<   2005年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2005年 05月 31日

志功《大世界の柵》 マイキー

昼前に棟方志功記念館へ。
一昨日で展示替があり2種類ある棟方最大の板画《大世界の柵》の入れ替えがあったそうだ。前半の作品を見逸してしまったことが悔まれる。
今日から展示の《大世界の柵》大迫力である。静かな館内でゆっくりと魅入る。

確かに残念なのはガラスケースに閉じ込められての展示である。大きな魚でも水族館の水槽の中で見ていては心が痛む…そんな感じ。しかし悠々としたその作品の力量は十分にこちら側にも伝わるものがあると思う。

注:上記《大世界の柵》へのリンク画像は「大阪日本民芸館」サイト内の画像です。青森の棟方志功記念館で現在展示されているものはこの作品の別バージョンです。版は同じですが微妙に手描き・手彩の筆の痕が違います。
本当に棟方の版画は複数摺っても全部がそれぞれの絵なのです。


自動車税を払いに銀行へ。振込用紙は今日までの納入期限だった。


日中「OH! Mikey」1、2を見る。写真でだけみていたフーコン・ファミリー。映像もそのまま(予想通りに)ブラックな感じです。
「バミリオン・プレジャー・ナイト THE COLOR OF LIFE」の予告編に、そちらのDVDも見てみたい。
[PR]

by aura-21 | 2005-05-31 01:02 | 版画
2005年 05月 30日

珈琲飲みに 注文で買物いろいろ

朝方曇天。しかし予報通りに晴れて暑くなる週はじめ。

午後から母の眼科検診、車で送ってゆく。

珈琲の「ジターヌ」へ。カフェ・マキアート。
カウンターで飲んでいるとWさんもお見えです。この店ではよく知った顔を偶然かお会いします。みんな美味しい珈琲の店を知っているということでしょうか?
帰りにブラジルを豆で100g。DVDをお借りする。ありがとう。


NOVITA へ。「北林小波展」パステル画。毎年個展をしている彼女と久しぶりに会った。元気そうだね。絵はいつものようにパステルでの子供を描いたかわいらしいもの。イラストレーターとしてアマチュアとは違う仕事として取組んでいる作家。作品は人気でもう半分以上に売約済マークがついている。

大きい方の絵は職業?とそのアイテムというような画面構成だ。
バレリーナならばトーシューズ、リボン、などなど。庭師ならシャベルや花の種や…。天使なら…? 天使は職業ではないが、そんな夢の溢れたパステル画なのです。 今日から6月5日まで。



成田本店の事務用品フロアーでボールペンの替え芯を注文する。Caran d'Acheの太字タイプは在庫を置いていないようだ。

薬局に注文していた硝酸が届いた。取ってくる。

ネットでDVDを購入。手順が煩雑。かみさんにやってもらう。
Micoさんのお薦めDVDです。
[PR]

by aura-21 | 2005-05-30 01:01
2005年 05月 29日

お見舞い ACAC 寿司 エクソシスト

晴れ。日中は暑い。
私は遅くに起きだ。昼食に焼そばを作ってくれるかみさん。



食後に花を持ってかみさんの叔母さんのお見舞いで市民病院へ。経過は良好とのこと。持っていった花を飾る瓶がなく近くのコンビニから1�サイズのペットボトルの水を購入。そのボトルの上部を切って花をさす。ボトルを買いに行ってる間にかみさんは手術の痕を見せてもらっていたようだ。ひぇ〜〜。ホチキスか?

帰りがけに叔母さんに「健康診断」を勧められて帰る。ひぇ〜。



天気もよくてこのまま帰るのもちょっと惜しい陽気。
ミスドでお茶してドーナッツ。腹がまた出るワイ。
ミスド35周年記念オリジナルコーヒーカップ(復刻版デザイン)を2個もらう。

山の方まで車を飛ばし国際芸術センター青森へ。
レジデンス作家も滞在をし活動を始めているはずだが館内はひっそりしている。市民の親子連れやグループが数組散策している。周囲の森もそろそろ新緑が美しくなってます。山菜取りをしているおじさんもいる(作家じゃないだろう)。
ゆったりした時間がここにある。
作家は既に制作のため稼働中だろう。見た目はのんびりしているようでも作家というものは脳や意識はそのための思考を普段からやっているし、ここに来たらばもう臨戦体制なのだ。静かに燃えているはず!

事務室に寄って「C-POINT2005」のチラシをラウンジに置かせてもらう許可をもらう。ありがとうございます。

かみさんも久しぶりの国際芸術センター青森。しかし展示も終わっていて残念ですね。私は見たけど。



夕食は3人で外飯。母が食べたがっていた寿司。「河庄」へ。
特上でも3,000円未満という安さでネタも新鮮。赤米(酢が赤い)のシャリである。壁のポスターにある「お店でしか飲めない! アサヒの塾撰ビール」というものに誘われる。かみさん曰く先日別な店で飲んで美味しかったそうだ。
帰りの運転を彼女に頼んで飲む!寿司も旨かった。



DVD「エクソシスト・ビギニング」を見る。
「エクソシスト」を見たのは高校2年の夏休みだった。初めて東京へ行った時だったと記憶している。あの綺麗だけど恐さを募らせる音楽が印象的だった。

「エクソシスト・ビギニング」ホラーというよりはオカルト(どう違う?)
恐怖というよりも信仰としての善と悪がテーマなのだろう。全編に流れる不安感は「悪」つまり「悪魔」との信仰的戦いということだろうか。悪を司るものの存在。その闇の支配と人間の持つ残虐さや狂気が深く静かに流れている。モンスターとの戦いとは違い人間の内奥に眠るものとの戦いの様相がホラーと一線を画していると思う。
主演のメリン神父役は「ドッグヴィル」でも出演していたStellan Skarsgard 。
[PR]

by aura-21 | 2005-05-29 00:59
2005年 05月 28日

交番へ拾得物届け タッチ弘前

快晴。今日も気温上がるかな?

休日出勤のかみさんを職場に送る。しかし昨日の酒の余波か疲れがまだ残っている感じ。もうすこし布団のなかへ〜。近所の中学校の運動会か? 開会の花火やラウンドスピーカーからの音楽とアナウンスが聞こえる。うとうとと。
…で、起きたら12時半だよ。



昨夜の帰り道に拾い物。黒いニューバレンチノの財布。お金(8,500円くらい)とキャッシュカード、(県と市の)図書カード、診察券、バスカード、臓器移植カード、保険証カード、岩木山神社のお守り…などなど。(交番でぜんぶ拡げられた)

T町にある我家から一番近い交番。
中年と新米の警官の2名が物々しいチョッキを着て居た。

「拾ったのは何時頃?」「夜中の2時です」「場所は?」「S町のA銀行の角」「(地図を見て)○○町×丁目△番地だね」「…(知らない)」

拾った人が謝礼として請求できる割合というのがある。が、面倒くさいので「全部辞退します」と書類に私の署名、住所と電話番号を聞かれ記載される。
若い方の警官が用紙に書き込んでいる。が、字が下手くそ。
「職業は?」「自営業」「具体的には?」「絵の教室」(版画でもいいけど)いちいち面倒なのでそういうふうに言って向こうに勝手に想像してもらう。
警察の職務質問には「自営業」はダメらしい。もっと突っ込んで聞いてくる。

午前中にすぐ持ってこなかったから怪しまれたかな。でもすこし酒疲れ状態で車を運転してきてたら、そっちの方がヤバイし。
「今さっき起きて来ました」と答える。確かに2度寝して今起きたような顔の私。

財布の持ち主らしい人物の名前はカードからすぐに解ったのだが、本人の電話番号も住所も書かれたものはない。中年の警官が診察券の病院に電話して問い合わせている。
しかし急に「警察ですが」と言われて患者の個人情報を電話なんかで教えるものだろうか? 警察の方も個人情報の扱いだけに注意深いようだが。
その後、どうなったのかは知らない。後はよろしく「ご苦労さまです」と言って交番を出たから。

しかし今日は天気いいな〜。



昨日の日誌などを書いたり、他にいろいろ作業しているうちに17時を過ぎていた。
かみさん迎えに出た帰りに夕食の材料を買いにユニバへ寄る。
夕食は簡単に作れるものにしよう。特売のミニ串カツセットとインゲン豆購入。
カツ丼とインゲンの味噌汁にする。チャッチャッチャと作っちゃう。

食後に弘前まで。かみさんの注文していたアウトドア−なウインドブレーカが入荷したそうで早速取りに行く。私は運転手。弘前のさくら野。ドトールでちょっと休んでまた青森まですぐ青森まで引き返してくる。夜のドライブ〜だよ。
[PR]

by aura-21 | 2005-05-28 00:57
2005年 05月 27日

焼鳥で一杯

晴れのち曇りのち時々雨、たまに稲光な1日。

かみさんを送っての帰り、中学・高校の同級生NKとすれ違う。
運動のためか通勤を歩いている。見習うべきことです。
夕方にまたかみさんを迎えに。いつものコンビニ前で待っているとまた同級生のNKに逢った。立ち話。このWebサイトを見てくれているそうだ。恐縮。
「忙しそうだね」と彼。こうして日誌を書いていると毎日忙しく何かあるようにみえるのだろうか。ま〜、そうだったり、なかったり、だよ。



午後に個展で展示する予定の版画を額装へ。久我額さん。
今回の展示は掌サイズの小さな版画ばかり(いつもですが)、しかし会場の空間にどう納めるか。34点ほど準備するが全部掛けれるとは思えない。

画材店で野坂さん夫妻と久しぶりにお会いする。野坂さんも現在東京で個展中だそうだ。先日の安藤忠雄講演会ではお見かけしなかったが用事ですぐ帰られたとのこと。野坂さんは私の事を見つけていたそうだ。気付かなかった、人多かったし。

C-POINTのポスター・チラシ・ハガキを久我額店と成幸へ置かせていただく。



私は夜に飲み会があるので夕食を食べない。約束の店まで送ってもらう。
焼鳥で飲む。マイミク3人「とり政」に19時半から閉店まで。
なんとも楽しい飲み会。この3人で飲むのは初めて。それぞれとはそれぞれに飲んでますけど。話題はあちこちに脱線して舞い上がり急降下する。楽しいお酒になりました。
2次会は本町の静かな飲み屋。こあがりで日本酒。
気付くと1時をまわっている。さて帰ろうか。3人歩き。

帰宅途中、桜並木の青森銀行の角で財布を拾う。
千円札数枚とカード類、名前は判るが連絡先の特定できるものはなさそう。
明日交番に届けよう。



告知に「宇田義久展」(6/1 〜 7/3 リアス・アーク美術館/宮城県気仙沼市)、「古山浩一展」(6/13 〜 19 Oギャラリー/東京)を追記。
[PR]

by aura-21 | 2005-05-27 00:56
2005年 05月 26日

母退院 定期点検

青森は快晴。
疲れているかみさんを仕事に送る。昨日も一昨日も整骨院での治療があまり効果なく仕事の疲れが取れないという。ガンバレ!


10時過ぎ、病院へ。母退院。眼の保護で透明なゴーグルを付けている。
同室で同じ日に手術したOさんも退院。家の方向が近いので私の車でOさんもお送りする。バイパス道路を通過途中、快晴の八甲田山の山並も美しいが珍しく岩木山まではっきりと見えている。おぉ…。


昼から車の定期点検でSUZUKIのディラーへ。
この車に乗り換えてから一年が経ったのか。
点検中、近くのお蕎麦屋さんで天麩羅蕎麦とおにぎり。
SUZUKIに戻って終わるまでぼんやりと読書など。

鯵ヶ沢の安田さんより宅配でC-POINTのポスター・チラシ・ハガキが届く。
車の点検後、NOVITA・五拾壹番館・あるち・ジターヌを廻り置かせて頂く。

ジターヌでお薦めの珈琲を飲む。ほのかに甘味の感じられるイ〜お味。
マスターのお試しお薦めの「カフェ・マキアート」もデミタスカップで頂く。
おぉ、これもいけますね〜。
ジターヌで最近は珈琲の味の奥深さにはまっています。ありがとう。
マスターから「お渡しするようにとNからお預かりしてます」とDVDを受け取る。おぉ〜、見たかったDVD「A」「A2」です。Nくん、ありがとう。

その足でかみさんを迎えに。
久しぶりに3人でそろって夕食。



入院付き添いで読み終わった森 達也著「世界が完全に思考停止する前に」。
彼の本をもっと読んでみたいとTSUTAYAへ。ないな。専門書店行かなきゃ。
代わりに、といってはなんだが、以前に探していた橋本 治著「人はなぜ「美しい」がわかるのか」(ちくま新書)を見つけ購入。一緒に 岡本太郎(岡本敏子 監修・構成)「壁を破る言葉」(イースト・プレス)を買う。
岡本太郎の著作は大学時代に読んだ「原色の呪文」くらいだな。

森 達也氏の著作はまた巡り合えるだろう。
ひとまずNクンから借りた「A」「A2」を見ることに。
[PR]

by aura-21 | 2005-05-26 00:54
2005年 05月 25日

術後 ND会(義重さん)

昨夜はあまり寝られなかった。20時半消灯はむしろ疲れる。深夜0時をまわって一度起きてからは寝られない。いつもならまだ起きている時間。
母の術後の付き添いでトイレなどへの歩行補助である。白内障も2回目の手術となると本人も慣れていて実際には(母の場合には)動作が緩慢だがひとりで全部出来るようだ。病院食を一緒に食べてから術後の診断、眼帯を外す。
10時にはすべて終わり再びベットに戻った母を残して帰宅。明日には退院の予定。


バスでの帰宅途中で下車、床屋へ。だいぶ髪がぼうぼう。散髪後に家まで歩く。陽射しが気持ちいい。太陽晴れ晴れ。昼食はあんちゃんのパン。メルチェ。


17時かみさんを迎えに出る。いつもの待合せ場所にどっと疲れた顔のかみさん。
今日の私はND会とその後の親睦会(飲み会)があるので会場近くまで乗っていって降りる。かみさん運転してそのまま整骨院へ。

時間前にドトールで軽く夕食後にNOVITA 4階へ。

黒岩恭介氏による「斎藤義重の浦安時代:知られざる二、三のエピソード」と題した発表。未公開資料に基づいて、義重の困窮と飛躍の浦安時代に光を当てている。黒岩氏の委託された日記資料から発表できるものを幾つか。人間 斎藤義重であり芸術家 斎藤義重の顔が伺い知れる。斎藤が弘前市で産まれたことで「郷土の作家」となった。青森県ならではの国際的現代美術家の斎藤義重についてこれからも深く探られる期待の湧くイントロダクションになったのではないか。

懇親会、毎度の飲み会「北の祭」。別会場から途中参加した3名も合わせて17名で。初顔も2名ほど。
アルコールを飲まなかったC さんの車で家まで送っていただく。ありがとう
[PR]

by aura-21 | 2005-05-25 00:52 | ART
2005年 05月 24日

白内障手術

10時に車の保険更新手続きを終えてから母の入院する眼科病院へ。11時半には手術を受ける人への介護補助で付き添いを一人付けなければいけないため私が付くことに。
昼食後、14時からの手術のための準備で投薬、点滴を開始。
今日は計6人の患者の手術が順次行われる。

今回の右目の手術で両方を終えたことになる。幾らか慣れたのか母も私も手術にたいする心配も少なく手術に向かう。

30分ほどで手術室から戻りベットに付く母。わたしもここで一休憩を。
近くの珈琲店「ジターヌ」で珈琲を飲む。

病院に戻ってもこれと言ってすることもなく持ち込んだ本を読みふける。
夕食。一緒の病院食。20時半消灯で考えられない早さで床につく。
深夜0時を少し過ぎて空腹と寝苦しさで起きてから寝付かれない。
母の動きにも起きて介護補助。
[PR]

by aura-21 | 2005-05-24 00:51 | 健康
2005年 05月 23日

入院 弘前へ買物 BUFFALO'66

母、今日から眼科へ入院。明日おこなう右眼の白内障手術。11時に病室まで荷物よ一緒に送り届けて一旦帰宅。
途中「ジターヌ」にて珈琲を飲み、豆を100g 購入する。ここでの珈琲は今まで感じたことのないくらいにいろんな豆のその味の違いに気付かされる。また先日置かせてもらった「C-POINT 2005」のチラシの宣伝も丁寧に来たお客にむけてして頂いていた。ありがとうございます。
飲んでる途中で知った方もお見えだった。

自動車の一年目の定期検査の予約電話を入れる。26日になる。
午後から教室にお見えの予定だったOさんから仕事で来られなくなった旨の電話入る。昨日の版画ワークショップで使い戻した道具類の片付けが終わっていなかったのですこし助かった気持ち。
17時、かみさんを迎えにゆく。この足で弘前をめざす。かみさんの買物に付合う。
途中、浪岡のつねた食堂で夕食。私は「もやしラーメン」を。
買物は来月釣に誘われているかみさんのアウトドア−なウエアーを見るため。ウインドブレイカを買うため。
結局気にいるものがなく取り寄せすることに。ウエアーから入る彼女なので結構妥協はしたくないらしい。色・素材・サイズ。

青森に戻ったのは10時近かった。


DVD「BUFFALO '66」を見る。Vincent Gallo 監督・脚本・音楽・主演。マルチに活躍する才人。モデルもしているそうだ。
絵も描いているというし、あのバスキアとバンドを組んでいたとも。知らなかったよ。絵の方はネットで探したが探し当らず。
Christina Ricciも可愛く描かれている。(最初は彼女と気付かなかった) ボーリング場での辿々しいタップが可愛い。
脇を固める配役の顔ぶれもいかしている。
あの終わり方が肩透かしなようで意外なようで、何かがクルンと反転した感じ。レイラの最後のショットの眼がなんだか醒めちゃててないかい?
パッケージからもっと暴力的な映画を勝手にイメージしていた。
繰り返し2回目を見たら登場人物みんなに優しさがあることに気付いた。
[PR]

by aura-21 | 2005-05-23 00:50 | 健康
2005年 05月 22日

第11回飛び出せ! オープンカレッジ in 青森

8時にもそもそと起きだす。
今日は県立保健大学の美術室を使わせてもらい「ドアドアらうんど青森」で障害者への社会参加と生涯学習を目的とした「第11回飛び出せ! オープンカレッジ in 青森」が開催された。私もその中で「芸術 1・2」を受け持つことに。

とはいってもムズカシイ「芸術」ではなく版画の実技で「作ってみましょう」です。今年1月にも岩手県立美術館で子供たちと一緒にやったアルミ板を使ったドライポイント(直接ニードルで引っ掻いてインクをつめて刷る方法)をしました。午前(10:50 〜 12:00)7名、午後(13:00 - 15:30)8名。午前と午後を通して参加される方も4名おりました。

県立保健大学の学生さんがボランティア・スタッフで参加者の倍の人数、積極的に手伝ってくれました。今井さん、湖東さんはじめみなさんどうもありがとう。

最初はキョトンとされながらも(説明が毎度へたくそですみません)手順を実際にやってみながらすすめると、みなさんじょじょにのってきました。ひとりで5点つくる女性もおりましたよ。すごいです。

終了後片付け。赤帽運送さんを頼んでもらい一回で道具類を持ち帰る。16時過ぎ帰宅。



夕食後にフラワー温泉へ。
小さな子供を連れたお父さんが何組もいる。まだ4〜5才の子供たちから中学・小学校の兄弟を連れたお父さん。今日は何の日だ ? 様子を見ていると微笑ましい。かわいい長男と長女を連れたお父さんが後ろのカランで洗ってる。そのお腹の出具合、わたしの方が弛んでる…なんだかな〜。
[PR]

by aura-21 | 2005-05-22 00:47 | ワークショップ