はキャンバスの前から動けないでいる…


今日がラストスパ〜トゥ!  寝れないな〜!
タイムリミットが目の前に来た辺りで、やっと見えてくること(?)っていうのもあるかもしれない…っていうか、ある! 銅版画9点、アクリル絵画5点。最後までとりかかっているのが一番大きなアクリルの作品。
さて、この点数は全部は展示できない量だと思う。29日に会場でスペースを考えて絞ることになるだろう。
[PR]

by aura-21 | 2001-10-24 00:09 | ART
2001年 10月 23日

額装出来

雨…だよ。


版画9点の額装が出来たので、取りに行く。
今回は思いきって既成の額ではなくオーダーで作ってもらった。気に入ったものが出来た。
是非、深浦町の展示会場で見て欲しい。


残ったアクリルの制作。明後日25日に作品を回収に来ていただくのだが、ギリギリまでカカリッキリだろうと思う。
[PR]

by aura-21 | 2001-10-23 00:08
2001年 10月 22日

函館

叔母(父の妹)の1周忌。函館の墓へ。
昼到着、函館は快晴、すこし厚着で来たので汗だく。青森から塔婆持参。墓に行くと今さっきまで誰か来ていたのかロウソクの火がまだついている。花も供えられていた。北海道に住む伯父叔母たちだろうか…特別に親戚一同集まっての一周忌というふうには連絡しあっていなかった。
地蔵堂でお坊さんに頼んで墓まで来てもらい読経していただく。


遅い昼食。路面電車と歩きで回転寿司「函太郎」へ。回転寿司とはいってもここはネタが新鮮でうまい。函館市内でも大森海岸方面は遠く、車ではない旅行者にはちょっと不便。…でも、旨いぞ。トロよりもイワシやサンマ、えんがわが美味しかった!!


アメリカ Connecticut GraphicArts Center で4月〜5月に開催された「International Miniature Prints Exhibition 2001」から郵便物。作品の返却と思って開封してみたら作品展示リストと小切手。送った作品(6点)は完売(?)したようだ。展示リストを見ると他の人の希望価格も判る。私の値段は妥当だと思うのだが…。
どんな人のところで飾られているのだろうか…楽しんでもらっているとうれしい…感謝
[PR]

by aura-21 | 2001-10-22 00:07