<   2003年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2003年 06月 30日

下準備

7/6開催の「ミチバタ版画」ワークショップの下準備で午後からNプロ事務局前の駐車場で作業。この日地元NHK青森の夕方の生番組「ゆうYOUあおもり」の取材が入る。Nプロの事務局拝見と今回のプロジェクトの様相をレポーターの大平夕子さんが報告。
ちらほら実行委員も集ってばやばやと作業をすすめる中、事務局 高樋さんへの「Nプロ内容」インタビューなどが8分ほど中継されました。事務局はNHKに距離的に近いのですが電波状態が悪い場所だそうで、この日は衛星回線を使っての中継となったそうです。コンマ数秒のズレがあったようです。
番組終了近くにもう一度中継が繋がりミチバタ版画の準備状況なども放送されました。私はオレンジのツナギを着て後姿で作業している様子が流れたようです。

終了後に近くの「亀久一」でビール。
あぁ、私が一番飲んじゃった…グビグビ飲んでる自分を感じた…
いろいろと噴き出すハードルに、集った面々もすこしやけ酒調?
「でも突き進むしかないよね。」



もう六月が終わっちゃうな…
[PR]

by aura-21 | 2003-06-30 16:34 | ワークショップ
2003年 06月 29日

選挙 Nチケット

今日も雨…青森県知事選挙投票日。家族3人で投票にゆく。


あおもり国展の最終日を覗きに新町市民美術展示館へ。
国展の菊池さんと二瓶に会う。

雨にけむる柳町パラソル・ロード…Nプロチケット販売&はん消し君ブースは…人通りも閑散としてちょっと寒い。
こんな日にも関らずスタッフ皆様本当にごくろうさまです。
チラシが完成していましたのでいただいてきました。




7/6のミチバタ版画の参加希望者を募集しています。
参加費無料です。どうぞじゃんじゃん遊びに来て下さい。
参加希望のメールは ***@infoaomori.ne.jp まで!!
募集は終了しました



市川武史作品展示のお知らせを告知欄に。
[PR]

by aura-21 | 2003-06-29 22:57
2003年 06月 28日

うに哀歌

雨…柳町のパラソル・ロードでのNプロ チケット販売ブースはどうなっているだろう…と思いながら、家庭サービスの日。

最近母にかまっていないので機嫌が悪い。
妻が気を使って「2人でちょっと出かけて食事でもしてくれば?」と送りだしてくれた。
母を連れて夏泊半島をぐるり1周ドライブ。昼食に浅虫の「うに屋」(うに丼専門店)で「うに・アワビ丼¥1500)を食べる。旨い!!
浅虫道の駅でホタテを買って帰宅。

妻に「うに」食ってきたことを話すと、何だか急に悲しそうな顔になって「私もウニ大好物で一緒に食べたかった~」と言って不機嫌モード…どうすりゃよかったの……?



疲れて夕方まで寝てた。
明日まで開催中の「国展あおもり展」に行こうと思っていたのだが…寝過ごした。




夕食後、中古ショップへ。せっかく買ったプレステ2、専用のソフトを見に行く。ファイナル・ファンタジー�購入。
私はまだ「バイオ…」に振り回されているので他のゲームはしない。
�の使用感…妻:「ゼンゼン違う」…と、コントローラーを離さない。
[PR]

by aura-21 | 2003-06-28 22:52
2003年 06月 27日

おとなしく ゆかりの

雨。この天気が続くと困るな~
外出しないでおとなしく版画制作。




7月9~12日市内長島の五拾壹番館ギャラリーで青森・弘前の出版社共催で郷土書籍の販売をするという。地元ゆかりやその出版社ゆかり(カットや表紙などで参加した)美術家の作品も一緒に展示したいという。
青森の出版社「北の街社」から私にも出品を…と声をかけていただいた。何か活字に関係ある作品を…と、昨年12月に田中屋画廊で展示した「詩画展」で泉谷 明さんとの作品で別バージョンの版画を刷ったものはどうか…と考えている。出版社としての展示に不都合はないか、北の街に問い合わせる必要があるだろう。(まだ問い合わせしていない)
6月30日に「ミチバタ版画」のワークショップのための準備がある。なんだか頭の中はそっちに気持ちが占められいる。
[PR]

by aura-21 | 2003-06-27 22:51
2003年 06月 26日

刷意

終日、私の周りは雨。

10時過ぎに母を病院に送ってその足で岩手町まで国道を南下。
今月29日まで開催の「村上善男 全 版画展 - 刷への意志-」を見に行く。
昼食に三戸町国道4号線沿にあるとんかつ専門店ひら野へ寄る。昨年の「キッズ…」の時になかなか行けなかった店。800円のA定食のボリュームも味も佳かった。
石神の丘美術館はもうすこし行くと渋民村という距離。岩手町はもともと石彫のシンポジウムがあったりして多くの彫刻が置かれていた。そこを昨年一部改修して道の駅風に駐車スペースと産直品売場を作りその奥にこぶりな美術館を作ったようだ。美術館の裏手に拡がる野外彫刻スペースは天気が良いとちょっとした運動も兼ねた散策コースになるような場所。

村上さんの作品は大きなひと部屋(館の展示スペースはこの空間のみ)にまとめられて展示されていた。奥正面には昨年、国際芸術センター青森で作った版画もあった。70年代初めの仕事から最近の仕事まで、版画に焦点をあてた氏の作品の軌跡が見渡せる。




帰りに三戸町立版画研究所へ寄る。
中藤さんが制作中だった。木版リトというエッチングのプレス機で制作できるベニヤ板を使ったリトグラフ版画(最近の技法のようです)の仕事を見せてもらう。
ちゃんと講習を受けて勉強したい手法です。
[PR]

by aura-21 | 2003-06-26 22:41
2003年 06月 25日

キッズ ミチバタ 刷る

曇天から日中雨天。
県美術館整備室から今年の「キッズ…」のパンフレットとポスターが郵便受けに。
近所に住む学芸のKさんが置いて行ってくれたものか。


午前中は家人の運転手。すこし時間を見つけて版画制作。


午後からNプロ事務局へ。
ミチバタ版画の材料、展示方法の打合せ。
実際の会場の方の都合も聞かないと決定できないが、こちら側が考える最良の見せ方で提示したい。制作する作品や行程も重要だが見せ方(展示方法)で全然違ったものになる。

額屋さんに行って先日の個展にかかった額代経費のうちの一部を納めてくる。
またミチバタ版画で使うインクや材料の注文をする。
今朝届いた「キッズ…」のチラシを置かせてもらう。ここには来ていないようだ。「あるてみの」野坂さんのところにちょっと寄る。子供の絵の教室中。野坂さんも今年の「キッズ…」に参加してワークショップをする。




版画に限らず「作品」は繰り返し見られることで見る人に「何か」を刷り込んでゆく。潜在意識へでも、意識/無意識へでも…「刷り込んでいく」…と思う。版画(や、多くの他の手法の作品)が一番苦心している部分は、単に修練としての絵画技法ではなく、相手の深い所に入り込む/刷り込むことの「自分流」なんだと思う。
[PR]

by aura-21 | 2003-06-25 22:37 | 雑感
2003年 06月 24日

国際版画展へEMS

晴れ。
午前中、第5回 英国国際版画展に作品送付。
ギリギリになってからバタバタと焦って動き出すこの性格はたぶん治らない。
7月1日必着だがはたして間に合うにか? EMSよっ!頼んだぜ~っ。
そして展示してもらえるのか?(入選しないと飾ってもらえん…)




ミチバタ版画WSの準備。会場班H氏に必要なものの手配をお願いする。
午後から7月6日の作品を展示する予定の「旧青森市民図書館」にある「版画の街事務局」へご挨拶と空間の確認。
ついでといってはなんですが…「棟方志功記念館」を見る。




同じく昨年のミチバタ版画in三戸。ワークショップで子供達が作った版画を展示していた場所が突然使えなくなり、今日から県の美術館整備室で預かる形となった。今回の事でいろいろ今後に繋がる問題もあったと聞く。他人事ではない。この地域での美術の深耕に関る問題なのだ。



妻、会社の付合いで飲み会。夜、迎えにいく。



個展「微熱画報」より5点アップ。作品リスト参照。
[PR]

by aura-21 | 2003-06-24 22:34
2003年 06月 23日

ミチバタ準備 配達

曇天…。
そろそろNプロ、プレベント「ミチバタ版画」準備のやり取りをしながら、別件で〆きりのある作業をする。


日中、青森銀行本店と郵便局へ。
青森銀行本店でも「棟方志功生誕百年」に関連してロビーに作品を展示…しかし印刷物だ。
ふろしきサイズや色紙サイズの複製品だった。1点だけ「雨にも負けず…」の詩の作品は本物…しかし400萬円からする作品らしい。その作品の前だけ関連書籍を置いたテーブルで「何気なく」ガードしている。
夕方ご近所のT様宅に作品配達。
応援感謝です。




夕食後に堤町の夜店を見に行く。
町内会での催しか、「町活性化」を狙ったものだろう。私が子供時代と比べると本当に寂れた感じは拭えない。寺山修司の本にも登場した「D書店」も本当に…変わった。
ダラ~っとしたテキヤのに~ちゃんたちがやってる店はあんまりおいしそうじゃないな…。何故か1店だけ行列ができている焼そばやさんがあった。
[PR]

by aura-21 | 2003-06-23 22:29
2003年 06月 22日

プレステ2 N準備中

青森、快晴…暑い。
午前中に家電品店へ。「プレステーション2」購入。
でもソフトはまだ買わない。とりあえずはDVDを見よう…。一緒に小型の冷温庫も買う。




午後から柳町のNプロのチケット・ブースへお手伝いに。
雲ひとつない快晴というか直射日光はそれだけで疲れます。版消し君(ナンシー関さんが使っていた消しゴム)を使って、チケット購入者はその場で消しゴム版画に挑戦していただきます。一枚清刷りをいただき版はお持ち帰りいただきます。
8月の展覧会会場にはそれらみなさんの作っていただいた消しゴム版画が並べられます。
今日は別働隊による沼田家での「お茶会」がありました。
「N」マークの焼き印付きお饅頭も出されたました。焼き印がもう少し検討の余地ありかも。




帰宅後片付いて配置の変わったテレビまわり。妻よごくろうさま。
ついついテレビゲームに熱中…何度死んだことか…バイオハザード。
その後にDVDで「xXx」を見る。しかし、よくもま~あんな薄い円盤一枚にこんなに映像が入っているものだ…といまさらの感心。
[PR]

by aura-21 | 2003-06-22 22:27
2003年 06月 21日

植樹 WS

午前中、妻と義母を連れて「ニトリ」へ。
お義母さん3連の和風衝立てを購入。
先月、結婚祝にいただいた「オオテマリ」の木、義母さんの家の庭に植えてもらう。





午後2時から国際芸術センター青森。
黄成俊(ファン・ソンジュン)さんによるレクチャーとワークショップ
『アーティスト・イン・レジデンスにおける作品制作とは』
AVルームでのスライドを使ったファンさんの作品講義ののち創作棟で実制作の方法を見せていただく。


帰宅後妻と外出。
Sさん宅へ作品を届けてから海を見に蟹田町の方まで足をのばす。
日中は随分温度も上がり汗ばむ陽気だったが夕方には風も肌寒い。
夕食は「吉野屋」の牛丼。
山田電気へ。
一昨日パソコンのDVD再生が上手くいかず見られなかった。
なんだかDVDプレーヤーが二人とも欲しくなる。
プレステーション2でDVDも見るか、それ専用のものにするか…。同じ見られるならやっぱPS2か?
明日午前中に一緒に買いに行こう、という話になる。





帰ってから「バイオハザード」に夢中になってしまう。遺憾な…イカンな!
[PR]

by aura-21 | 2003-06-21 22:24