AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

雨の東京ぶらぶら

雨の東京。結構降ってる。
傘をさすのがいやでアウトドア−な携帯のレインコートを持参。しかし…蒸れる…。

久しぶりに中央線で西荻窪まで。西荻の「ブリキ星」というギャラリーで青森の陶芸作家 安藤郁子さんが個展。もちろん本人はいないが青森での展示が少ない作家なので見に行く。西荻も久しぶりだ。阿佐ヶ谷に住んでいた時にはここら辺まで自転車で廻るテリトリーだった。

ブリキ星は通りからすぐに見える。新しいが三和土がある小振りな空間。すこし高くなって奥に板の間があり、その右側がもう少し高くなって3畳ほどの畳が敷かれている。店主の方が畳の上で膝を抱えて座っている。むこうも無口、私も不必要なことは言わない。じっと作品を見てまわる。お茶を出していただいた。お礼を言って畳の縁に腰かけお茶を戴く。

安藤さんの陶のオブジェは大きな耳の生えたような形。台座に付いていないと自立しないアンバランスな構造。その不均衡に佇む姿に静寂と緊張感が漂う作品だと思う。もちろん陶という素材の持つマチエールも手伝っている。でも、このブリキ星の画廊空間に高低を付けての展示は全体でインスタレーションのような空間との関連性とか目線からくる位置関係の何かを(陶である器とは違った意味として狙って)演出して置かれているのだろうか。オブジェでも作品の素材からどうしてもイメージされる掌的内宇宙で充実してしまうことと、こうして会場空間に意味を持たせたように配置することがいま一つ折り合っていないようにも見えてしまう。好きな造形で好きな質感だからこそ、すべて同一に並べてもいいのではないか…そうしないこだわった部分は一度本人に聞いて確かめてみたいことのひとつ。
20分ほど(雨宿りもかねて)ゆっくり作品をみる。

まだ降りしきる西荻、せっかく来たので「この近辺に他に見どころはないだろうか」と安藤さんの携帯に電話。(携帯もこういう時に便利。かかってくる方には唐突で迷惑かもしれないけど)数軒のお店を教えてもらう。

ギャラリーみずのそら」へ。ちょっと路地を入った住宅街の画廊&喫茶。店の名のとおり小さな四角い水辺空間のあるお店。
ギャラリーには井上陽子さんという作家のアッサンブラージュ作品が並んでいる。出来たての画廊。みずみずしい。作品も空間も。
奥のテーブルに腰かけ珈琲を頼む。この雨では他にお客さんもまだいない時間で、オーナーの小峰恵子さんが話しかけてくれる。青森から来たことや明日から銀座でグループ展なことを話すと拙作にも興味を持ってくれた。作品の載ったポストカードと名刺をお渡しする。「ご都合がよければ明日 銀座の方にもお運びください」と手描きで展覧会の情報を書いてお渡しする。(DMを持っていなかったことが残念でした)
その後、梅田香奈さん(ガラス)と小柳和子さん(新潟からおみえだった)というジュエリー作家お二人がお店に来て、オーナーさんが「ご一緒にスープとパンでもいかがですか」と誘われ同席しお話が出来た。偶然に入った場所だったのにいろんな方々と知り合えました。

お店を辞して西荻窪の駅に向かう。途中骨董と陶芸の店「魯山」へ。ここも安藤さんの電話で教えてもらった店。
しばらく店内で器を見ているうちにどうしても欲しくなり酒杯をひとつ買う。骨董ではなく現代作家の器。
骨董(昭和頃?)のガラスのコップにも欲しいのがあったが、旅の始まりで数を買うにはちょっと勇気が要る。残念だがそれは諦めて駅へ向かう。
雨はまだやまない。ますます降りが強くなっているようにも感じる。傘を持たずにアウトドアな携帯レインコートを持参。出したり仕舞ったり。

新宿へ。世界堂を見る。版画の道具でもみようと思ったが教材用の道具が主で専門家用はない。
「文房堂に行けばよかった」…と後悔。本当に今回は行きたい場所・寄りたい店・食いたいもの、その全部に見放された徘徊行動。

そして六本木へ。新国立美術館でも行こうと思いながら地理不案内…。結局は元防衛庁の跡地に出来た「東京ミッドタウン」へ、場違いに迷いこんだ。なかには幾つかの美術館も入っている…サントリー美術館で開館記念展「BIONBO -屏風 日本の美-」を見る…止めておけばよかった…閉館間際で見終わるともう17時半を廻っている。六本木の美術館は遅くまでやっていると(どこで見聞きしたのかそんな勘違い…今日は日曜だし)、携帯で伊東さんに新国立美術館の場所を確認し歩き出す。向かう道のむこうから大勢の人波がこちらがわに押し寄せてくる。私はその人波に逆らって逆走している。波の源流は新国立美術館だった。閉館でお客を吐き出している。守衛の規制でゲートの中へはもう入れない。夜の新国立美術館の外観をデジカメに撮ってその場を離れる。
もう一度「東京ミッドタウン」をうろうろしてたらもう入れない館内のガラス越しに見覚えのある作品のかかった空間、、、あぁ、百瀬さんの作品だぁ。すごい仕事してるんだなぁ

c0156162_2375223.jpg

[2008年正月に百瀬さんから頂いた年賀状の写真より]

時々の雨。…そうだ阿佐ヶ谷へ行こう。
メルトモの方がカフェ・フラスコという喫茶店で明日から二人展と聞く。
20時くらいからその展示搬入と聞いていた。実はまだ面識がない。阿佐ヶ谷は昔住んでいたテリトリー。会えなくても周囲の変貌を見て確かめたかった。しかし…その店の場所がワカラナイ。雨の中、携帯のレインコートを羽織りJR阿佐ヶ谷駅から青梅街道までの間を3往復。はて!?
腹が減ってきた。その喫茶店で食べようと思っていたが見つけられない。阿佐ヶ谷南のアーケードのかかったパールセンター商店街を食べ物屋を探して歩く。ミートソースパスタの専門店「ミート屋」を発見。下調べした訳でもない。カウンターだけの店で数人の客が待っている。ひとりで入るには丁度いいか…並ぶ。大盛りを頼む。丼に盛られたパスタにミートソースをからめて食べる。うまいねぇ。

もう一度 ケヤキ通りを歩くと狭い路地を10m程入った場所にその「カフェ・フラスコ」を発見、てっきり通りに面してある店と思っていたので見つけられなかったンダわ。お店は既に閉店。ガラス越しに店の中が見える。おうおう女性二名がこちらがわに背を向けて展示作業中。奥の店主らしき人がこちらを見る…雨の中レインコートを着てじっと店内を覗く不審なヒゲヅラ男を警戒する眼でチラ見している。が、展示作業中の女性は気づかない。面識もないので私も入っていけず、2分くらい中の様子を外から見て名乗らずに駅へ向かう。やれやれ…シャイである。

終日の雨で身も心もすっかり湿り気を帯びました…で、9月が終わる…。
[PR]

by aura-21 | 2007-09-30 00:35 | ART
2007年 09月 29日

東京トンマ漂流 搬入 東京の夜

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by aura-21 | 2007-09-29 22:22 | 観光
2007年 09月 28日

上京 佐々木薫展

午前中に展覧会の作品をヤマトの美術品運送の窓口より発送(2個口)。意外と安いが保険は作品自体にではなく額にかかる。
12:49 のJRで東京へ。八戸乗換えで新幹線に連絡。新幹線は全て指定席。3人掛けのシートの窓側。通路側の先客2名は若い船舶関係(遠洋?)の先輩後輩の男。昼間からビールを飲みずっと雑談に夢中…『おしゃべりうるさい…ここ飲み屋じゃない』と思いながら自分は寝たふり。
17:08 東京駅着。改札を出たところで携帯が鳴る。Kから携帯に緊急電話。構内がうるさくて内容がよく聞き取れないが…えっ!? …驚くというか…ちょっと呆れる情報。雑踏がうるさく会話が成り立たないので一旦切る。



東京駅から歩いてすぐの距離にある田中画廊は初めて入る画廊。友人の佐々木 薫さんが個展中。DMをもらっていたが丁度いいタイミング。メモしてきた会場までのルートを見ながら到着。佐々木さん、驚いた顔、元気そう。
「Make Everybody a Nurse Project」
ナース姿(数点だが忍者も)はDMではちょっと判らなかった(実際にナース的な服を着せているのかと思った)が、友人達に普段着のまま「慈愛」を現わすポーズをしてもらい撮影した写真に絵筆でナースのコスチューム(忍者も)を描き込んだ写真(数点は大きく出力した写真に油彩で加筆した)作品がずらりと並ぶ。う〜む。写真と手描きの交差も面白いがテーマに選んだ「ナース」というのがまたコスプレでも王道? 全員がマスクを付けて顔を隠している(忍者も顔を隠す点で同じ)のだが、マスクというのが私にはなんだか「手術中」の生々しさを連想させる。着衣に血でも飛び散っていたら…そりゃまったく違うコンセプトになっちゃうけど…まさに生理的に何か出てきちゃうだろうな…と作品前で思う。
偶然にも会場で数名の知人に久しぶりにお会いする。「お元気ですかァ?!!」
閉場時間の20時までいた4人(佐々木さん、伊東直昭さん、村上慎二さん)で晩飯にでも、と…軽く飲む…地下の酒場「天狗」。
上京初日から久しぶりにアポなしでも会えたみなさんと楽しく飲んでしまいました。ありがとう!

今夜からの宿、妹のところへ。0時を過ぎていた。歩いた歩いた…東京での漂流(…って、そんなかっこよくない、むしろトンマな感じ)が始まる。
[PR]

by aura-21 | 2007-09-28 00:30 | 展覧会
2007年 09月 27日

作品梱包

額装を終えた作品をもってきて袋作り。こまめな作業。母手縫いの黄色い袋は作品よりも手がかかっている。サイズの変更もあっていろいろ予定通りには進まない。
今日中に作品の梱包を終えて明日JRに乗る前には宅配所に預けないといけない。

これから身の回りの荷物もパッキングしないといけない…と言う間に0時を越えてしまった…。
[PR]

by aura-21 | 2007-09-27 00:35
2007年 09月 26日

日常

秋晴れ。夜には冷え込みもう半袖では寒い。
午前中は母の病院介護運転のようなもの。

ジターヌへ寄り珈琲。豆も少々。

その後に額屋さんへ、額装完成は明日の模様。
やはり小品で埋める形の展示となりそうだ。

デパートの「京都展」でロールケーキ購入。柔らかい。
朝と夕方にトウモロコシ。どちらも夕べの月見に供えたもの。
[PR]

by aura-21 | 2007-09-26 00:28
2007年 09月 25日

十五夜

日中に買物。十五夜に供えるものを買う。
大粒のにわか雨。駅前の裏通り、買物客が雨宿り。


DVDを返した後に夜のドライブ。月がきれい。まぁ市内を小さく1周する程度。
[PR]

by aura-21 | 2007-09-25 00:25
2007年 09月 24日

思い出せない

休み…ボケ〜ット。

なにしてたっけ…おれ。。

夜にまたアルコールが欲しくなって近くのコンビニへ。
「おいしい酸化防止剤…」と読めるお安いワインを買って戻り1本空けてしまう。
(正確には「おいしい 酸化防止剤 無添加 赤ワイン」なのだが…)
嗚呼、これじゃ記憶もかすれます…。



DVD「かもめ食堂」
[PR]

by aura-21 | 2007-09-24 00:24
2007年 09月 23日

秋のお彼岸

晴れ。

市内の霊園へ墓参り。
「残暑見舞い」申し上げれるのは「秋分の日」までというが、今日もギリギリ陽射しがきつい。墓地では日傘が必要なほどに暑い。
遅い昼食に龍園の蝦飯。

昨日お邪魔して作品ファイルをお預けしたtさん宅へ。
そこへYさんが陽に灼けて釣果を持ち帰り夕食の準備。
Yさん本日お誕生日。おめでとうございます。お幾つに?

残念ですが夕餉の招待をお断りして帰宅。すみません…。



「版画トリエンナーレ」用の短い文の推敲。メールで送信する予定。
書類送付の時に作品サイズの欄を暫定的に1m×1mと記入していたが、実測しないで提出してしまっていた。
規定の最大サイズより小さいから「まぁ、いいかぁ〜」と思っていたので問合せに苦慮。
入選した作品は複数枚の作品を一額に入れた「組作品」。
シートサイズでの表示は出来ない。この意図を汲んでもらえるだろうか。
[PR]

by aura-21 | 2007-09-23 00:23
2007年 09月 22日

トリ

「あおもり国際版画トリエンナーレ2007」の展覧会は2007年11月24日(土)〜 12月 9日(日)青森市の国際芸術センター青森にて行われる予定とか。同じ作者の複数応募した作品(1人3点まで)は選外になった作品も入選したものと一緒に展覧会の終了後に返送されるそうだ。作品の作業手順や管理上(応募総数が多く)特定のものを抜き出し返却することは応募総数が多くて困難である旨、お知らせが届く。残念だがしょうがないです。
10月のグループ展にその1点があれば大きさ的に釣り合いがとれると思っていたのだが甘かった。どうしようか…。
小品ばかりのか弱いコーナーになりそうだ。まだ時間があるので何か工夫できないだろうか?…でももう来週には搬入だわ…無理(笑)。

額装の変更をお願いしに額店へ。むずかしい比率だと思うが無理を言ってまた作り直してもらうことに。

市民図書館へ。CD返却、新たにまた2枚を借りてくる。


tさん宅へ近作ひと掴みファイルしてお預けする。気に入っていただけるものあるだろうか。
夕食に誘われたが急用で伺えず…ごめんなさい、残念です。


…飲みたい気分…飲んじゃおっ…
祝う感じと全然違う、いろいろ鬱積していることとか溜息ばかりのこととか…厭なことを全部飲み干したい感じ。
独りで飲むには…いつもの「港屋」さん。マスターの奥さんであるs先輩にも久しぶりにお会いした。
[PR]

by aura-21 | 2007-09-22 00:22
2007年 09月 21日

入選通知

「あおもり国際版画トリエンナーレ2007」事務局より拙作「浮力の実 2007-B」の入選の知らせが届く。
…おおおおぅ、飲まなきゃ(笑)

カタログ製作の関係で幾つか質問も添えられている。
応募要項の提出が先でその後に作品受付があった。要項に記載した内容と実際に出来て出したものにすこし誤差がある。まぁ基本は一緒なんですけどもね…(笑)
どんな展覧会カタログが出来上がるんだろう…その前に質問に返信しなきゃ…サイズとか技法とか使っている紙とか。こんなアンケートって必要なのかなァ?

2点を応募しそのうちのひとつが入選した。選外になった方を返却いただければ10月の展覧会に展示しようと思っている。
返却はいつ頃になるのだろう。間に合うだろうか…。事務局に問い合わせてみる。


さらに小品5点を額装にまわす。額装の出来たものから持って帰る。
[PR]

by aura-21 | 2007-09-21 00:21