AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

<   2001年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2001年 11月 30日

展覧会あちこち

昨夜からの雨…
20cm以上も積もっていた雪はすっかり消えた。でも、本格的に雪の降出すのはもうすぐ目前…午後ミゾレ雪混じりの雨に変る。

浅虫の海扇閣、横山哲則さんの個展、今日最終日…と伺い急いで出かけました。が、午前中で終了してました。拝見出来ず残念。
明日からの「山頭火に遊ぶ -ワイルドライフ・アートと書の出会い-」の展示中。
野鳥の絵の部分を担当されていた方が木部一樹さんという青森高校出身で東京在住のイラストレーター。絵は時々見かけたことのある作家の人でした。我家の「あおもり信用金庫でもらったカレンダー」にも木部さんの描いた鳥の絵がありました。非常に人当たりの優しい気取りのない人…という印象の方でした。



ミゾレの降る中を車は青森市民美術展示館へ。
11月29日〜12月2日まで、アート集団「Zeit」9人の展覧会。
構成メンバーは昨年開催された「BEUYS」を解体、さらに9人に絞り込んで新たに「Zeit」を旗揚。(Zeitはドイツ語で「時間」や「時代」を表わす)今回の展覧会は各メンバーの仕事内容も絞り込まれ高まった印象がある。彼らの中には個展経験者も多いが最近はその方で作品を見る機会は少ない。しばらくはこういう形で空間をコラボレートするのだろうか。2つのフロアーを使った展示、2Fフロアーの作品群は一種の統一感を感じさせて纏まっている印象を持った。「コラボレート」…と書いたのは空間の展示上どうしても切り離して各作品を見れなかったことからだ。インスタレーションだとどうしてもこの人数にこの空間量では狭すぎる。結果、作品同志が交わって見えてしまう。そしてそれが差程の違和感のないコトが各作品にとって良かったのか悪かったのか…。
(全員ではないが)各自の仕事で質的に高まったものを手応えとして得たのではないだろうか。個展で1人づつ見てみたいものの、そうすると消えそうな気配のあったことも確かに気になる点である。

青森市内でこのような現代美術の展覧会を眼にする機会は少ない。たぶんほとんどない。明日からオープンする「国際芸術センター青森」の開館によって今後多くの美術が全国・全世界からやってきて青森で表出するだろう。地元の美術作家もそこでなにかインスパイアーしたりされたりすることだろう。



現代美術のコンテクスト(文脈)というのがある。一元化し難い歴史で日本の現代美術の流れを精査しようとしても掬いそびれることばかりのため、どうやっても片寄ったものだろう。
「Zeit」の展示を見ていて思うのは、私個人の中にある歪な現代美術の文脈で見ることの些細な安堵感と違和感だ。「日本の」とは言っても「東京の」か「美術書で読んだ」だけの頭の中で勝手に作られた文脈程度だろう。Zeit…「時代」と名付けたこの地方の展覧会には日本の現代美術に反発する過激さはない。むしろそこに加担したい思いではないだろうか。都市という中心の不確かになったことで主張できる地方性や個性、つまりは時間というよりも地域性や場の発言。質的高さを単にソフィスティケートと言ってしまえば「都会的」というレッテルに過ぎなくなる悲しさも含んではいないだろうか。
地域特性はますます希薄になる…諦念ではなく。
[PR]

by aura-21 | 2001-11-30 01:49 | ART
2001年 11月 29日

告知努力

個展やグループ展などの展覧会をすると、制作者たちは多くの人に見てもらいたいと考えます。非常に当然のことです。ポスターやリーフレットや案内状を作るのは広く配布し見てくれる人を集める為です。以前会場に来てくれた人、友人、美術作家、メディア関係、市内・県内の画廊・美術関係施設etc…。美術に興味のありそうな方々や集まる場所へ向って告知していきます。

地元青森の展覧会活動情報が「県美術館整備・芸術パーク構想推進室」にはなかなか届いていない…という話を聞きました。何故だろう。こんなにもハッキリと美術に向う人たちの集まった組織なのに。「美術館は欲しいが学芸員は煙たい」…と思う人が多いのだろうか。政治や行政という枠で見てしまうと学芸員ひとりひとりの個性が見えなくなる。彼らも個々に美術を愛し自分の嗜好もはっきりありテーマを決めた作家や作品の研究をする人たちの集まりなのだから、見るプロと言える。それは制作者同志とはまた違った視点を持った人々…と考えてもいい。

様々な視点が今「美術館」や「芸術センター」が出来ることで活発に表面化してきた時です。
地元美術家もただ政治的な根回しでホコリまみれの作品を新設の美術館に潜り込ませようと画策するよりも、現在制作している自分の仕事を見てもらう算段をとるべきでしょう。考えること、作ること、知らせること、展示することをしていかないと自分自身から歪なものに成り果ててしまうことに気付くべきではないでしょうか。


案内状を出したからといって、誰もが全員会場に駆けつけるわけではありません。でもやっぱり、「見て欲しい気持ち」は届けなければいけません。…MailもいいがLetterもいいですよね…
[PR]

by aura-21 | 2001-11-29 01:44 | ART
2001年 11月 28日

チケット購入

一旦降り積もった雪、今日の陽気ですこしはしぼんでくれるかな…
まだ、仕残した冬支度がある。窓の雪囲いとか雪の下にそのまま放置できないものとか…さ。


野坂徹夫さんの個展会場で及川恒平氏のコンサートがあります。早速、チケット1枚をたのみました。私にとっては氏の「面影橋」がとても懐かしいです。あの透明な感じの声…でも、ご本人の顔はまったく存じ上げません。
野坂さんは及川さんとお友達です。CDのジャケットの絵は野坂さんの作品でした。
50席のコンサート、もう半数が売り切れた状況だそうです。


午後から版画教室でした…ちょっと忘れてて外出してしまった。
帰ってみたら利用者の方が来てて自由にやってました。すいませ〜ん。
[PR]

by aura-21 | 2001-11-28 01:41
2001年 11月 27日

閲覧可能

起きたらやっぱり雪が降り積もっている。20cmはあるかな? 車の上にはワタボウシ…蒲団かな。


野坂さんより個展案内。告知欄を…


この日記はネット上で閲覧可能なようにわざと見える所に置いている。印刷媒体にもいろいろあって、出版にこぎつけるまでに多くのチェックや書き直しや場合によってはお蔵入りして陽の目を見ないものもある。ネット上の日記や文章はなんてお気楽に書かれているのだろう…
自分でも注意して書いているが、実はそれでも独り合点の域をなかなか出られないものかもしれない。
[PR]

by aura-21 | 2001-11-27 01:39
2001年 11月 26日

リンクス 作品記録写真

昼近く…雪がチラチラ降っている。
京都の「TAM 版画工房」ハセガワアキコさんより相互リンクご了解のメールをいただく。ありがとうございます。リンク集へ…


作品写真をあわてて記録。DPEも1時間でプリント完了。便利だけれどデジカメが普及するともっと写真現像や焼増しは特殊なことになってくるでしょうね。いまのところは作品を記録するのにはフィルム写真で撮るけれども。
Web上で使う分にはデジカメの解像度で充分です。はい。


家の中にいると、ちょっと寒いな…と、窓をあけると白く積もっている雪!…音もなく積もるんだよな…明日の朝は一面が真っ白くなっていることだろう。…う〜さぶっ!
[PR]

by aura-21 | 2001-11-26 01:38 | ART
2001年 11月 25日

アート浮遊霊

写真フィルムとCクランプを購入。
今日は雲も出ていて作品撮影に丁度いいか。玄関先で100号二点をクランプでつなげて立て掛け撮影。風が強い。時々煽られなが撮り終えたところで曇りから急に雨に変る。危ないところだった。現像に出してみないと上手く撮れているのかすこし心配。


昨日届いた深浦のスナップ写真を取り込んでCDに記録する。


浮遊霊…
美大や美術系の学校を終了したからといって、全員がもの作りにならなくてもいい。私も制作することから離れてバイトばかりしていた時期があった。同期の連中が個展やグループ展で自信作を発表している時に自分は何をしているんだろう…と焦る気持ちに陥った記憶は今も生々しい。全員がもの作りになる必要はないのだが、自分は作る側にいつまでも居たかった。でも実際には何も描いていない、作っていない…そんな時は作っている人間よりも既に作らなくなったと思える人間の方に特別な興味を感じていた。、、、共感ではなく、理解出来ないという対象を見るような感覚でだ。
現在、いろんな理由で作らなくなった「過去に作っていた」人と美術の話をする時、彼らの中には決して「制作する」ことが完全に消えているわけではない事を強く感じる。今は出来ないが、子供の手が離れたら…とか今の仕事が軌道に乗ったら…とか言う。生活や経済上の理由は大きい。それは仕方がないことだ。しかし、いつの間にかごく自然に途絶えた「制作すること」をもう一度始めるというのはむずかしいと思う。残酷な言い方かもしれないが、もう帰れない地点に来てしまっていることだってあって、それに気付こうとしない。迷わず成仏できない浮遊霊のような存在になっているのかもしれない。
これはいつだって自分の身の上に起ることだ。今現在何かを制作している者でさえ、周囲から既に終っているような表現を後生大事にまだやってる…と思われることだってあるんだ。自分が死んでいることに気付かない…浮遊霊だ。


ちゃんと地面に足をつけて生きていたいものです…
[PR]

by aura-21 | 2001-11-25 01:34 | ART
2001年 11月 24日

はんがはんが

今日も快晴。陽射しが強い。
版画教室。今日来た人は以前に作った版の刷り増しをしていた。刷りもアクアチント部分は微妙なのでなかなか同じには刷れず手こずっている。版そのものの調子もあるがやはり摺手自身のコンディションをコントロールすることが一番重要。だんだんそれが掴めて上手く擦れるようになってきた頃に終了時間が来てしまう。


深浦教育委員会で撮った展覧会の会場写真が届く。
作品撮影はむずかしい。油彩の光沢や額のガラスによる反射が入ってしまう。


先日の深浦での展覧会を都合で見れなかった友人が遊びに来た。出展したアクリル作品を見てもらい感想を聞く。


三戸町立現代版画研究所、鈴木吐志哉さんよりメール。
「…ただいま三戸の商店街を使ってタウンギャラリーを行っております。寂しかった街のショーウインドウに版画が飾られとても華やかになりました。(その数、50店舗、130点!!)好評に付きこれからも続けてゆければと考えております。」
町と版画の素敵な取組み。機会があえば見に行きたいですね。
[PR]

by aura-21 | 2001-11-24 01:33 | 版画
2001年 11月 23日

聲(テロとアート)

今日も小春日和の上天気な勤労感謝の日です。
作品の写真撮影は今日も出来そうにありません。
外出もせずにずっと家にいました。なぜか出かける事が出来ずに家にいました。


ニュース23で「テロとアート」という特集を見ました。
敏感に社会に対してアンテナを張っているアーティストにとっては非常に大きな制作へのモチベーションになることと思っていました。
先日の深浦での展示作品を制作中に こんな私にもあのNYの映像は何かを投影してきました。横長のキャンバスに描きかけた図像には二本のタワーが何度か出てきてしまい、それが何故なのか自分の中には明確な答も上手な説明も出来ないな…と、何度も上から描き消しました。そして別な絵を出展しました。それは残念ながら私には重すぎるテーマであり、しっかりした動機も手法も持ち合わせていないからでした。
ニュースの中ではあのNYでの悲惨な映像を思い起こさせる形をした美術作品に対して「不謹慎」を理由に極力人の眼から遠ざけようとする悲しい力のあることを否定も肯定もせずに伝えていました。不謹慎とすること自体を問題とはしていましたが。
私はあの記憶やその後発生した数々の争いや「戦争」「テロ行為」をモチーフに据えた作品から眼を背けるべきではないと感じますし、そんな作品もあっていいと思います。が、それを作った作家である以上は作者自身の意志と信条において幾らかの説得力なり同調できそうな説明も期待しています。現代は芸術をその作者の主体的な思想や人間性から読みとく時代でもあるからです。おもしろ半分ではつき合えないテーマです。

二本のタワーの絵は消してしまい完成をみませんでしたが、小さな銅版画が出来ました。そこには先の尖ったような削れたような短くなった鉛筆のような形が最後に現れました。崩れる形とは見えないかもしれません。そんなものを描こうとした気持ちもありませんでした。最初はもっと高かったものをスクレーパーで削って短くしてしまいました。それはやはりあの映像を呼び起こすものにしたくないという弱腰な気持ちからでした。TVでしか知らないあの崩れ去る映像には何故か音声のない無音の記憶しかありません。しかし、あの建物の中とその周囲と、映像を介して見ている私たちの心には叫びとも嘆きともつかない「声」が鳴り渡りました。
私はその版画に「」というタイトルを付けました。
[PR]

by aura-21 | 2001-11-23 01:31 | ART
2001年 11月 22日

冬支度へ 深浦の芳名帳

東北の冬支度といえば「漬物」かな…ここ数日、母が漬物を漬けだした。2〜3ヵ月すると食べごろ。大根の糠に漬けたものとかビールを使ったものとかニシンを刻んでいれたものとか。量的にはそんなにたくさん漬けてはいない。春までの食卓の一品程度の量だ。昔々の東北の冬に取材した記録映像みたいに漬物部屋があるような農家の風景も今では見ないんじゃないだろうか。新しい家並には大根を干している姿もめっきり見なくなった。漬物も専門業者が工場で一括して衛生的に作っている時代だろう。買ったものの方が旨かったりして。だんだん漬物を漬ける親から子への伝承文化も細っていってんじゃないだろうか。


深浦町教育委員会から先日の展覧会の芳名帳コピーを送っていただいた。最終日、西谷順平さま 真由美さまご夫妻でご来場いただいておりました。ありがとうございます。


その深浦で展示したアクリル絵画作品の記録写真を撮影していなかった。絵の方は戻ってきているので、天候を見てもう一度画像を撮影しておきたい。昨日、今日とピーカンの陽射し。ちょっと強すぎるな…撮影には、、。様子をみてやろう。
[PR]

by aura-21 | 2001-11-22 01:28
2001年 11月 21日

制作補助 「遠足」

快晴…
国際芸術センター青森で来月から始まる戸谷成雄展の制作の手伝いに呼ばれ午後からセンターへ。戸谷さんの壁面ドローイングの紙貼りをお手伝い。明日以降は助手の方も来青するそうで、今日は私と市内在住のもうひとりの人とで一緒に17時くらいまで。
戸谷成雄さんの仕事の一端を見れたことが興味深かった。
例えば、使っている道具ひとつでも珍しいし、作家のしていることってオモシロイのです。「はは〜ん」と感心したり納得したりするものです。作業手順とかそのスピードとか目配せとか手の動きとか。手つきひとつでも話し方ひとつでもかなり観察/鑑賞させて頂きました。


駅前AUGAに到着。
18:30からのエーブル・アート展会場での映画「遠足」上映にすれすれ間に合う。

映画「遠足」(1999年)はオーストリア・ウイーン郊外にある「芸術家の家」を取材したドキュメンタリー。精神を病んだ人々の美術作品そのものよりもそれを描かせている人間性。オーストリアでの美術作家の地位というか立場というものも垣間見れる。そして障害をもった美術家が一般作家とまったく変りなくプラハのギャラリーで絵の前に立つ姿が「社会」の中での存在を認知されている「人間」というものを感じさせる。これは芸術のせまい枠内というよりも社会の枠と芸術の接点、そして障害者と社会という関係での美しい形を哀愁とともに映像に記録したもの…と思えた。
芸術家とは、芸術とは…。良きにつけあしきにつけ障害のあるなしはこの映画からは深刻ぶっては伝わってこなかった。個人につきまとう障害はどんな人間にだって多かれ少なかれあるものだろう。外国の話だから哀切の映像で美しくオブラートされ、ただちょっと悲しく映ってきたのかな。
財布を持たずにきてしまって、Kさんに駐車料金を借りる。私ってなんてトホホッなの〜!?


帰宅すると美術ライターの茂田有徳氏からのFAX。先日の深浦での展覧会を見てくれて展評を書いていただいた。私の知らない(自覚していない)「私」を書き知らせてくれる…。自分(私の作品)はいったいどう見られているのか…作家の中にはそんなこと全く気にしないよ、という人も多いだろうが、私は知りたい…教えて欲しい。評論でも感想でも美術家では言葉に出来なかった部分を言葉に置き換えてより多くの人に何かを伝える仕事は大変なことで頭の下がる思いがする。ただただ誉めてもらえればいい…という問題ではまったくないのだ。厳しく受け止める点もいっぱいあるのだ。見てもらった人との会話を積み上げていきたいです。勉強になるところ多々あるあるある。ありがとうございます。
[PR]

by aura-21 | 2001-11-21 01:26 | ART