<   2004年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 31日

大晦日

午前中に足りない正月用品を買いに駅前まで。アウガに車を停めて見て歩く。
お供え餅に添える松とか葉、仏壇と神棚に飾る花とか。花束2つを2対と勘違いして倍買ってくる。また「話を聞いていない…」と呆れられる。



年賀状を投函。まだあるのだが新年になってから届く年賀状を読みながら書く楽しみもとっておきたい。



年越しの準備をして早めの夕食。スキヤキ。最近胃の小さくなったかみさんは食べられる量を計算して肉に箸を伸ばす。



12月に入っても全然雪がなくすっかり暖冬かと思っていたがこの10日間ほどでみるみる昨年の最高積雪量を更新したという。なにも急に降らせなくても…と天を見上げる。



よいお年をお迎え下さい。そして来年もどうぞよろしく!
[PR]

by aura-21 | 2004-12-31 00:23 | 季節
2004年 12月 30日

年賀状

雪で車は進まない。ほぼ運転手状態の一日。

かみさんの実家で生けたお華をもらうが帰宅途中で造形が変わることに。
スーパーで買物。どこも混んでいる。



年賀状書き。かみさんは近所のお友だちのところへ遊びに行った。女同士で「ワイワイ」するらしい。(意外と早く22時前には帰ってきた)


DVD「CASSHERN」を見る。映像は美しく綿密で隙がない。その分ちょっと眼が疲れてしまう。斬新な絵作りをしている映像なのだと思えるがストーリーを複雑にしようとしていないだろうか。スパイダーマンのような主人公につきまとうヒーローの孤独や葛藤が、「その力」を得てしまったことに悩むのではなく戦争や人を殺してしまったトラウマとの葛藤。その感情に付合うと単純にアクションを楽しめない(狙いかな?)。濃い映像を追う眼球の疲れだけではない疲れが呼び起される。
見終わったら2時近かった。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-30 00:21 | 季節
2004年 12月 29日

オヤジだよ パソコン周り整理

今日からしばらくは朝のかみさんの通勤送り運転もなく久しぶりにのんびりと起き出す。が、母を指圧へ送る。途中で近所のパン屋さんのアンちゃん(美味しいパンを焼く素敵な女性です)が店の前の雪片付け中。運転席の窓を開けて「よっ」っと挨拶。その後にルームミラーで自分の顔を見たら鼻くそついてる…すっかりオヤジであるな。
師走のピークな混み合い方をしたスーパーで食材としめ縄を購入。今夜は湯豆腐。



パソコン机の上を整理。積上げていた紙の束を退かして要らないものをどんどん捨てたい…が悩むものばかり、作業が進まず。かみさんの机からも彼女のマックを私の机の方に移動。今、目の前には2台のiMacが並んで置かれている。配線に手こずる。しかし無駄にある。もう中古パソコン2台並べても何の偉力もない。異様なだけと知りつつも…である。



年賀状を書きだす。まだ半分。続きは明日にする。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-29 00:20 | パソコン
2004年 12月 28日

餅搗き

今朝の積雪は50cmもあったのではないだろうか?
今年最後の出勤のかみさんを送る。年末最後のゴミ収集日、その前にゴミ出しと雪片付け。車が雪に埋まってなかなか動かない。なんとかなったが遅刻させそうで焦った。オートマ車での大雪の日の運転は今回が初めて。まだまだ慣れるまで緊張です。

午前中、恒例の「餅搗き」。隣の伯母と我家とで3升搗く。お供えと伸し餅に。



かみさんは仕事納めでそのまま職場の忘年会?だそうだ。
23時を過ぎたがまだ引き止められているようだ。しかし雪の降る降る…その量たるや、あれだけ暖冬で雪を商売にしている人々にとっては今年は商売アガッタリ?が懸念されたがそんな憂いは取り戻しておつりがでる程の…今も降ってる。このまま根雪かな。



J1さまから「携帯を持ちました」というメール。不携帯を死守したかったようだが「仕事でどうしても持たされました」とのこと。事情は解らないでもない。こうしたご時世だよね。

携帯電話を持つということは連絡いつでも受信OKということじゃない。それを勘違いすると何処からでもまったく知らない人からでもかかってくるし鳴ったらとらないといけない強迫観念にも(仕事上だったらなおさら)迫られる。
特定の人とだけお話したい「いつでも・どこでも」だったらゲセルような気もするのだが、私にはその「いつでも・どこでも」が堪らなく厭だ…恐い…逃走。逃げても携帯を携帯していると追ってくる。電波の届く範囲はすべて隠れるところがない。

……プリンターをガッチョンガッチョン動かして年賀状を刷りながら……
結論のない携帯について書いてみようとしたが、結論は私にしかない…「もってやらない」し、私が持たなくても「誰も困らない」。
まだ携帯の携帯を待ち望まれている立場にあることを感謝するというのもモチベーションのひとつかな。もう路上で携帯をかけている自身の形態がカッコイイと思える時代はとっくに過ぎている。



25日の日誌に書いた展覧会の企画とかマネージメントについての考えには賛同のメールもいただいたが、もうすこし立ち止まって考えてみると「企画したりマネージメントしたり展覧会(美術…とも限らない)を見たい人たち」というのは同じ美術に関心があるようでも実は違ってて、作っている人たちとはまったく別種のところで何かを見たい人たちなんだ…という非常に当り前なことを見逃していた自分に気付いてしまった。別種というかそれぞれがもともとひとつのオンリーワンなので、「こうあるべき」は勿論「こうしなければ」も何処からも誰からも押し付けられたり決めつけられたりしていないのである。言い方は悪いが「なんでもヤッタ者勝ち」っていう感じなのだ。
「これは違うんじゃないか」なんて差し挟める基盤の成熟した場所じゃない。熟すまではいろいろ跳梁跋扈してもしかたないというかその方がいいのかもしれない。

でも自分の意見は別に堅持しておきたいけどもね。

0時まわった…かみさんまだ帰ってこない。DVDでも見よう…




DVD「盲獣 vs 一寸法師」を見る。かなり呆れながらも魅入る。出演者(主演はリリー・フランキー)他の昭和気分なイデタチや風貌の配役、乱歩の小説もこうしてみるとチープで大袈裟。明智(塚本晋也)の推理も筋道よりは乱歩小説の気分が優先されたような演出で…最後まで見てしまう。大学の映画同好会が作ったような感じが漂いこれはこれで苦笑するしかないのです。最後の最後に丹波哲郎が「これは芸術じゃない」と石膏像をたたき壊すシーンで終わるのだが、そこまでのストーリーが「なんだったんだ?!」と一挙に攫うような力強さ…さすが丹波です。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-28 00:17 | 行事
2004年 12月 27日

ストーブ 新年の準備

朝、石油ストーブの給油サインの音に起き出す。
かみさんは朝のシャワー中。起きだして石油を入れる。まだ7時半…五時間ほどしか寝ていないな。今朝も静かに雪は降り積もっていた。出勤を送る前に雪片付けも。

午前中、母の買物に付合う。新年の準備もそろそろ。忙しくなるかな。

終日、眠たい気分で過ごす。
自分のことは何も出来なかったが、冬のゴム長靴と雪のスコップ ¥398 を購入。

外出中に親戚が届けてくれたホタテ。
夕食はホタテの刺身。たらふく食べました…ごちそうさまでした。



年賀状はどうなるんだ? 自分で自分のことを管理できていないから〜。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-27 00:15
2004年 12月 26日

レンタルの返却は来年ね

午前中は暖気が入って積もった雪が溶けだしぬかるむ轍の深い道。かみさんの実家へ届けものなど。買物の運転手をかってでる。後にレンタル ビデオ店へ。雪がまた降り出した。半額チケット持参でも借り過ぎ。1週間レンタルで返却日はもう来年である。今年も残り少ない…。

帰宅直後に高樋さんと山上くん来訪。
昨日の住宅見学会会場に押し付けてきた拙作あかりのシェード2つを返しに寄ってくれた。
お茶も出さずにすみません。

その後に久しぶりに腐蝕銅版。



気付いたら年賀状がまだだ…DVDなんて見ている場合じゃないでしょ。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-26 00:12
2004年 12月 25日

熊谷晃太個展

クレイドル 高樋さんの住宅見学会。
かみさんは住宅見学が好き。で、結構詳しい。浴室の坪数とか建材とか…「いつか家を建てる時のために」…って、それって「建築業でも仕事で始めるのか?」とクダラナイジョークで何かをかわしたい気分。人間夢を持つことが大事であることは解るのだが…



中華 龍園で昼食。
かみさんは海老飯、私は炒飯。最近ダイエットで食事の量を減らしているかみさん。昨日買った体重計でのその成果を確かめ順調のようだ。胃そのものが小さくなってきたようでたのんだ海老飯を半分近く残した。美味しいのは知っているが胃の方がもう受け付けないそうだ。
その海老飯と炒飯をたいらげる私のほうは内臓脂肪がやや心配。満腹ですこし眠気がしてきたが運転して弘前へ。




ギャラリー デネガへ。熊谷晃太個展を見る。
harappa presents。会場は同世代の若い観客で賑わっている。先年に彼も出品した弘前大学の卒業制作展を見た。その時の彼の卒制と較べるとなんだかおとなしくなったような印象を持ったのはどうしてだろう。まだ若い作家なのに…なんだかちんまりとまとめ過ぎているような印象。実物の作品よりも売られていた絵葉書(PC出力)の方がきれい。イラストとか絵画とかアートとか別けなくても自分のやりたい手法を選べばいいのだが、実物を見た時の質感(マチエール)は意外と重要でこちら側への訴えかける部分との出会いだから気になる。彼の絵はマチエールがない…とは言わないが選ぶ素材のせいかそれが非常に薄いこともあるのだろう。環境問題を作品のテーマにしているようだがこの世代が凡庸に抱えてるこの問題に対しての印象にメルヘンを加味しただけのような感じもした。harappaやその他の協賛が何故彼を特別にフューチャーしたのか…が実はよく解らなかった。彼の今の仕事は仕事として頑張って欲しいし期待もしたいのだが、周囲が妙に甘やかしてちやほやしているような空気も流れているようだ。これが与えられたチャンスなら頑張ってものにして欲しいが、逆にそれが彼にとってプラスに働くのかどうなのかが気になる。

harappaがその組織もまだないときに弘前出身の美術家 奈良美智の展覧会で地元市民有志の自主的企画とボランティアで全国的にも注目されるような形で結果を出したことからその後ステップアップし県内初のアートNPOにまで成長したことは知っている。次のスターを造り出したいのか、正当な評価としての応援なのか、奈良的な作品をローカルで地元ゆかり若手作家の中から育てたいのだろうか。「プロデュースする力」の存在にも絡んで拮抗する背後の思惑が見えるようで、単純に作品をどうこう感じる前に危なっかしいものを感じてしまった。

アート マネージメントの重要性や必要性は感じているが、ことを急ぐと歪になりはしないか? とくに地方とかその地域特有な作家や作品の育成とも連動するとなると地元文化そのものの深さ広さに関係してくる。マネージメントのノウハウだけで成立しない「文化」や「人」や「地域創造」ということ。何がそれらの起爆剤になることなのか、起爆剤をどこに据えるのか。

楽しく展覧会が見たいというオーディエンス側に主眼を置くとしたら作家の出身地も何も関係ないことだが、「presents」という語から勝手に脱線して想像してみた。



アメリカの七尾謙次郎さんからカードが届いた。
先日のお礼の書き添えられたメリ・クリ・カード、、、、、うれしいです。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-25 00:09 | 展覧会
2004年 12月 24日

クリスマス・イブの電気店

クリスマス・イブ。今年は雪のないクリスマス風景を思っていたらこのドカ雪。昨日よりも寒気が弛んで道は轍とシャーベットで運転しずらい。

かみさんを仕事に送る。その足で運転免許の更新へ。駐車違反とか一時停止違反でキップを切られたためゴールドカードがら普通の免許証に。違反者講習会も2時間近く受ける。
昼ころに終了。ゲシャゲシャの雪解け道を帰宅。

午後からプリンを買って秋元さんのお宅へ。小さなクリスマス・ツリーが飾ってある。子供がいるとこうした演出も微笑ましく映るもの。小1時間ほどおしゃべりして帰る。

我家の夕食は普通に。
食後に隣からもらった苺ショートケーキを食べるがあまり味がしない。
クリスマスな気分はまったくない。
食事の後片付けをしてかみさんと電気店へ。体重計(体脂肪計付)が欲しい…と見て回る。最近食事の量を制限してGパンも少しゆるくなってきた…とダイエット効果を実感してきた彼女は数字で確認したいようだ。他にサーキュレーターも購入。居間の天井に昇る熱を撹拌するため。意外とファンの音が大きくて何処に置くかを考えないとだめかな。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-24 00:06 | 行事
2004年 12月 23日

近所の温泉 あかり延長

祝日。

起きたら40〜50cmの積雪。家の前の雪片付け。
休日のかみさんは八戸の友達のところへ列車で遊びに行った。駅まで送る。

床屋でさっぱり。その後に「ゆ〜ぽっぽ温泉」へ。祭日とあって開店二日目の温泉はすごい混雑。お湯は茶色くすこし塩っぱい。小さいが露天風呂もついている。サウナは入らなかったが開店の混雑が退いたらのんびり入れるかな。ちょっと脱衣場が狭いかな。




バスでNOVITAへ。案内状に記した「あかりのありか」会期は本日23日までだが、展示はしばらく延長されることになった。年内か…新年も飾りたいという声も聞こえているが、どうなるのだろう。会場オーナーの森内さん次第です。

夕刻からNOVITA 二階にて打ち上げ。弘前から岩井康頼さん、今夜は青森泊りで参加することに。参加作家 竹浪比呂央さん・秋元喜次さん・野坂徹夫さん、順子さん・森内忠大さん。スタッフの安田さんも配膳をお世話してくれる。
ビールで乾杯の後にわいわいと。
反省会とまた来年に「あかりのありか」を継続したい旨の披瀝。
営業的にはなかなか厳しい結果ではあったが、参加作家各自の感想・意見も様々に興味深く拝聴。むしろある意味で成功とは言えなかった事がよかった事なのではないだろうか。少なくともこのメンバーでこうした趣旨の展覧会が出来たことが次に繋がる何かを残していることは成果といえる…というのは各人が感じたことだった。次回あるとして参加者の増加や展示の方法も含めての話までも飛び出した。

中座して酔って1階のグローブ型ソファーで寝てしまった。再度起きだし気がつくと2時を過ぎている。2階ではづっと歓談が続いていたようだ。
しばらくして散会。
秋元さんとタクシーで。3時を過ぎての帰宅。



告知に、弘前大学教育学部の「卒業研究・制作展」を追記。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-23 00:02 | 展覧会
2004年 12月 22日

雪道運転 教室

雪。吹雪く。一挙に冬景色。シバレル。吐く息が白い…しかも家の中で。

昨日よりも10分早く家を出てかみさんを送る。
午前中は母の眼科検診。吹雪の中をノロノロ運転で送る。検診中に私は用事を済ませるべく、市内をノロノロ運転。


発注した「プレス機」の内金を画材店に持っていく。40万円也。残金もう少し。
画材店主とおしゃべり。いろいろ…面白い、でもその内容はここに書けないな。
母を迎えに行って帰宅。
昨日オープンした「ゆ〜ポッポ温泉」を覗く。今度来よう。



午後から版画教室。ともんち。銅版ですこし時間をかけた制作をしたほうがいいかな…?って思い、そのイントロ。絵を描くこととその都度それを壊す作業を繰り返すことの必要性について話す。自分でも解っていないようなことをはじめたばかりの人に向かって解ったように押し付けるのもどうかと思いながらも…すまん。でもともんちは版画の作業を気に入っているみたいなので嬉しいぞ。
頑張ろうね。年内もう一度教室に来る意気込み、私はその意気込みを「買う!」ぜっ!!!


夕食後にガソリンスタンドで給油。何故か混んでる。吹雪いてるし。



夜、版画制作、5点。
「あかりのありか」明日の夜に「集まりましょう、反省会…」と言いながら打ち上げかな? でも展示は年内そのまま会期がNOVITAもよう。あと2点 あかりを作る。会期の終了間際に持っていくとは…明日その2点を飾ろう。



作品3点をアップ。「カミノコトバ」シリーズ…か?#10,11,12。
うち2点はちょっと「雪」っぽい溶けやすいような絵柄かな…と思うのだが。
[PR]

by aura-21 | 2004-12-22 23:59 | 版画