AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

弘前「跡から跡へ 2」

弘前へ。田中屋画廊 「跡から跡へ」Vol.2 寒川井光哉展。版画作品。
ここ数年この時期に弘前大学の版画による卒業制作や個展を見る機会がある。卒業を前に自身の制作四年間を振り返る方々がいることをとても頼もしくそして「大変だろうな〜」と(場合によっては)因果な世界にぬかるんでゆく潔さを感じている。何やら苦界に身を沈めるような言い回しでなんだが…。
卒業記念という程度に気軽に出来るものとは思わない「個展」はやはりこれから先を暗示したり案じたりという希望と絶望の混ざりあったジャンプする力(というか決断)が付いてまわる。気軽な青春の思い出に終わらないでほしい…などと密かに願ったりする。

寒川井さんは昨年末に単身 国際芸術センター青森に泊まり込んで版画制作をしていた。卒業制作を学外で作るためだったのか。聞くと「その時から版画制作の楽しさに気付いてもっと作りたくなりました」と苦笑する。いや、卒業間際でもそれに自分から気づけた事ってぜんぜん遅くないと思うよ。
版画作品は版の刷り味の違いを数枚のエディションで見せている。描かれたテーマには植物的な要素が葉脈や葉の外形のように現れ見える。単に額装して綺麗にみせて終わるのではなく、シートのまま「物質」として見せる展示手法もとっている。刷った版画を切り取りコラージュしてみせたり大きな葉のような形を3連に繋げて吊って見せたりもしている。版画の額から半歩飛び出してみせる姿勢がその先にどう展開されるのか。春から上京して別な学校へ進むそうだが、版画も続けてまた別な視点を拡げ見せてほしいと思った。




帰宅して アラーキーの「青森ノ顔」モデル募集(今日〆きり)にメールで応募。どうなるのか?

2月が終わる。速い。
[PR]

by aura-21 | 2006-02-28 13:40 | 版画
2006年 02月 27日

ドアドアのマット 岩盤浴 アラーキー

寒さは戻った週明けの月曜日。風が強い。降雪量はそうでもないが道が凍りついている。


午後から「ドアドア…」の作業へ。
NOVITAの裏に車を停めさせてもらい新町の某ビルへ。先週の続き。学生のサポーター2名とスタッフのYさんが作業を手伝ってくれたので非常にはかどった。当初の予定よりも多めの作品をマットに入れて準備しておく事に。
3月1日に会場での展示作業。この時に会場の様子を見ながら最終的な展示構成することになるだろう。
夕方まで作業しかみさんを迎えに寄って帰宅。



温泉。足のリハビリにはこれがいいようだ(と思う)。
今日は200円追加で「岩盤浴」というのを体験。しかしなんだか呼吸が苦しくなる。圧迫感。私はこういうの合わないようだ。汗をずいぶんとかいたのだが、なんかさっぱりしない。サウナというやつもあまり熱つすぎるとどうもいけないよう。だが…最近かなぁ、苦手になったり呼吸がヤバいのは。歳のせいかな?

外は吹雪。さっさと寝よう。




告知の 写真家 天才 アラーキー撮影「青森ノ顔 縄文ノ顔」のモデル募集は明日の消印有効で〆切り。すっかり油断してたらもうそんな時期だ。Eメールでも募集受付しているので早速画像添付で申し込まなきゃ。かみさんも送ってた模様。彼女がメールに添付しようとしてた自分の写真画像集に唖然。いろいろナルシストに撮りためた画像が彼女のPCに入ってた、 わい。
[PR]

by aura-21 | 2006-02-27 13:39
2006年 02月 26日

昼から寿司 版画教室

休み。11時に起きだす。
今日は伯母の発案で「昼食会」。母、かみさんの4人でどこへ行こうか?
中華にしようという予定が伯母の「中華は嫌い」の一言で寿司に変更。昼前に家を出て、さて、何処が開いているかなぁ?
堤橋の「河庄」へ。12時開店に30分前到着だったが、外で待つよりも入れてもらう。
昼飯に寿司屋というのも(回転じゃなくて)なんだかリッチ。名目は伯母の退院祝いかなぁ? なんでもいいよ、ご馳走 嬉しい。



14時から版画教室。Kちゃん。
このところ日曜毎に私の方が用事になってしまい、教室を休みにしてた。ごめんね。久しぶり。
Kちゃん、前回やりかけていた銅版画を積極的に加筆。だんだん自分で作業手順を構築していってください。だいぶ自主的に動いてるけどね。いいよ〜。

17時に教室終了後、かみさんと国際芸術センター青森へ。
この週末3日間「木版によるリトグラフ」講座で三戸の栗田さんが来ている。今日で最終日なので一緒に飯でも、と合流。が、アポなしで行ったために不在、、、あら〜、、ちゃんと連絡して行くんだったよ。しかたなく、かみさんと2人でインディーのカレーを食べ、ジャスコを見て、TSUTAYAでDVDとCD借りて帰宅。
[PR]

by aura-21 | 2006-02-26 13:37
2006年 02月 25日

弘前「跡から跡へ1」 ドアドア作業

かみさんを仕事に送る。休日出勤、お疲れさま。

午前中に弘前へ。路面の雪も氷も消えて乾いている。走りやすい。
10時前に田中屋画廊到着。「跡から跡へ」Vol.1 川井美穂展(最終日)を見る。
エンコステック(蜜蝋)の画肌のぬくもり。それは抽象的な画面の中に暖かいものが通ったような肌あい。
昨年の空間実験室での展示以来2回目の個展だそうだ。弘前大学をこの春卒業される。
先週末にデネガで彼ら卒業制作展が行われた。生憎と風邪をひいてて観ることができなかった。
担当教授の岩井先生が勧めたこの連続個展。「跡から跡へ」三名によるVol.1が川井さんでVol.2 に寒川井光哉さん、Vol.3に乗田菜々美さんと続く。
全部観たい。



弘前から青森へ車を飛ばし戻る。正午にはアウガ着。市民図書館から借りっ放しで延滞していたCDを返す。
昼食にチキンカレー。

13時から昨日に引き続き「ドアドア 心の中の美術館 展」で展示する受講生版画のマット切り、18時半まで。
手伝ってくれた学生さんを送ってから帰宅。
[PR]

by aura-21 | 2006-02-25 13:36
2006年 02月 24日

マットを切る

晴れ。陽射しにポカポカする車内、午前中に母を病院へ送り迎えするが、駐車場で待つ間にウトウト。

午後から市内某所へ。今日と明日は来月の「ドアドア ワンダー ランド」に展示する受講者の作った版画の展示準備。
作品に合わせてマットを切る。初めて使う道具の調子を探りながら。
材料の準備などもあるが7〜8点を終える。その材料(道具)探して百円ショップへ。侮れない100均!

版画は私がいつもやっているドライポイントだが、受講者の作品、なかなかどれもおもしろく出来たとおもう。最終的にどれくらいの枚数を展示できるのか。そうしたことも考えながらの作業。

搬入/飾り付けは月末28日と3月1日を予定している。
会期は3月 2日から5日まで。4日の土曜日は午後からフォーラムも計画している。
[PR]

by aura-21 | 2006-02-24 13:35
2006年 02月 23日

明日から木リト講座

昼に青森駅へ。明日から国際芸術センター青森で行われるワークショップ「木版リトグラフ」の講師 栗田 健さん(三戸町立現代版画研究所)とアシストをする磯田敬子さんをお迎えに。乗せてセンターへ。

木版リトグラフには私も興味を覚える。先月にこの下見でセンターを訪れた際にテストで一度だけ作ってみただけだが、色彩を多様できるところや濃淡の表現などが凹版用のエッチングプレス機でできるのが楽しい。明日からの講座はどのようになるのか。(残念ながら私は用事があり伺えず)

創作棟での明日の講座準備。私は15時には帰宅。跡から知ったが準備には21時ころまでかかったそうだ。



夜に近所の温泉へ。
足の方(アキレス腱)をお湯の中で揉んでリハビリ。結構これが効く感じ。
[PR]

by aura-21 | 2006-02-23 13:35
2006年 02月 22日

運動疲労

すこし夕べの後遺症か? 運動疲労か? ちょっと痛い 年寄りの冷や水。

母を指圧に送り迎えの午前中。

夜、またプレステ2。最後まで攻略?したが、その戦闘力レベルで最初の方をやってみる。
すかっとするつもりがすっかりはまって抜けられず。指先の運動疲労。
[PR]

by aura-21 | 2006-02-22 13:34
2006年 02月 21日

グロッサー

夜、バトミントン部活「グロッサー」。Mさんの車でメンバーと一緒に今日の練習会場の「青い森アリーナ」へ。他のメンバーも各自参集。初めて入りましたこの施設。
スポーツで汗をかく…というとカッコいいけども、まだ完治していない左足のアキレス腱断裂をかばいながらリハビリ気分で行いきました、ら、調子にのってみんなとやってしまいました。
(予定ではコートの隅っこでひとりストレッチのつもりでしたが)
もともと体育会系ではないので運動は嫌いでしたが、下手でもこうして準備してみんなとスポーツすると元気になります。ありがとう〜!

その後またMさんの車に同乗して恒例の飲み会。「スポーツよりもやっぱりこれが目的でしたか?」と見抜かれてしまいましたが、「そうです、正解!」
夜店通りの「足湯居酒屋 ひなげし」に移動。…足湯? そう言えばまっすぐ奥の小部屋に直行で「足湯」を見なかったし体験しなかったなァ(と、今この日誌を書きながら思ったしだい)
飲み放題で鍋。運動したあとはビールがうまいわさ。
[PR]

by aura-21 | 2006-02-21 13:33
2006年 02月 20日

診断結果 教室

週明け、脱力ぎみ。
春めいて暖かい。しかし暖気で道がぬかるみハンドル取られる轍の悪路。

母帰宅。先週から伯母の眼科入院に付き添いで泊まり込んでいた。
だいぶ疲れている模様。ごくろうさま。



午後から病院。先週、風邪で行った病院、薬がなくなったのと血液検査の結果を伺いに。薬は用心をとって もうすこし出してもらい飲み続けることに。血液検査の方は異常なし。だが、アレルギー反応になにやらチェックがついてきた。初めて。何に対するアレルギーなのか身に覚えはないものの、「そんなに心配しなくてもいい」との診断。花粉症ではないだろう、だったら今頃大変だ!



昨日のカレッジで作られた版画を集めて額装し展示するのだが事務局との連絡に些か不安。予算の関係や実動できる時間やスキルの問題。しかし展示の日は迫るのです。やるしかないね〜。
版画の部会に私はフォーカスして作業する。全体を統括してくれる視点の人が欲しいのだが、ムズカシイ。



夜、版画教室。
先週のACACでの腐蝕銅版画の講座を受講された方が「作品を完成させたい」というご希望で来訪。お仕事終わりの19時から作業し23時近くまでとなりました。一応 完成させてお帰りになりました。よかった。
熱心な方です。私ももっと真剣で丁寧にならなければ……
[PR]

by aura-21 | 2006-02-20 13:32
2006年 02月 19日

オープンカレッジ

オープンカレッジ」知的障害を持つ成人を対象にした幾つかの講座の中、私は版画で受け持っている。

8時に起きだし今日会場へ持ってゆく道具をチェック。赤帽さんが来る前に1人で降ろせるものを二階から運ぶ。小型プレス機は1人では危ない。昔は1人で担ぎ上げたのだがなぁ、と年齢を感じる。

10時には会場の県立保健大学の教室に版画の道具と材料を拡げて準備。手伝ってくれる学生ボランティア・スタッフ。みんな真面目。アートのサポートというよりもこのオープンカレッジでの発達保障に関して中心にボランティア活動してくれる保健大学の学生さんが中心の方々。

午前と午後のそれぞれ2講座中に参加してくれた方々

オープンカレッジは主催の「ドアドアらうんど青森」からの依頼で今期お引受けしたが、その「芸術講座 感覚版画」も今日が今期最終回。ドライポイント版画で自由に作る時間を持てた。そのことで私もいろいろ経験ができたことを感謝申しあげます。
過去5回のこの講座中に出来た版画を集めて来月3月2日より「ドキュメント Door Door Wonder Round 心の中の美術館・展」という名称で展覧会がある。「ドアドア…」のこれまでの取組みも写真で紹介するその企画は駅前のNOVITAで行われ、会期中の3月4日にはフォーラム「心の中の美術館」も開催される。
私は受講者の版画を展示するための作業でそのお手伝いも週末から準備があるだろう。

帰宅後、持ち出した道具をまた仕事部屋に戻し一息。お茶しに出かけたがどこも人でいっぱい。ドーナッツを買って帰宅。夕食後またドーナッツ食って20時にはちょっと寝るつもりが疲れのせいか、そのままどっぷり朝までスリープ。
[PR]

by aura-21 | 2006-02-19 13:29