<   2002年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2002年 08月 31日

Zeit

国際芸術センター青森 「Zeit - 高い摩擦熱」展を見る。
青森市在住作家を中心とした美術グループZeit。15時から開催のアーティストによる「トーク・セッション」のすこし前に到着。作品量は作家ごとにボリュームの差はあるものの、参加作家の多くはこの空間を各自念頭に置いて出品展示したのだろう…という印象。それはこの天上高や彎曲した空間というものが各作家あるいはこのグループにとってクリアーしたい問題として受けとめられた事を示していると思う。
15時から展示順に従って作家が自作について語る。作品に付いて語る時に自分のモチベーションを主点に話すことは確かに重要なポイントだろうが、ついついその説明のために「美術」という前提がずれて伝わることがある。ある作家の作品テーマが「病」「告知」「死」というような重い問題の場合、オーディエンスは作品そのものよりもそのテーマ性に話題が流されてしまう。まだまだ表現のきっかけになった「テーマ」の受取られ方・論点と作品そのものの関係が作家という交点で両輪のようには進まない状況があるようだ。テーマやモチベーションと実作品の関係を語る時、「美術作品」の成り立ち・生まれ方が理解されにくいということかもしれない。また、作家がそのモチベーションを語ると(内容や質はさておき)作品として「肯定」されてしまったかのような空気は気をつけないといけない。

参加作家の世代(年令)というのは意味を持つ。日本では良きにつけ悪しきにつけ「流行」ということが幅を利かす。トレンドを無心に追い求め、トレンドに乗り遅れまいとすることが「現代」である証のように思われている。世代によってはいつまでも「トレンド」に振り回されるよりも「自分の立つ位置・視点」を大切にする意識が発生するだろう。「Zeit」の各作品を観たかぎりでは妙な最新流行・トレンドには関係なく見える(或いは何が動向か認識できない?)。それが各自の問題と邪魔されず向き合える要因になっているかもしれない。但し、少し俯瞰した場合には、いわゆる日本における「現代美術」の流れを20年くらいの遅れで追従(追復)しているような視点・印象もないわけではない。
地方における「現代美術」って何?…ということかもしれない。


参加作家が自作品について語ることの意味は大きい。
作家本人の姿や言葉がそこに在ることでその作品に対する観覧者の見え方や理解度は変わる。残念ながら今回このトークに集えなかった作家の作品は解説も放っておかれ宙に浮いた感じである。その言葉や姿がこの場限りの幻想に過ぎないとしても今日観に来たオーディエンスにとっては理解するきっかけとなって伝わることがあるのではないか。
それは作品の出来不出来とは直結しないこと(…私の実感では一部直結してしまっている観が強い)だと思う。


このグループ展は国際芸術センター青森を会場として利用した地元作家による初めての展覧会である。県外・海外からのレジデンス作家の関わりも重要だが同じ程に地元作家とセンターの姿勢も見落とせないこと。今後の関係性が地方の作家の創造にどのように影響や関連性がうまれるのだろうか。
作家の動きとそれをサポートするセンターやオーディエンスの足並みこそ、これからこの地で産まれる美術のための肥沃なる土壌になるだろう。そのきっかけとして静観したい。

トーク終了後、原沢康明氏による即興演奏。
地元の学校で音楽を教えながら作曲活動もされている方。
会場に並ぶ作品ごとに題名を読み上げてからその作品イメージを演奏する。
20点以上もの作品に向かい優しく激しく鍵盤を弾く。使われたグランド・ピアノはこのセンター所有のスタンウェイである。屈指の名器ながらこの空間は残響が強いため活かされず残念である。
原沢氏も演奏前の注意事項として
「これがピアノであるとは思わないでほしい。なにか別な楽器だと思ってほしい」
と前置きしてから演奏された。
名機が活かされにくい空間の問題。
[PR]

by aura-21 | 2002-08-31 23:45 | 展覧会
2002年 08月 30日

七戸町 ナラヒロ展

七戸町の鷹山宇一記念美術館の「東郷青児展」を見に行く。

7月に道立函館美術館「極東ロシアのモダニズム 1918-1928」でもその影響を受けた東郷の作品をみた。「東郷青児」という時に思い描く画風は個人的には好みではない。しかし多くの作家が若き血潮に時代から影響され取り組んだ痕跡は生々しく鮮烈である。この作家にもあった20代の仕事に一番興味を感じた。と同時に東郷青児が東郷青児に成りえた独特の画風への生成過程にも興味をもった。
また晩年に取り組んだ彫刻の仕事にも意外な面白さを感じた


見学後「道の駅」で「そばソフト」、七戸町で偶然見つけた「松雪庵」で「イカそば」を食べた。





弘前で開催中の「奈良美智展」をまだ見ていない。是非行こうと思っている。先日行ってきた友人の話。全国から奈良美智ファンが集ってボランティア・サポートで運営されているというが、作品にちょっとでも近づくとすぐに飛んできて「近寄らないでください!」と厳しいらしい。
どの程度接近してたのか判らないが、その態度がどうしてもカルトな集団の妄信的教祖信仰を彷佛とさせる…らしい。

のちに実際にナラヒロ展に行った感想
[PR]

by aura-21 | 2002-08-30 23:35 | 展覧会
2002年 08月 29日

逃避

朝から雨が降る…
インターネットで銀行預金の残高照会ができるよう登録をする。
暑い…やらなければいけない仕事や残務整理から眼を背けている自分がいる…
[PR]

by aura-21 | 2002-08-29 23:23
2002年 08月 28日

地方の

暑い…蒸す…やっとこの期に及んで「夏の余韻」か~?
この陽気も明日にはまた「雨マーク」ですが。



青森県という地方の街ながら、最近ここで起きている犯罪は全国レベルに報道をされるものも多くて恐い。
田舎田舎と安心することもできないな…。
犯罪は人がすること。人が住んでいれば起きることだよな~。




コンテンツのページをすこしいじる。逆にスカスカになったかな?
Eメール、トレイの中を整理。一筆メールなど捨ててもいいようなものまでずいぶんと溜めていた。いざ捨てるとなると勇気が要る。やはりCD-Rに保存…でも読み返すことはないだろうけども。




送受信したメールの上手い整理術というのはないものだろうか?
[PR]

by aura-21 | 2002-08-28 23:23
2002年 08月 27日

残暑 キッズの皆様

遅ればせの残暑。日中は暑いものの4時を過ぎるて吹く風は秋のものです。
さて…おんぼろマイカーを駆使してのドライブ旅行は楽しいものでした。
これに懲りずにまた計画したいです。




旅の疲れか昼寝をしてたらそろそろ夕方も近い時間に。
「キッズ・アート ワールド あおもり 2002」のワークショップに参加してくれた人たちのデータが届きました。
みなさんのお名前をアップさせて頂きます。
みなさ~ん、参加してくれてありがとう。




9月の国際芸術センター青森「版画公開制作」の日程が5日(木)・6日(金)・7日(土)に変わりました。
[PR]

by aura-21 | 2002-08-27 23:23 | ワークショップ
2002年 08月 26日

温泉 銀河高原

朝風呂。だらだらとしている。朝食は食堂のバイキング。あまり凝ったものは並んでいませんが…
夕べからわいわいと騒ぐ一団は還暦近い同窓生集団。夕べも部屋で飲んで談笑する声がしていたが、今日も朝からビールを飲んでわいわいやっている。

9時半にチャックアウト。この湯田温泉峡 湯川温泉「ふる里」は温泉郷の入口にある宿。続く道を奥の方まで入ってみる。だんだん狭まる道に温泉宿が密集している。

盛岡に向かう岩手県道1号線を沢内方面に抜ける。沢内銀河高原で銀河高原ビールを買う。車の中が暑いので生ビールの味が変わるのでは…と心配しながら。道は空いていて盛岡までスムーズに。




盛岡の一部を散策…昼食は直利庵にて野菜そば。
材木町の光原社で買物…和紙など。ネパールの安い紙を昔ここで買ったことを懐かしく思い出した。今回買った和紙を版画に使って見ようと思う。
珈琲館でくつろぐ。偶然そこに居た友達…誰にも会わない計画で寄ったので内緒にしててね…と頼む。
(が、ここに書き込んでたら自分でバラシテますね。)




4時過ぎに盛岡を離れる。途中 大学時代に最初に住んだ下宿屋の前を通る。今でも下宿屋をしているのだろうか…。
来た時と同じく国道4号線を北へ。十和田から八甲田を越える道も一緒。こっちの方が近く感じる。しかし道は蛇行し注意しないと恐い。7時過ぎの山道で後続車両が繋がっていたので寂しくもないが、一部のサイトでは心霊スポットと呼ばれてもいるところだけに他の車のヘッドライトが頼もしい。8時近くに青森に到着。
[PR]

by aura-21 | 2002-08-26 22:22 | ドライブ
2002年 08月 25日

湯田温泉郷へ

朝8時過ぎに出発。ドライブ旅行。

八甲田の山越え、十和田市へ。
十和田市から国道4号線を南下。私の車では高速を使ってもそれほど時間を縮められないし高速料金も大きい。先日までの三戸往復に慣れていたので国道を行く。
青森は小雨も降りそうな曇天だったが、山越え途中から雲間から青空が広がりだしその日射しがじりじりと肌を射す。車の中はクーラーを効かせても日焼けしそうだ。


盛岡には1時頃に付く。昼食に盛岡冷麺を食べようとまっすぐに盛岡駅前「盛楼閣」を目指す。
日曜のうえに流行っている店内は満席。我々が席に付いた後の客からは並んで待っていたようだ。冷麺だけの注文のつもりだったがせっかくだから焼肉も頼もうということになりカルビ、ミノ、トントロ、子袋もとって満腹に。
食後に光原社の奥の珈琲館に入る。ここも懐かしい。材木町は随分様変わりしたようだ。


15時半も廻り国道4号線をさらに北上市方面に南下。岩手県北上市のすこし先、湯田温泉郷の湯川温泉 ふる里に宿をとる。
ネットで予約済み。地図をたよりに温泉に到着。夕食前にひと風呂。露天もいい。目の前は川を挟んで断崖絶壁が垂直に切り立っている。崖の壁面に繁茂する植物を眺めてさらさらとした湯に入る。ここまで来ると先日来までの疲れも飛んでくれそうだ。
食後と寝る前にも入浴。崖に阻まれ他は見えないが天上に大きなひとつ星が出ている。
[PR]

by aura-21 | 2002-08-25 22:22 | 温泉
2002年 08月 24日

版画制作

また雨に逆戻りか〜。
9時にJALシティホテルへ。尾崎さん、佐々木さん、山内さんを迎えに行く。

今日も国際芸術センター青森では子供達のワークショップがあり創作棟内をシェアしての制作が始まる。
あいにくのお天気でしたが水作業から開始。
外に作業テーブルを出し雨の中ホースで水かけ洗い作業。
尾崎さんはスゴイ。風邪をひかないでくださいね。

昼食に雲谷のホテルでホタテカレー。
午後から腐蝕を開始しました。
今日は随分作業が進んだと思います。
明日は一部試刷りをする準備をして帰りました。



明日は都合で芸術センターでのお手伝いをおやすみいたします。
[PR]

by aura-21 | 2002-08-24 23:55 | 版画
2002年 08月 23日

版画公開制作

青森は晴れ。しかしすっきりと晴れ渡っている訳でもない。すこし蒸暑い。
空港へプリントハウスOMの尾崎さんを迎えに行く。

渋滞に巻き込まれ空港に着くと到着口からはどしどしと人の波…この便は満席で到着したようだ。

尾崎さんと2階のレストランで朝食。
その後、市内の日曜大工用品店を足りない材料のため下見。


ACACへ。今日23日〜25日と9月 6日〜8日に「版画公開制作」があります。
刷り師 尾崎正志さんの製版と刷りの指導による巨大プレス機での版画制作。
c0156162_19464181.jpg

c0156162_19455666.jpg

c0156162_19462518.jpg

参加作家は佐々木宏子さん・山内ゆり子さん・福井平内さん。



制作終了後、新町森内ビルの「ブオーノ」で夕食。
話題に花が咲く中で、打ち合わせ(?)が始まった。
急きょ、尾崎さんの泊るホテルが変更に。
明日、私の車でみなさんを迎えにホテルへゆく事に。
[PR]

by aura-21 | 2002-08-23 22:44 | 版画
2002年 08月 22日

森の惑星 動脈拍展

国際芸術センター青森へ、久しぶりに行く。
この夏の企画「森の惑星」も終盤戦。
創作棟ではファミリーワークショップ「創ってみよう、ネイチャー家具」の初日で夏休み中の子供達と親が一緒に家具(椅子)を作っている。明日からこの創作棟では「公開版画制作」も始まる。
私が行ったのはその準備素材の確認のため。グランドが残り少ないようだ。OMの尾崎さんに連絡して送っていただくようにする。





夕方5時過ぎに弘前へ。
8月25日まで開催の「ARTERY TEMPO 動脈拍 展」を見る。空き店舗としてある空間をこの展覧会会期中だけ「弘前現代美術館」として使い行なわれるグループ展。お盆中も開場し平日でも70人から、週末日曜には100人を越える入場者だそうだ。
c0156162_22563662.jpg

ここでも「…対極的にあるべき美術館がないために現代美術の展覧会の内容が逆に見えてこないもどかしさがある…」というような事を聞く。つまり公的美術館があればその対極としてまだ価値観の決められていないこれからへのものとして「現在」の美術の状況が理解されえる現代美術もあるだろう。新しい歴史を作る事とも言える。既製の価値観に頼っている状況と既製を撃ち破ろうとする姿勢と。
個々の作品そのものよりも「集っている理由」から起こる疑問というのもある。その点に答えを見つけにくいもどかしさ。ここでも各自作家が個展の時とは別な形で浮上する問題が存在する。

Youtubeにて画像を発見

[PR]

by aura-21 | 2002-08-22 23:55 | 展覧会