<   2002年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2002年 11月 30日

蕎麦を食いながら のろけ

今日で千穂(妻)の前に住んでいたアパートを引き払う。

残っていた荷物と掃除を彼女のお母さんと三人で終える。
14時過ぎには全部終えて遅い昼食を食べにそば屋へ。
来月の式終了後、簡単な食事会をするために会場予約。アップルパレス青森2階の「京さい」という和食処で参会者の人数にあった部屋が取れた。宴会係の手際良い対応と丁寧さ。さすがであると感心して魅入る。
二人分は無理だが彼女の指にだけでも飾ってあげたい、、、小さなリングを購入。
普段から指にアクセサリーを付けたことのない彼女、夕食後に指にはめてみたが、血管が締めつけられるようで辛そうだ。

最近、この日誌はのろけているようにしかうつらないことでしょうね。



明日は市役所に婚姻届けを提出する。
[PR]

by aura-21 | 2002-11-30 23:45 | 行事
2002年 11月 29日

詩編印刷 柔らかな打ち上げ

妻を職場まで送る。今日で朝の早起きは終わる…予定。
その足で弘前へ。奈良印刷所へ刷り上がった詩編六編を取りに行く。
これからその詩に絵を描く。版画にするかドローイングになるのか。六編あるのでいろいろ考えられる。部数はそれぞれ違うのだがぜんぶで150部もある。予定では各編30部づつの予定だが印刷の関係で20部のものもある。絵を描くのに失敗するともう少し減る。




帰りに八甲田神社に寄る。
12月6日に行う「式」の申し込み用紙を戴く。当日夫婦で読む「誓詞」原稿を「練習しておくように…」ともらった。その後、青森市役所へ。12月1日に届ける婚姻届のチェックを受ける。いろいろ気付かないようなこともあり添削してもらう感覚。この日のうちに必要な事を終え明後日の届けに間に合った。


すっかり失念していた…県美術館整備室へ「キッズ・アート ワールドあおもり2002」のレポート(コメント・メッセージ・感想等)の提出が今月末だった! 何も考えてないぞ〜。焦る!




秋のAIR 「ジェンダーとグローバリズム/柔らかな普遍性」。
作家とサポーターの「フェアウエル パーティ」が6:30PMから市内のレストランで行われました。
c0156162_23422234.jpg

c0156162_23433819.jpg

手品ありカラオケあり、2次会には「うにめし」ありのコースでした。
c0156162_234147.jpg
またこの日はアドリアナの誕生日でバースディケーキも飛び出しました。
[PR]

by aura-21 | 2002-11-29 23:39 | AIR
2002年 11月 28日

郵送 引っ越し 手料理

今日も8時出勤の嫁を車で送ってゆく。
その足で国際芸術センター青森へ。
秋のAIRレジデンス作家も帰郷/帰国準備で忙しい。
ポルトガルからの作家 アドリアナから航空便で送る荷物の郵便局までの運搬をお願いされた。
荷物は全部で60kgはあった。それらを三つに分けて荷づくっている。彼女曰く、「ドイツと日本が航空便の手続きとチャックが厳しいね。」また運賃も随分「高い」と言う。


11時からお義母さんのところへ。千穂の引っ越しで今日は大きなものを運び出す。一緒に彼女のアパートへ。彼女の従兄弟にあたる創くんと耕作くんの2人もトラックで手伝いに来てくれた。大助かり!ありがとう。大体片付いた。あとの小さいものは私の車でも大丈夫だ。…でもまだ洗濯機とパソコンがあるな。




青森市新町の「あるち」でイサムノグチ デザインの和紙の小さなスタンドを購入。
おめでとう…と2割おまけしていただきました。

夕食はカレー。母が食事の準備をしていてくれた。ありがとう。
昨日右手首を捻挫して不自由な彼女。早く良くなって手料理食わせて!
[PR]

by aura-21 | 2002-11-28 23:36
2002年 11月 27日

荷物

8時出勤の嫁を車で職場まで送ってゆく。今日は分別ゴミを出す。
母を指圧の先生のところへ送迎…で、午前中は終わる。


午後から版画教室。

17時ころに教室の後を自習にして嫁の引き払うアパートへ荷物を取りにゆく。
お義母さんも手伝いに来ていた。だいぶ片付いてきたな…。
明日には嫁の従兄弟も手伝ってもらい大きな家具を持ち出す予定。



朝には青空も垣間見れる空模様なのに予報では雪になると言うが…当った。
明日もこの雪模様が続きそうだ。長期予報では晴れるはずだったのに。小雪なら雨よりはましかな。
[PR]

by aura-21 | 2002-11-27 23:33
2002年 11月 26日

さよならこんちはきっとよろしく

朝9時に家具屋さんが来てDベットを運び込む。組立までやっていってくれる。部屋の中でデ〜ンと大きな顔をしている。昨日の日誌に書いたように私は座ぶとんで寝るかもしれない。冗談ではない。
今日は雨である。





国際芸術センター青森ではAIR展(ジェンダーとグローバリズム)の解体も終わり次の1周年記念野外彫刻展「5つのかたち」の準備に入っている。1時にラウンジで待ち合わせたカレンバッハと合流。アシュミナも居て約束の紙(ネパールの手透き紙)をもらう。ありがとう。イベットは創作棟で作業中。作品の「メタ・プレイス」を丁寧に解体していたのだろうか…何か作業している。

カレンバッハと車でダウンタウンへ。NOVITAでニランと菊池仙陽さんとのコラボレーション展が今日から開催。その展覧会を見るのと駅前の食堂で「いくら丼」を食べるのが目的。NOVITAでは2人とも昼食に出ていて不在。我々も食堂に向かう。目的の埼玉屋はシャッターが降りていた…残念! アウガの地下の食堂でいくら丼を食べる。(カレンバッハにご馳走になった! ありがとう)器用に箸を使うカレン。お店の人が「スプーンを差し上げましょうか?」とサービス。箸でいいようだ。三ヶ月間この日本(の特に青森)に滞在したのだからますます慣れたことだろう。展覧会を見てセンターまで送り届ける。




ニランさんと菊池仙陽さんのコラボレーション。
ニランの作品は24日までACACで展示した作品。しかし展示空間や展示のやり方で見え方がこうも違うというのもおもしろい。
菊池は龍生派という前衛?生け花に所属している人。しかしインスタレーション的空間配置といえるだろう。第一印象が美術家の菅木志雄氏を彷佛とさせるものはあったが所々いけばなの人ならではのテイストと構成を感じる。ニランの松葉と古着による仕事が全体のポイントポイントに組込まれている。こういうコラボレーションというのもあるのだろう。ただ女性同志だからできたこと…とも思えてしまう。あるいは文化の違う者同志だから出来た? 先入観かな…?
菊池作品が空間へ向かうとすればニラン作品はその内包する時間へと向かうのではないだろうか。空間と時間とのコラボレーションとも言える展示と感じた。




今日から千穂(嫁)と一緒に我家に住むことになる。末永くよろしくです。
[PR]

by aura-21 | 2002-11-26 23:30 | AIR
2002年 11月 25日

お祓い

朝、風がほのかに温かい。
八甲田神社から宮司さん。10時から改装部分へのお祓いをしてもらう。

さて結婚の式は12月6日に八甲田神社にて。参列者は両家併せて6〜7名(我々も入れて)の予定。三三九度っていうの?、それ的儀式。神への報告…というような意味らしい。なんだか儀式の主賓というのがちょっと痛い感じ。いつも傍観者でいたい私です。




後輩からのメール「Dベットに無印良品のお布団で、奥様とおやすみになる予定ということまで知りたくないなー」と、この日誌へのご指摘…ありがとう。私はベットの横に座ぶとん四枚並べてそこに寝るかもしれません。油断できません。




婚姻届には本籍からの謄本取り寄せが必要。早速手配。
[PR]

by aura-21 | 2002-11-25 23:27
2002年 11月 24日

結納 AIR最終日

快晴。午前中。先方の楠美家を母と一緒に訪ねてのご挨拶。千穂は出勤中。
世間様の平均値には全く遠く及ばないのだが…「結納」というとちょっと違うけど…なんかそんな感じに近い「寿封筒」を持参する。一部でも結局我々の支度金に廻ることなのだろうか…。



今日で国際芸術センター青森の秋のレジデンス「ジェンダーとグローバリズム」最終日。最後のギャラリートークに遅れて着く。沈む夕陽を見ている作家やセンター職員。早い作家では明日、来週中には徐々に帰国の作家達。今回も多くの思い出があった。



日誌の更新が滞りぎみ。この四日分を思い出しながら断片アップ。
[PR]

by aura-21 | 2002-11-24 23:25 | 行事
2002年 11月 23日

校正 引っ越し運搬 女性パフォーマー

晴れ。午前中に弘前へ。奈良印刷所での校正の2回目。



14時近くに青森に戻り休日の千穂のアパートから幾らか運べるものを移動。




夕方から国際芸術センター青森へ。

c0156162_23201496.jpg
広田さんのレクチャー&ワークショップが午後からありました。

c0156162_23163164.jpg
4時過ぎからギャラリーBでアドリアナのサウンド・パフォーマンス

c0156162_2318843.jpg
続いて6時近くからイベットのメタ・プレイスを今回はセンターのスタッフである日沼さんと近藤さんに組み立ててもらうパフォーマンスがあった。設営場所は館長室。天上の高さもギリギリだし2階までパーツを持ち上げるために若手スタッフ2名も協力。イベットは窓の外から笑いながら黙って見てます。
パズルのように手順が違うとスムースには行かないこの「ハウス」設営。和服に襷がけの日沼さんも大変です。完成後 日沼さんによるお茶(茶道)のお手前。
[PR]

by aura-21 | 2002-11-23 23:23 | AIR
2002年 11月 22日

搬出

午前中にイベットのハウスを搬出。
[PR]

by aura-21 | 2002-11-22 23:11 | AIR
2002年 11月 21日

婚姻届 メタ・プレイス

粉雪…。市役所に婚姻届の書類をもらいに行く。
職員の事務的な応対…当たり前か。



16時に国際芸術センター青森へ。
新町の森内ビルで19:30からあるイベットの「メタ・プレイス」(家の作品)のための搬入。
私の軽貨物車の荷台にびっしり/ぴったりの積載量。
[PR]

by aura-21 | 2002-11-21 23:06 | AIR