<   2002年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2002年 02月 28日

AIR終了 空港で 明日から

1月2月と続いた国際芸術センター青森のアーティスト・イン・レジデンスは今日で最後の作家達が帰っていきました。北海道の佐々木さんは車に作品を積み込みフェリーに向かい、リーナさんは午後の飛行機で一旦東京へ。みなさんすぐ次の展覧会が待っているそうです。滞在中に次の準備をしている方もいらしたようですね。AIRのサポーターで作ったHPにはレジデンスの記録が保存されています。ご参照ください。
c0156162_2333449.jpg

リーナ(左から2番目)と見送りの友人





ムリンさんの作品解体の運送に同行しました。
小さい方の作品は韓国へ送り返すため梱包をしました。




あすから銅版画研修会が始まります。
20名程の研修参加者枠に随分問い合わせがあったようです。私も明日からそちらに参加します。
今日、用事があって同参加者の鈴木正治さんを訪ねました。
銅版に電動グラインダーで挑戦する計画だそうです。
「私はいいんだけどね、周りの人がその音で迷惑するんじゃないかとね、心配してるんですよ…」と話してました。
おお〜すげ〜。鈴木さん今年84才。どんな作品ができるのか楽しみです。
[PR]

by aura-21 | 2002-02-28 23:25 | AIR
2002年 02月 27日

銅版画研修会告知

道ばたに黒々と汚れた雪の小山が横たわっているのだけれど、陽気はすっかり春のそれ… 道路は乾いているし雪用タイヤももう要らないんじゃ〜ないかと思える程に乾いて暖かい。



今日も版画教室。



3月に国際芸術センター青森の巨大エッチングプレス機を使ってワークショップ(銅版画研修会)が開催されることになりました。前々から市内在住の銅版画関係者のひとりとしてそのお手伝いを打診されておりましたが、概要や日程が決まりました。

第一部 (仕込み)2002年 3月 1日(金)〜 3月 3日(日)
第二部 (刷り) 2002年 3月 18日(月)〜 3月 20日(水)

内容的にはプレス機設計者で刷り師でもある尾崎正志氏(新横浜 プリントハウスOM代表)を上記日程で招き青森在住の4作家(鈴木正治氏、村上善男氏、鈴木 廣氏、私)に3/1〜3/17で制作・3/18〜3/20でその作品を刷り上げます。その作業行程を研修希望者に公開するというものです。
研修参加者数は20名程度。今後そのプレス機を使って実際に作品制作を考えている作家・もしくは銅版画に深い関心のある方で上記6日間の行程すべてに参加可能な方。 国際芸術センター青森へお問合せください。



4月に仙台「ギャラリー青城」で行われるグループ展に参加する予定です。1点か2点の出品です。
[PR]

by aura-21 | 2002-02-27 22:20 | 版画
2002年 02月 26日

会合不参加残念

版画教室。
お見えの方が11時頃に来る。
制作に集中している時は私がそばにいることも邪魔になりそうです。PCで手紙を書く作業などして。。。。



県庁の文化関係の部署から電話。
来月県内の若手クリエーターの方々に集まって頂き、夕食を共にして語り合いたい…という。私が語るのは「的外れ」なことばかりだが、うまいものにはありつきたいかな…と思ったら、その日に別な用事が入っていた。「残念ですが…」となる。
他にどんな方々にお声をおかけですか…と未練がましく聞くと、演劇関係や芸能関係者、絵描きさんもいた。う〜ん、出かけたかったが仕方ないか…



「この人何歳だろう」と思う時にそれが同じ歳だったりすると、今の自分自身の居る場所がひどくずれて不思議に思えたりする。
14億円横領してチリの奥さんに金送り続けた人物の年令が自分と近いな〜なんてぼんやり見てたら…高校の同期生だった。もちろんクラスも違っているし、私は高校時代から他の人とあまり親しく遊ぶ方じゃなかった…。…彼は何組だったんだろう。



16時近くに国際芸術センター青森へ。ムリンさんの作品を梱包する作業。だが明日に続きをする予定で19時ころに帰宅。昨日・今日と高校時代の友人…市役所職員…から電話があったそうだ。こっちからかけようと思っていて飯を食ったら眠くなってしまった。遅いのでまた明日にしよう。
なんだろ…クラス会かな?
[PR]

by aura-21 | 2002-02-26 22:13
2002年 02月 25日

深浦ドライブ リーナ

いくつかの残務整理とこれからの準備…



午後、リーナさんと車で深浦町の円覚寺へ。
住職の海浦氏に訪ねる旨連絡して向かったが閉まる時間の16時迄にはたどり着けず「千畳敷」から再度お電話。随分待たせてしまう結果になった。快くお待ちいただき寺宝やお寺の解説をしていただく。感謝。

昨年の深浦町でのグループ展でうかがった時にも見せていただいた寺宝。髪の毛で描かれた涅槃図や細かな凡字をくり返して絵(宝塔)にしたものはこの寺の先々代住職の祈りの作業でもある。今回リーナさんがレジデンス展で自分の髪を毛糸に編み込んだ靴下を展示したことから、(こちらが勝手に)髪を使ったこのような仕事を見せたかったこともあった。日本海の風景と海辺の街という日帰りセットでお連れした。海岸線の風景や遠くに見える山並(岩木山や白神山地)を楽しんでもらえたようです。

ウエスパ椿山内のレストランでコーヒーを飲み19時過ぎに帰路につく。
22時にセンター到着。深浦は近い印象でいたが100kmはある道のりでした…



深浦町教育長の高橋さんから「NHKのテレビ見ましたよ」とメール。
「今さっきそちらから戻ったところでした」…と返信。
[PR]

by aura-21 | 2002-02-25 23:03
2002年 02月 24日

青森を離れる人々 NHKテレビ

深夜3時まで飲み疲れた体を引きずり起こしました。

今日はゾルタンとムリンが青森を離れます。
9時に国際芸術センター青森のラウンジでゾルタンと落ち会い青森空港へと向かいました。ゾルタンの乗る飛行機は10:40発の大阪伊丹空港行き。友人を頼って京都を旅行する計画だそうです。
交わす会話も少なめなのは感傷的なだけではなく今朝までの酒がまだ脳内に漂っているせい…言葉が出てきません…英語なら尚更…
空港のロビーに早めについてしまい二人で並んで座りりんごジュースを飲みました。彼の笑顔と時々見せる哲学者のような顔はヒゲのせいばかりではなくいい感じのものでした。にこやかにゲートの向こうに消えてゆきました。


センターに戻りムリンと合流。梱包の手順打ち合わせ。
ムリンの飛行機は13:10ソウル行き。再度空港へ向かう。
関原夫妻・我満夫妻が見送りに来ていました。
韓国は本当に近い外国だ…が、私は未だに飛行機に乗ったことがない…船で行くか?
こうして作家はこの青森を離れていきました。再会を祈念して。



17時からNHK 東北ローカル番組放送。
今回のアーティスト・イン・レジデンスをずっと取材していたテレビ・クルーがいた。1月の3週間に撮影取材したもの。本日オンエアー。センターの事務室で見る。すこし見切れている自分の姿や声に…ゾッとしている。帰宅後、家でも見ていたようだ。知らせなかったのに、さすがNHK。この番組はBSで3月に再放送される(当初、BSでしか放送はないと思っていたものだった)
盛岡の友人から「テレビみました…うふふ」という短いメール。



夕食前に市議会選挙の投票に行く。
[PR]

by aura-21 | 2002-02-24 22:58 | AIR
2002年 02月 23日

AIR終了パーティ

18時から市内のイタ飯屋さんで「さよならパーティ」

明日、ゾルタンとムリンが青森を離れる。AIR展も明日で終了。
パーティはサポートメンバーで企画し開いたものでワイワイと気兼ねなく飲み食い。市役所の佐藤助役やセンターの浜田館長も参加。18名で入れた予約が25名ほどに膨らむ。
20時この会場は一旦「お開き」…歩いて50歩程の場所で飲みなおし。
…しかし、ムリンよ…冗談きつい。悪のりな飲み会となった。

0時も近くなって解散…作家達はタクシーでセンターへ…残ったサポーター9人で「フィッシュ・ボーン」へ。
話に盛り上がって3時まで…ひえ〜。帰宅後明日帰る2人に渡したいデジカメ画像をCD-Rに焼く。
[PR]

by aura-21 | 2002-02-23 23:55 | AIR
2002年 02月 22日

ランドセル

昼食を外で中華料理…ほんとうに昼間っから…である、が…美味しかった…



午後から国際芸術センター青森へ。
作家ムリンさんと一緒に街へ。韓国へのお土産品を見て歩く。きれいな茶筒に入れた日本茶を選んでいました。大学の先生と来月結婚する相手の両親へ…だそうです。友だちの子供にも…と文房具店などをまわりました。
鞄屋でランドセルを見てその値段に驚いていました。3〜4万円は当たり前…ハンドメードの8万円というのもありましたし、コムサ・デ・なんとか…というロゴ入りもある。お店の人に聞くと3万円くらいからの牛皮のものでないと6年間は耐えないでしょうね…安いのは中に補強金属などがないものが多くてその点からも強度的に弱いです…とのこと。小学校入学の親戚(かな?)にランドセルを考えていたムリンさんもその値段で考えこんじゃったようです。
[PR]

by aura-21 | 2002-02-22 22:22
2002年 02月 21日

版画教室

今日来た方はドライポントとアクアチントをしていました。
アルミ板でのドライポイントは素材も柔らかく扱い易いですね。
金属板の値段も手頃ですし…モノタイプくらいで作ってみるのには面白いと思います。
[PR]

by aura-21 | 2002-02-21 22:50 | 版画
2002年 02月 20日

教室 野外彫刻 ディナー

午後から版画教室。漆戸さん作品制作。だいぶ数も手掛けてきていますが、本刷りはまだのようです。




函館の人から野外彫刻についていくつかの感想や質問のメールを頂きました。前回書いた国際芸術センター青森の彫刻に関係して野外彫刻の恒久性・耐久性、それを作った作家の考え方に関してのものでした。その方は青森に以前住んでいて青森市内にいくつかある野外展示された現代彫刻作品の悲しい末路(?)についても見ている方です。構造的に耐ええるか・それを見た人たちは何を感じていいのか…「美術については素人ですが…」と前置きされながら私も同感な点の多いメールではありました。




夕方、国際芸術センター青森へ。作家とともに招待されたご家庭で…美味しく心のこもった食事をいただきました。
[PR]

by aura-21 | 2002-02-20 22:48
2002年 02月 19日

作家に同行

東北人の気質は「貶(けな)しても褒(ほ)めない」らしい。褒貶と書いてホウヘンと読む…ほめることとけなすこと。何もないのに褒める必要もないがすべてを潰してしまうような貶し方にも賛成できない。貶し方を実は楽しんでいるようでもある東北の気風を感じることもあるが、その根拠が「気に入らない」ということからだけではどこかの政治家と同じになってしまう。





午前中に国際芸術センター青森。リーナさんの郵便局へ同行、中央郵便局から幾らかの荷物を船便で返送する。
一度帰宅。版画教室あり漆戸さん制作に来る。
3時過ぎ教室を任せて(放擲?して)また国際芸術センター青森へ。
ゾルタンさんを三内丸山遺跡の見学案内へ。4時をまわり園内施設はほとんどが施錠されていた。屋外施設(6本柱、大型掘立て小屋、小屋等)を見る。
c0156162_2318378.jpg

c0156162_2319137.jpg

[PR]

by aura-21 | 2002-02-19 23:17 | AIR