AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

大晦日

朝風呂に入ってたらかみさんにドヤサレた。
この大晦日で忙しい時に何をしているんだ!…と怒られた。
風呂入ってたダケなのに…

買物へ運転手。スーパーは混合っている。

神棚の掃除、注連縄飾り、お供え餅を置く。正月の準備。

かみさんは実家で年越し。送ってゆく。
別に風呂が原因で別居というのではない。今年四月にかみさんの実家でおばあちゃんが亡くなり、お義母さん一人での年越しが寂しいだろう…とかみさんだけ一泊お泊りだ。しかし、清々するらしい。私は家で母と年越し。

格闘技と紅白を交互に。どこの局も面白くないがかけっぱなしのテレビ。
23時を過ぎて、いささか無理矢理?「年越し蕎麦」を作って食べてみる。
縁起物? なんだかお腹いっぱいで美味しくもないです。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-31 01:09
2006年 12月 30日

もうこんな年の瀬

10時に起きる。
かみさんはトイレの手洗い水の出る場所をピカピカに掃除して「どうだ!」の感動。
そういうクリーナーを買ってきて試したのだが、本当にピカピカだわ。

母、午前中で終わる病院へ送り迎え。

かみさんは「けの汁」作り。
10種類の材料をとにかく細かく刻む…大根、人参、ごぼう、こんにゃく、蓮根、凍み豆腐…などなど。
私は昼食に焼そばを作る。ちょっと薄味になったかな。

午後からまた自室仕事部屋ヘ行ったり来たり。
まだ年末の作業もあるのだが年賀状すら手付かず。今年は完全に元旦到着は怠ります。すみません。
15時に珈琲…休憩ばかり取りたがる。

夕食後にかみさんは近所の友人宅へ飲み会?
2人だけで楽しく飲んできたようだが。


明日でこの2006年も終了か〜。
今年一年、みなさま どうもありがとうございました。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-30 01:08
2006年 12月 29日

年末の買物

すこし遅く起き出す。母を病院へ。かみさんは伸し餅の小さく切る仕事。

昼食後に買物。母、かみさん、私。年末正月の食材準備、しめ縄なども。
車につけるしめ縄は今回はパスしようかと思う。だんだんそういうものをつけた車も見かけなくなってきた。
段々と正月準備も簡素化し正月という特別な行事を迎えるにも手を抜き出し、ただの連休という意味でしかなくなっている。
新年を迎えるという精神のリセットや心機一転の区切り感覚がなくなってきたのかもしれない。
季節感は風景や行事に託されているのに、特別なことが特別な意味合いを持ちにくくなってきた。
平板化しているので一年の過ぎる速度も加速してきそうだ。精神にもそういう事は影響しているのかも。
買物は数カ所をまわり一旦帰宅。

その後、かみさんと駅前まで。アウガの地下で買いそびれたナマコとかツブとか。
ジターヌ駅前店に寄って珈琲豆を購入。持参のドリンクホルダーに一杯分の珈琲を入れてもらい飲みながら歩く。

霙からヒョウになり雪…。

かみさんの実家へ。毎年いただくお華。水盤に活けた状態でそっと車に乗せて持ち帰る。玄関の下駄箱の上に飾る。
途中でケンタッキーフライドチキン購入。クリスマスの夜は予約しないと買えなかった。とても食べたくて買って帰る。
今夜の夕食はこれとスコ−ンと大トロの刺身…妙な取り合わせですけども。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-29 01:07
2006年 12月 28日

ACAC 延長戦4 大西伸明展

かみさんは仕事納め。
午前中、恒例の餅搗きを母と二人で。5升を三回に分けてのお供えと伸し餅。10時には終了。



午後からセンターへ。
ギャラリーの大西伸明展「desk top, dress, gray」を見る。
樹脂でかたどりし実物と見まごう着彩はマルチプルな版画の範疇ともいえる作業。偽物と本物という言い方も妙で適さないかもしれないが、何でもない日常的なモノをかたどりそっくりに作り並べる。インスタレーションでもあるのだが、フェイクが逆に実物の意味を広げるというよりもフェイク技術で存在の意味や表現の意味が変わるのが面白い。
ギャラリーBでの展示では日常品の表層だけを写し取った「脚立」や「ブロック」など。その表層であることが見えるものの奥行きを裏切って見せる。美術ならではの表層を表層のままに現わす仕事。それでいて表層だけにとどまらない意味。空間の配置はこちらもいい感じ。
注意しないで見たら倒木や波消しブロックや長靴や脚立があるだけで「どこに美術作品があるのだろうか?」と見過ごされそうだが、この感じがいいですね。

創作棟へ。今日で借りられるのも最後です。
思うように仕事ははかどらなかったかもしれない。課題を残しつつ来年へ。

途中で抜けて事務室にて打ち合わせ。来年1/13のワークショップについて。

戻ってもうすこし刷る作業、そして後片付け。すぐ裏の搬入口まで道に雪が少なく車を回せたので助かった。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-28 01:06
2006年 12月 27日

ACAC 延長戦3 送別会

すこし生暖かいが風も雨も強く吹き荒れている。

センターへ。秋AIRの作家 武内さんは今日で福岡に帰る予定が天候が荒れて飛行機欠航。可哀相に次の便は明後日。
今夜もう一泊センターに泊り、明日はサポーターのS子さん宅とか。お元気でね〜

今日もストレートに仕事は進んでいないのが自分でも判る。困った困った。



19時からWさんの送別会。中華料理店にて。
会場に一番で着いてしまうとまだ誰もいなくて…なんだか悲しい。(笑)
壽退社し結婚後はご主人の勤務地ロンドンにしばらく住むそうだ。なんだか夢のようなおとぎ話のような状況ってあるんだね〜。
集まった女子チームも別れが寂しいのと、友人の理想的結婚に少し複雑な模様も読み取れる? (笑)
送別会参加者の集まり方がゆっくりぽつりぽつりで7〜8人程になってからやっと第1回目の乾杯。誰か来る度に乾杯を繰り返して9回は乾杯しただろうか。
「おめでとう」「結婚は人生の墓場だ」「お幸せに」「むこうから便り頂戴」…いろいろな激が飛び交う。

自分は車で来たのでウーロン茶専門で中華料理を食いまくります。

2次会にはWさんを入れて六人が残りました。「ののはな」にて、みなさんの話っぷりにじっと耳を傾ける私。
Wさんは新潟出身者。この青森に来て5年目だそうだ。もっと以前からこの街で仕事をしてきた人かと思っていたのだが。
Wさんも美術に関りの深い職場だっただけにそこからすっかり辞めて主婦業というのももったいなく残念。ロンドンにいる間にその方面の知識や情報をたっぷり吸収してまたお目にかかれることをみんなが願っている、そんな送別会だったと思う。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-27 01:05
2006年 12月 26日

ACAC 延長戦2

乾燥と湿度のバランスか。
考える事は技法的なこともそうだが作品としてのことも。集中力はそんなに持続しない。せいぜいが20〜30分か。
ついつい新聞紙の記事に眼がゆく。それも昨年の記事だったり。あぁ、これじゃ進まないし中断する訳だ。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-26 01:05
2006年 12月 25日

ACAC 延長戦

23日まで借りていたACACの創作棟と版画室だが、作業がうまく進まないし出来上がりも満足できない。
借りる日数を延長する手続き。今日から28日まで通う。



途中でセンターを抜け出し人と会い作品を見てもらう。
小品多数持参して会ったのだが相手の方はイメージ的に先日の仙台での個展DMに使った作品が見たかったそうだ。
仙台の画廊へ電話し送ってもらうことをお願いする。高橋さん、お手数をおかけします。
年明けにまた作品持参でお会いする約束をして別れる。どうぞよろしく。

センタ−へ戻り制作の続き。携帯に秋元さんから電話。「あかりのありか」の案内状デザインを見て欲しいとのこと。
センター終わってから直接寄るがもう20時を過ぎたころ。夜分すみません。デザインは灯りっぽくて素敵です。配列する参加者名でもう一度チェックする電話を数カ所にかける。携帯大活躍(でも定量金内に納まるようにしないと)…。
明日朝に決定する内容などもあるがとりあえずは年内(明日中)の入稿は可能のようです。
おしゃべりして帰宅。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-25 01:04
2006年 12月 24日

クリスマスなんて

今日はセンターでの制作もお休み。
気付けばクリスマス・イブ。
かみさんと買物に出たついでに昼食を合浦町の「おお田」にて醤油ラーメン。
私は黒醤油、かみさんは紫醤油。
混んでいます。

図書館に延滞したDVD「戦艦ポチョムキン」返却。
地下の鮮魚市場にてタラコ&筋子(壊れた安いやつ)購入。
ラビナの喫茶店でクッキーとお茶。

街はクリスマスムードだが自分には年末も正月も関係なく、頭の隅にある制作ビジョンの未決定項ばかりが引っ掛かる。
まだ年賀状すら書いていないなぁ…

ここしばらくここ
ここしばらくセンター通いで家の買物をしていなかった。冷蔵庫がスカスカ。野菜類の買物にスーパーへ。

ホーマックで明日使うアルミなども購入。足りない。



帰宅、夕食前に温泉へ。
最近オープンした「フラワー温泉 やえだ」店。
混合っている。浴槽も数種類ある。

最近は新しく出来る温泉も多く、そこには人の波が押し寄せるちょっとした温泉ブーム?

帰宅後にカツ丼を作る。クリスマス・イブに「カツ丼」というのも妙だが、食えればなんでもいい。
鶏モモは食べたいと思わない。しかし食後のケーキは買ってある。甘いものは別腹である。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-24 01:03
2006年 12月 23日

ACAC 6日目

創作棟へ。
借りていた期間は今日までだが全然足りなかったので延長をすることに。


19時を過ぎてせんア−を出る。
18時から「アート井戸端」だったが作業手順で止められない。残念だがパスしました。
帰っても飯がないかとイトーヨーカドーに寄る。ケンタッキーでは予約注文してないと買えない。
諦めて家に連絡。手巻き寿司だったそうで残してあるそうだ。ちょっとだけ食材などを買い帰宅。
クリスマスムードの街。関係ないし〜。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-23 01:02
2006年 12月 22日

ACAC 5日目

コクーンカフェへ寄るとまだ開店前。マフィンをいただいた。ありがとう。
お店は今日で終わりしばらく冬期休眠に入るそうだ。落ち着く店なのでしばらく寂しい。

センターへ。
[PR]

by aura-21 | 2006-12-22 01:02