AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

<   2003年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2003年 04月 30日

画廊の傾向 巨大版画

曇天…昨日とくらべると肌寒いほど。街の桜もすっかり散って新緑が芽を出し緑とピンクのチラチラする配色になってきた。
今日は妻の仕事(期間限定労働)も最終日。頑張って来い!…と送りだし、わたしも「あるてみの」(画廊)へ。今日は平日で寒いし誰も来ないんじゃ〜ないかな〜という予想はすこし当った。
本日のご来場者は四名でした。
上山耕平さま・吉村利美さま、暁子さま、坂本智史さま
ありがとうございました。

最近は銀座の画廊でも美大生や美術家はよほどの展覧会でもないと見て歩かなくなっているようです。展示をしている側も高い画廊代を払って6日間という週サイクルで次々変わる展示作品の波に飲み込まれるよりも、便は多少悪くても郊外にある会場で約1ヶ月会期のペースでゆっくり展示し見てもらう傾向に変わっているそうです。その結果、本当に見たい人が見たい作品を探して行く…という傾向も生まれているようでいいことです。スローライフも定着してきましたしね。
今回の「あるてみの」の展示も会場の不便さに関らず来てくれる人々を思うと、(来た人は)みんな素晴らしいオーディエンスじゃないか!…と、自分勝手に感じてしまいました。





夕方の地元NHKニュースを見ていたら、棟方志功生誕100年記念イベントで「ギネスに挑戦」級の巨大木版画(242枚に分割。縦4.8 × 横13.2 m予定)を市民に彫ってもらい制作するイベントで、その原画を描いた高校生のインタビューを放送していた。私の母校 青森県立青森東高校 美術部の女生徒2人。後輩だと思うとなんだか可愛い…。
しかし「巨大版画」そのものには奇妙な違和感がある。…「ギネス」っていう言葉を持ち出してる点が、「焦点ずれてない?」…と。絵としての内容よりも大きさに頼ろうとしている考え。大きいことが善いことだった時代は終わってる。(逆に小さいことが善いと言っているんじゃなくて)いろんな人の手が加わることで簡単には批判しかねるけど、大きさの問題じゃないってことは押さえてほしい。実際に展示可能な作品にしないと建設的じゃないし…「青森市松原の旧青森市民図書館」…で展示ということらしいけど、狭くてひきがなさそう。
イケテナイ展示にならないでほしいな…
大きさだけに終わらないワークショップになってほしいね。
(版や紙をつなげていって大きくする場合でも「ギネス」の対象になるのだろうか?)
[PR]

by aura-21 | 2003-04-30 23:11 | ART
2003年 04月 29日

画廊主人

少し雲のあるまずまずの晴れ日。
祭日でみなさん桜を求めていることでしょう。



今日の「Spring Garden」ご来場者:
石川智美さま・須藤美友希さま・安藤明美さま・たかすぎしゅんいちさま・池谷賢一さま・本島由美子さま・ポーティクン ナティニさま・小原正明さま、範子さま・高木 保さま、眞知子さま・川野英子さま・鈴木雄二さま、忍さま・高樋全子さま・櫛引 悟さま、菜穂さま・楠美敬子さま・盛 道子さま、かおりさま。
ありがとうございました。





閉廊30分前に後を妻にまかせて喪服に着替え「あるてみの」を出る。
東伝寺。青森画廊主人 千葉龍芳氏のお通夜に参列。
遺影をはさみ集う弔問の人々、祭壇の最両端には桜の大枝が薄紅の花をつけて咲きほころんでいた。
故人にとっての辞世の花見。
式が済んで、故人次男 信吾氏にご挨拶いただく。画廊は氏が継続していかれる旨。青森市における画廊老舗の志を引継いでいただきたい。この街では画廊もまた意味深い文化の容器であり基準だろう…いや基準といわれる程になって「画廊」の枠すら越えていってほしいと密かに二代目に期待している。どんどん念うことをやっていって欲しい。僭越ながら…そんな強面なギャラリストになって、喝や檄を飛ばしてもらえる作家の末席にわたしは居たいのだ。

千葉龍芳氏には拙作を個展会場に見に来ていただき、私はただそれだけで励まされた気持ちでいた。当時、版画を求めていただき恐縮し恐る恐る画廊まで届けた記憶がある。

式場の帰り際に「父はあなたの作品を部屋に飾っていました」と伺い、いまもこれからも故人に無言で見つめられていることを感じた。
あらためて、心よりご冥福をお祈り申しあげます…
[PR]

by aura-21 | 2003-04-29 23:06
2003年 04月 28日

N記者会見

10時からのNプロ記者会見にギリギリ参加(9:30集合だったのに遅れた)
RAB、ATV、新聞各社ご参集。


c0156162_16403697.jpg

沼田家のお部屋で。
実行委員会スタッフは「Nプロ」のマーク付Tシャツ着用。

c0156162_16413245.jpg

カメラ・カメラ・カメラ…


夕方のローカルニュース番組をチャンネルカチャカチャして見てた。





11時に「あるてみの」を開廊。今日はわたしひとりで当番する日。ま〜結局観覧者は混まなかったので助かりました。
昨日おみえの野里さんがご自身の版画コレクションを数点私に見せに持ってきてくれました。私には版画の神さまのような駒井哲郎や池田満寿夫、浜口陽三の作品もありました。や〜、眼の保養っていうのかな。池田満寿夫の「女友達 習作」というのがお持ちいただいた中では一番良かったですね。初期のドライポイントの線(部分的にエッチングのマチエールと併用されている)の仕事でした。みんな小品ながらいい感じです。


今朝、青森画廊の千葉龍芳さんの訃報を聞きました(4/26 享年63)
私の個展にもおみえになり応援してくれました。この2年ほどは画廊を息子さんに任せて療養されていたようです。
その千葉龍芳さんに伺ったお話で「私と池田満寿夫と佐藤陽子さんと三人で酸ヶ湯温泉に行ったことがありますよ」
偶然にも今日池田満寿夫の作品を手にしながら…お二人が鬼籍に入られた。
心よりご冥福をお祈りも申しあげます。
(明日、18時から青森市東伝寺にてお通夜)




今日の「Spring Garden」ご来場者
 高田敬子さま・小畑智恵さま・角谷純子さま・嶋中克之さま・高樋 忍さま・堀内裕子さま・我満淳一さま・野里一生さま
ありがとうございました。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2003-04-28 16:38 | レクチャー
2003年 04月 27日

展覧会2日目

「Spring Garden 田村晴樹 + 橋本尚恣 作品展」2日目。
風邪はすこしは良くなったがまだまだ本調子にあらず。
10時半に家を出て会場へ。



今日は天気の良い日曜日。
こういう時にはみなさん桜を求めて行楽へ…でしょうね。
連休中は毎日のお花見も飽きるでしょうから、是非とも当展覧会へもおこし下さい。

今日お見えの女性2人連れの方は「ホームページみました」とおっしゃられて、、、ちょっとドギマギ。クダラナイコトも(ばっかり?)書いてますので、どういう風にギャップ感じられたか…かなり気になる…!
やはり実物とは違うでしょうね。どっちが良いか悪いかではなくて「違う」のです。でも「良い」印象を持ち帰っていただけたら嬉しいです。



夕方から知った方々が続々とご来廊下さいました。

伊藤洋子さま・野里一生さま・三上紅美子さま・泉谷 明さま・小山内英子さま・中根順子さま・石澤誠一さま、薫さま・広瀬 優さま、弘美さま・小野瀬伸也さま・石田むつ子さま
みなさま ありがとうございます。


国際芸術センター青森、昨日のAIR報告に作家の画廊訪問がアップされていた。
(2004.5 更新で消去されたもよう)



明日はNプロの記者会見が朝10時から沼田家であります。
お揃いの「Nプロ ロゴ Tシャツ」を着て行こう、、と、アイロンプリント紙にむかい出力作業中が「インク切れ表示」。…なんて間の悪い。明日は間には合わないな…



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2003-04-27 22:22 | 展覧会
2003年 04月 26日

展覧会初日

Spring Garden 田村晴樹 + 橋本尚恣 作品展」開幕。


朝、喉の痛いので起きる。熱はないがどうも風邪。夕べは既に喉の痛みはあったので帰りに、にんにくの効いたラーメンと餃子を食べて臭いぷんぷんで帰宅したのに(…そんなので治らないか…)


9時過ぎに会場「あるてみの」へ。照明やプライス付けなどを済ませて11時を待つ。
10時半ころに田村さんが青森に住む妹さんご夫婦と一緒に来場。


昼前にちょっと病院へ。土曜で病院は混んでた。
2時間程まってお薬をいただいて「あるてみの」に戻る。


しばらくぶりに会う先輩ご来場。
ACACの濱田館長がご来場。
その後にも今回レジデンスしている作家の黄成俊(ファン・ソンジョン)さんとJohannes Lenhart(ヨハネス・レンハルト)さんがサポーターに案内されて来場。

ありがとうございます。

盛岡からもお二人がハヤテと白鳥を乗り継ぎはるばる駆け付けていただきました。
展覧会終了後、お二人を国際芸術センター青森へお連れしました。
夜10時まで開いているセンターのラウンジ。夜の灯りの中のセンターも幻想的。
まだ作業中の創作棟をガラス越しに覗く。
盛岡からのお二人は驚きながら感心しておりました。



山本 悟さま、信子さま・山形文蔵さま・櫛引雅子さま、沙羅ちゃん・森山正俊さま・坂本紀夫さま・秋庭直子さま・濱田剛爾さま・柳谷俊彦さま・日沼智之さま・黄成俊さま・Johannes Lenhartさま・伊藤亜佐美さま・山上知範さま・小島一之さま、郁子さま、湧ちゃん・吉田英樹さま・澤藤久司さま

みなさまありがとうございます。



疲れました。一緒に付合ってくれた妻も今日はかなりお疲れです。ありがとう。
接客は大変でしょうね。

田村さんは明日仕事があり夕方18時で盛岡に戻られました。

今日から10日間の「修行」が始まります!



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2003-04-26 20:22 | 展覧会
2003年 04月 25日

あるてみの搬入

寝付かれずに朝。毎日の日課。


今日「あるてみの」二人展の搬入。
13時には盛岡から来る田村晴樹さんを待つ。
遅い昼食を一緒にとってからの展示作業。20時までかかりました。
雨。明日の開場前にもう少し手直しすることがあるが大体は終わった。
作品展示は上手くいったと思う。
作品内容…明日、初日のご来場者の感想はどうか…。

皆様のご来場を心よりお待ち申しあげます。



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2003-04-25 21:47 | 展覧会
2003年 04月 24日

誕生会

額装。17時過ぎに取りに行ったがまだ全部の額装が終わっていなかった。在庫が少なくメーカーから額が届くのが遅れたそうだ。残りを明日にして出来ているものから持ち帰る。



妻、昨日の風邪気で体調不良。会社を休む。午前中病院へ。
私も歯医者へ。口臭の苦情(From母&妻)から行ったのだが医者がいうにはそんなことはない…という。胃からか?



今日は私の母の誕生日。
前々から予約していた某飲み喰い処へ会社を休んだ妻(彼女は気がひけるようだ)と三人で出かける。
美味しい食事…どちらかというと飲むための肴だが…飲んでいるのは私と妻。



帰宅後に作品タイトルを考えているところへ三戸の版画研究所の中藤さんから電話。
個展は成功だった模様。受話器を持ちながらもタイトルを考え考えしてキーボードを打つ。電話でその音が聞こえちゃったかな…。

明日は忙しくなります。
そして、展覧会の10日間も休みはありません。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2003-04-24 23:22 | 行事
2003年 04月 23日

銅版画のマチエール

昨日の快晴が…また今日は昼近くからしょぼしょぼと雨。
弘前の桜祭りが今日から開幕。この天気では桜の下に蓙を敷いての花見はまだ無理だ。



「銅版画のマチエール」…銅版画家 駒井哲郎氏の名著だが、近年の版画技法の多様化やパソコン印刷の身近さから、版画のマチエール(印刷のマチエール)はどんどん変化し(拡大し)ていることだろう。
わたしなどは未だにインクの載った紙質や手による痕跡を大事にして進めているところがあり、また自分の好むその質感に縛られてもいる。むしろ大量印刷のように無機質というか手の痕跡を残さない仕事を求めている作家もいる。
版画工房というと手仕事感があるように聴こえる。本来「Print Studio」も印刷所という意味に使われている言葉。アートとしての印刷にはどうしても限定の手作業版画が思い浮かびそうだが、そんな事も現代では一部での話なのかもしれない。

自分の技術の稚拙さから版画に対する意見が腰砕けによろめくのが如何ともしがたい…


変わり目のせいか調子はよくない。


にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2003-04-23 23:23 | 版画
2003年 04月 22日

展覧会前

今日は快晴。
昨日の肌寒さから一挙に逆転して暖かい陽射しが拡がった。
桜がまたまた咲き誇りだす。



数通のDMを出すだけの作業に日中を費やししてしまう。
今週末には展示して土曜日から展覧会が始まる。
田村晴樹さんからタイトルのデータが届いたが自分の作品のタイトルがまだひとつも決まっていない。
それも考えないと…。

…季節の変わり目か、すこし体調が悪い。パソコンの前に座っている作業の多いのも原因だろうか。



夕食後、近所の桜並木を散歩…






にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2003-04-22 22:22 | 展覧会
2003年 04月 21日

花冷え

今日は花冷えの寒さ…せっかくほころんだ桜にも辛い。小雨からみぞれに変わった。母の通院をクルマで送ってらか、先日届いた県美術館整備室から届いた昨年の「キッズ・アート」の報告書1部を参加してくれた市内在住の友人宅へ届ける。既に県から送付があったそうだが、よろしかったら…ともう1部差し上げてくる。





午後3時から国際芸術センター青森へ。韓国の作家 黄成俊さんとドイツの作家 ヨハネス・レンハルトさんの素材調査で街までご案内。黄さんは帆布を、ヨハネスさんは和紙を下調べ。やはり母国での購入よりも価格が高い。実際には大量に必要な素材なため、それぞれに案内した店でサンプル程度を試しに買っていました。

c0156162_1201688.jpg

[ヨハネスさん:黄さん]
彼らは夕方からの「ぱるるプラザ」で開催「乾坤価千金−林英哲 meets 山下洋輔」を見るスケジュール、その前の腹ごしらえ。アウガ地下のレストランで。 黄さんすこし歯が痛くて調子悪そう…
[PR]

by aura-21 | 2003-04-21 23:18 | AIR