AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

<   2001年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2001年 12月 31日

年末に

この1年たくさんのことがあった。世界的・社会的レベルで起ったことが本当に個々の生活に大きく影を落とす。モニターの奥で起っているだけではない、リアルへの希薄感から現実を感じとれなくなった事への反作用ででもあるかのようだ。様々なことで感覚は研ぎすまされ自分の考えそのものを自ら問いつめる必要性を感じずにはいられなかった。

来年こそ良い年でありますように…


斎藤義重さんの展覧会「神話の神話」展が銀座で開催。
[PR]

by aura-21 | 2001-12-31 17:23
2001年 12月 30日

カタログ戴く 飲み会

夕べは寝る前に腹が減ってパンとゆで卵三個をペロリ。深夜テレビ映画で「ゴジラ VS. モスラ」という古い映画が放送されていた。年末年始の深夜映画週間だが、こうビデオが普及してはどうなんだろう?…とか思いつつ食べてしまった…見てしまった。


昼、専門学校同窓の松田昭一君から「斎藤義重カタログ」が届いた。11月に横浜美術館の「斎藤義重を偲ぶ会」で会った時に話してくれていた「赤いハードカバーに入った義重さんのカタログ」である。感謝感激です。ありがとう!


いつもメールをもらうkさんと一年ぶりで会って年末のオフ会(?)。
今日は吹雪いたり雷鳴が轟くような妙な天候。年末だからという訳ではないがドラマチックな天候は、満月な夜空だったり強風雪横殴りの中だったり…「えん」と「フィッシュ・ボーン」で飲む。
[PR]

by aura-21 | 2001-12-30 17:15
2001年 12月 29日

施設の運営

や〜、忘年会で今朝の6時まで居座っちゃいました。
申し訳ありません、ありがとう…。「は〜い、ではここでお開き!」という号令でもないとだらだらと帰りそびれる私です。すいません。随分飲んで食べました。
出かける直前まで珍しく?作業してたもので、私の持参した料理は手作りならずスーパーのお惣菜になってしまう…とほほ、すまん…。
秋元さんの激辛カレーと小島さんのトムヤムクン・スープ、美味しかったです。ベトナム風春巻きや焼豚も美味しかったな〜。ケーキ美味しかった…食ってばかりです…


夕べは途中から「国際芸術センター青森」の施設や運営の行方などについて話題が拡がった。みんな強い感心のあることだが、実際まだ始まっていないために現実に即した会話になったかどうかはワカラナイ。私は「国際芸術センター青森」で行なわれるレジデンスなどのサポーターの1人として、手伝えることには関わる…という姿勢と考えで動いているため、ついつい芸術センター側の人(雇われている訳でもないのに)と見られてしまう(誤解だ〜)。私があそこで行なわれる事に対してポジティブに言葉を選びたいと思えば思う程…なんだか弁護にまわっているような空気に染まった。行政と美術…税金使って日常生活に関係ないことするな〜…という程の極論は出ないものの、まだまだ選択作家基準の実例がないに等しいだけに、「特権」を自由な「美術」に持ち込んでしまうかのような危惧も無いわけではない…というところだろうか。筋道の見えるよう、もし疑問/疑惑があるのなら、氷解して欲しい点である。
[PR]

by aura-21 | 2001-12-29 17:12 | ART
2001年 12月 28日

餅つき

朝から餅搗きの日。我家の恒例行事である。昨年参照
一年もあいているのに昨日の事のよう…早いな…一年の進行速度。

「…最終的に、真の芸術作品が好意的に評価されるためには、最小限の時間の経過が不可欠である。なぜならば、常に的を射た批評がなされるとは限らないし、また残念なことに、必要な手堅さを備えた批評ばかりとは限らないからである。」[実践としての芸術 アントニ・タピエス著/田澤 耕 訳 水声社刊]

すぐに出せる結論…もあるけど、なかなか簡単に言えない事も多そうだ。

夕方から同じ町内の友人宅で忘年会。
10人程が持ち寄りで集まる。みなさんクリエーティブな人々…
年の瀬というよりも、いつもの感じで飲んでたかな…。
[PR]

by aura-21 | 2001-12-28 17:10
2001年 12月 27日

年の瀬 ドライポイント制作

だんだんと押し迫って来た。年の瀬というが、このところ曜日の感覚がない。特別な事をしているのでもなく、年内に片付ける仕事を残り少ない日程でどうやりきれるか焦りとさぼり気分で日付けも曜日も錯誤症?…ぎみ。


昨日もあっちこっちWebを見てまわる…やっぱすごいわ…。
明らかに差があってそれはHP作成ソフトによる差じゃなくて管理者とかサイト運営者(中身)のアイデアという点だよね。誰でも入り込めるソフトな窓口と多くの人を対象にした内容で作っているところが「ハードル」が高すぎないで解り易い感じで好感もあるんだよな〜。
もちろんマニアック度高いところも面白いけど、空気に慣れるのに時間がちょっとかかるかな…文字を読むのが…眼力いるわ〜
このページも充分「眼」疲れると思いますが…すいません…


アルミ板を買ってきてドライポイント。モノタイプ。勢いのあるダイナミックな線が、やってて楽しい。学生の頃はドライポイントばっかりやってたな〜久しぶりなので、ちょっと感がまだ戻らないな…
[PR]

by aura-21 | 2001-12-27 17:08
2001年 12月 26日

スローアート

昼過ぎに額装のできた版画を取りに出かける。



専門学校同級生Yの知り合いでBゼミスクール出身の作家 山倉研志さんから返信メールをいただきました。11月に横浜でお会いした時に千葉県「佐倉市立美術館」での展覧会「絵画の領域」が開催直前でした。残念ながら都合で見ることはできませんでしたが、とても好評だったそうです。

山倉研志さんからのメールより抜粋
「絵画に残された仕事は、作家の意志と哲学なのだと思っています。ですから、もう流行や時代感覚のタームの短いところでは判断できないモノだと思います。ましてや答えが単純に一つではない時代なのだから、判断は個人の能力でいくつもの段階があると思っています。
 マックや牛丼のような「ファーストフード」に対抗して「スローフード」という考えがありますが、知っていますか?当たり前な地元で採れる食材で作る料理だと考えていいのですが、季節ごとに材料も違うので種まきから料理するまで少なくても1年は計画的にやらなくてはいけないので時間と労力と意志が必要になります。それを維持するには更に何10年の計画が必要になりますね。
 アートでも<スローアート>という考えで作品を作っていこう!と何人かの有志で絵画作品をつくる勉強をしています。今回の佐倉の展覧会もそんな考え方が少しは作品の背後に感じられるコンセプトで展示しました。」




意志と哲学…そして「スローアート」という考えは、この青森においても何処であってもアートの靜かな情熱姿勢だと思える。それは単なる流行の「現代美術」促成栽培ではなく自分の足元に成長しつつある「美術」発見のためなのだ。
[PR]

by aura-21 | 2001-12-26 17:09 | ART
2001年 12月 25日

Web内彷徨

クリスマス…というよりも年末カウントダウン状態。なにもかもやり残し積み残した感じでまた新年を迎えることになるんだな〜という毎度毎度の雑感の一日。
でもまたまたWeb上を彷徨う…1日です。

こうしてWebを覗き歩いてて感じるのは「みんな見せ方も上手くて内容も深いな〜」とか「深刻ぶっていない軽快なタッチが楽しいよな〜」とか、…もう完全に脱帽です。自分じゃ突き当たれない内容のHPを教えて欲しいものですね〜相互に…。モチロンそんなMLは実在すると思いますがね…
[PR]

by aura-21 | 2001-12-25 17:03 | 雑感
2001年 12月 24日

メリークリスマス 思惟圖系

メリ〜〜・クリスマ〜〜〜ス!! 
誰とも知らないこのページを見てくれている全ての人へ〜!



0時を過ぎて、今ひとり「紹興酒」を飲んでいます。
タブン絶対!顔、赤いっす!!
メル友(…と、書かれても向うは困惑しちゃうと思うけどさ〜)のKさんが、「ダイドーのジョン・レノン 愛の小包ペアセーター」が当たった!!〜っとメールをくれました。セーターを着ている画像付きっす。その笑顔はサンタが見たら喜びそうな「クリスマス的」笑顔です。
一緒に私も「お〜、すげ〜っ」とオヨロコビ〜。



昼過ぎに起きた…ほとんど一本ひとりで空けちゃってたよ…パソコン近辺が紹興酒臭い…換気換気!



額装出来たのを取りに行く。「思惟圖系」は茶系の強い三椏紙を張り込んでいる(雁皮刷り)ので、額も濃い色のものにしたほうが良いかもしれない。ついつい自分で定番を決めてしまい様々な額を使ってみることをメンドクサイ…と避けてしまう。展覧会に並べるのであれば、あまり額を色とりどりにしない方が会場全体がスッキリと見せれていいと思うが、一点だけで飾るのであれば部屋との関係もあるだろう。



世間はクリスマス…今日は大阪の親戚から「柿の葉寿司」が届いた。夕食はそれ。小さなクリスマスケーキもお隣からもらって…
「メリークリスマス〜」
[PR]

by aura-21 | 2001-12-24 22:30
2001年 12月 23日

フェチ

外出もしないで家に閉じ籠り…寒い部屋の中でこのところ飽きもしないで、PCでITにのめり込み。自分の嗜好の枠を外さないと、なかなか新しいサイトに飛び込めないものだ…とつくづく…思う訳さ〜


フェチ占いというサイトで「貧乳フェチ」という結果が出た…
納得しかねる…………(ーー)



報告欄に記載の「国際芸術センター青森」の放送、14時3分過ぎくらいから録画。まだ見ていない。途中を見たら画面の中はしんしんと降る雪…寒そう〜みんな厚着をしてインタビューに答えていました。……って、見た報告になっていないゾ。


版画の腐蝕溶液、氷が張りそうなほどに冷たい。作業場の水道水も手が切れる程に冷たい。手を洗っていると本当に感覚がなくなります。温水が出るようにしたいものですが…そんな予算も…ね〜



忘年会のお話があった…28日、Aさん宅。我家の近所です。
持ち寄る食物は何がイイかな?
この日誌をつけながら、紹興酒におでんの煮卵…
[PR]

by aura-21 | 2001-12-23 22:28
2001年 12月 22日

喫茶店で

年賀状書きの続き。
午後4時過ぎに注文していた版画用紙と画材を取りに出かける。


喫茶店でレモンティー。ケーキとマロングラッセをサービスでごちそうになる。
喫茶店の席では世の中に流れるまことしやかな流言が聞けるので面白い。横領事件、武富士事件から三内丸山の六本柱や某公共建築物に関するものまで、論拠の希薄さゆえにまったくこの場だけで楽しまない。無駄に熱くなっても、、、ねぇ。
三内丸山遺跡の6本柱は建築基準法で決められた高さで建てた…考古学的推論から決まった高さより建築基準法を優先…した話。縄文遺跡のシンボルも現代の建築法に則って建っている…当たり前といえば当り前な話なのだが。とかとか…
[PR]

by aura-21 | 2001-12-22 22:22