AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 31日

記憶 校正

今朝は夕べのアルコールのせいか、時々飲んだ翌日はやけに早く目が覚める。

記憶がぜんぜん無いということが、この歳になって身に押し寄せている。アルツハイマー的な病気とまでは言わなくとも加齢のせいかそうした真空部分。昨日も「あかりのありか」打合せでメンバー名を列挙しようとしていてぜんぜん思い出せなくてペンが動かない瞬間があった。朝起きてから昨日のそのことを反芻、病気の予兆なのか、この歳廻りではよくあることなのかの判断がつかず、ネガティブなことばかりに思いが巡る。


母を病院に送り届けてから、デザイン事務所stuff、村上さんのところを訪ねる。
ハガキのデザインの校正。メールでやりとりするよりも、こっちの方が速くし解りやすい。モニターで見ながらの数ミリ単位の(ほとんど感覚だけで「チョイ上げ、チョイ下げ」の指示)移動や文字級数の上げ下げ。ありがとうございます。

先週校正した盛岡 ギャラリー彩園子での個展の案内状はもうそろそろ出来上がってくる頃。来週土曜に迫った搬入。まだまだすることいっぱいある。まずは制作自体が終わっていないことに重い気分がのしかかる。



13時、NOVITAへ。森内さんに「あかりのありか」の件で。
「飯でも食いましょう」と裏のピッコロでカルボナーラをご馳走になる。
ついつい、いつもご馳走になっています。ご馳走さまです。ありがとうございます。



東京の友人とメールなどやりとり。
私は今日が土曜日と勘違いしていたようだ。
[PR]

by aura-21 | 2008-10-31 17:23
2008年 10月 30日

新そば あかりのありか

昼食に「こけし庵」で蕎麦。
先日食べた新そばの味がまだ脳裏にあって「再度」立ち寄ってみた
今日は「板そば」というのを頼んでみる。天ぷら付き。
太めで歯ごたえを楽しむ。のどごしを味わうならば普通のそばがいいか。
揚げたての天ぷらに焼き塩ぱらり、、美味い。
蕎麦湯も。お品書きの中に蕎麦湯はひと手間かけて濃厚にしている旨書いてあった。
「やはり」と納得。



夕刻バスでダウンタウン、NOVITAへ。
今年も「あかりのありか」開催。ミーティング。こんなにも早くちゃんと事前に集まってMTGできるなんて初めてです。新しく5名が参加。顔合わせ/紹介も兼ねて都合のつく方々で集まる。12名参加。
席亭の森内さん、別な打合せとバッティング。NOVITA隣の「空間研究所」(元BAR)で打合せ。後日、今日参加出来なかった方々へ情報(会期など)をメール配信。
今日現在20名+1ユニットの参加メンバー。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by aura-21 | 2008-10-30 17:16 |
2008年 10月 28日

焦/忙? ナマステ

このところ日誌にまで時間と気力を廻せない。
説破詰まっている、というか。遅々として進まない制作に困惑しながらぬかるんでいる。
後から日誌も追記したり書き換えたりして、記憶をいじる。
思い違いよりも、表現方法。後から読んでも自分で「意味不明」な感覚に愕然とする。、、で書き直してあーだこーだ改ざん。誰が見ているのか判らないが、自分が一番の読み手であるから備忘録風味。文学でも評論でもないんだし。




とはいいながら、、、言行不一致。

陶芸家の安藤さんのアトリエを訪ねる。
11月14日(金)〜16日 (日)に弘前のDenega Galleryで開催される「Namaste Art Exhibit (Everest of Apples)」はネパールの学校建築支援。その寄付金集めに小作品の提供をアメリカから来ているジョアンさんに依頼された。安藤さんも提供する。私も小さな版画(シートが5cm角)を額装したものを2つ出品しようと、安藤さんに託すために立ち寄った。
安藤さんも個展が近くて忙しさは私同様なのだが。
「ちょっと寄って作品を置いたらすぐ帰りますので」と言いながらも、風邪で幼稚園を休んでビデオを見ていた安藤さんの娘の顔を覗きに上がり込み、チャイを頂きながらお喋りしてしまう。人と話していると時間はあっという間に過ぎるもの。「ちょっと」のつもりが2時間半は居たかも。お互いに苦笑。

以前に塩化第二鉄溶液を分けてあげたお礼に安藤さんの作品を頂いてしまった。
なんか、、、悪いですねぇ。
でも嬉しく頂戴しました。
[PR]

by aura-21 | 2008-10-28 17:37
2008年 10月 26日

新そば 陶芸とゆぱんきと絵本の原画

雨。
早起きするつもりが起きたらもう11時。
夕べ一人で晩酌してて飲み過ぎた。まだすこし酔った感じと胃の重い感覚。

母、「農業会館へ乗せてゆけ」命令。
ヒョウ害りんごや農作物の特売会をやってるらしい。運転手。


昼食にそば。初めて入る「こけし庵」で「天ぷらそば」を頼む。
天ぷらはまだすこし胃に堪えるものの、、美味い。「雪塩をふってお食べ下さい」のとおりに指先に摘んでパラパラ。揚げたてサクサク。そばがまた「新そば」で美味い! 本当に美味い!! くどい程言うが、美味い!!! 季節です。香りも食感も素晴らしい新そばでした。
そして「蕎麦湯」がまたいい!
前にも書いたけど、蕎麦湯の最後の方の「とろり」感が好きだが最初の方はどうしても薄くて水っぽい。しかし、ここの蕎麦湯は最初から「とろり」なのだった。蕎麦湯用にそば粉を足して作っていると思われる。蕎麦湯そのものが品数になっている。
壁の「たばこご遠慮下さい」も味にこだわっている風。
先客が食べていた太いそば。あれも気になる。また足を運びたい店。



買った野菜と母を家に届けて、一人弘前へ。

鳴海要記念館で開催している高橋由佳さんの陶芸展へ。
もう会期も明日まで。だいぶ作品もすこしの残り具合。
ぐい飲みと小振りのお茶碗と陶のボタンを2つゲット。丁度持っていた蛙の携帯ケースを差し上げたらボタン2つ頂いた。ありがとう。ボタンはゴム紐をつけて髪留めにします。


ゆぱんき」へ。
パンプキンチーズケーキと珈琲。まったり。
harappaの奈良岡さんが用事で来てちょっと立ち話。その後から来たお客さんは久しぶりにお会いした清水さん。すっかりリンゴ娘のような絣の衣装。リンゴもぎをしてきたそうです。



harappaへ。開催中の「荒井良二の展覧会 日常じゃあにぃ」を見る。
見とれる絵です。絵本作家さんの原画展というような想像ででかけましたが、確かにそれもありますが、いい絵がたくさん並んでいました。いい絵というのがどういう絵のことなのかは上手く説明できませんが、心に素直に何かが届くようなものではないでしょうか。
絵の前を何回か行ったり来たりしました。
一番奥に大きなキャンバスがコンパネに打ち付けられて掲げられ、そこに猫のような大きな顔をした絵が掛けられていました。会期中に催された作家さんのライブペインティングだそうです。1時間程、子供たちにお話をしながらその物語の絵を描いてどんどんお話の進行に従って絵を描き足し上描きして出来たものだそうです。塗り込められたたくさんの絵がその下に隠されていると思うととても興味深かったです。アクリル絵具でしょうか。けっこうなマチエールもあります。
「自分をカボチャだと思っているリンゴ」という題名のお話からスタートしたそうです。スタッフの方から伺いました。


18時も過ぎて、小雨の中を家まで車を飛ばして帰る。腹ぺこ。

夕食後に制作。小品ばかり。
[PR]

by aura-21 | 2008-10-26 02:26 | 展覧会
2008年 10月 23日

津軽弁の日

今日はすこしだが仕事がはかどったのか、、でもぜんぜん足りないけど。

ペースが見えたかな、、というか、なんというか、、、。



母ひとり「津軽弁の日」へ車で送ってゆく。ある方からそのご招待券を頂いた。どうもありがとうございます。
私は現在、個展に向けて気もそぞろ状態。何処へも出かけたくない精神状態。
母にこの招待券を譲って夕方から21時過ぎまで、一人で家に籠ることにした。その意味では非常に嬉しい。

16時過ぎに(開場が17時なのに早々と)会場まで送り届ける。


額屋さんによって額装の作り直しについてお話を伺う。お手数をおかけします。
ありがとうございます。



「楽しい万年筆画入門」という本を書店で見つける。
高校・大学での先輩 古山浩一さんの出した本。万年筆で絵を描こうとは思わないが買ってみる。




21時近く。「津軽弁の日」会場へ迎えに車を出す。
会場近辺はタクシーの列。すごい人波が流れ出る会場周辺。ぐるりと会場1画を1周して裏側で停車していると携帯が鳴る。「裏側」と告げて合流。
楽しかったそうだ。早めに列んでいい席に座れたようだ。よかったねぇ。

[PR]

by aura-21 | 2008-10-23 14:14
2008年 10月 22日

案内状

午後にstuffさんへ。
11月の盛岡での個展の案内状、デザインをお願いしている。
行く途中で珈琲とケーキを買おうとイトヨに寄ったら、偶然にも期間限定で「ジターヌ」さんが出店していたのでそこに決める。グッドなタイミングでした。

デザインの校正。
メールでやりとりするよりもその場でPCを使って作業。1回で決まりました。
stuff 村上さま、お世話になります。
会期までもう間がない状態なので頼もしく、ついついギリギリまで引っ張ってします。申し訳ありません。もうひとつ額屋さんにも、同じくギリギリまで待たせて急がせてしまう悪い癖です。
治せるのかなぁ。


また古着屋に寄る。シャツと薄手のコートなど。三点購入。
[PR]

by aura-21 | 2008-10-22 11:47 | 展覧会
2008年 10月 20日

ペット

なかなか仕事机に向かえない苛立たしさ。
ちょっと出かけると、ついあちこちうろつく習性。
どうにかならないものか。


最近はペットが「ヌカドコ」。
一日に一度、かき回す。菌なのか塩分と糠の成分が沁みるのか。漬けるのは「カブ」が美味しい。かき混ぜて酸素を供給。犬の散歩をさせるように、手をかけてあげるという意味では「ペット」であるかな。
[PR]

by aura-21 | 2008-10-20 12:02
2008年 10月 19日

マロン

絵本の件。
創創舎の嶋中さんとtmさん三人で新町の喫茶店「マロン」にて会う。

喫茶マロン。前に1度入ったことのある店。アンティックの柱時計が幾つも壁に掛けられている。昔ながらの喫茶店。この書斎的、あるいは文学的な雰囲気を持つ空間は今ではなかなかお目にかかれなくなった貴重な場所だろう。
一番のりして窓辺の席にすわって外の景色と店内を見比べながら二人の来るのを待っていた。

まだ出版されると決まった話ではない絵本。コンペへのエントリー。
tmさんはストーリーに合わせて5〜6点の絵を描きあげてきた。すごい。
私は1話1点の準備。審査でもしも決まれば? 追加で描けばいいかぁ、、くらいに安請け合いでしたもので、、すみません。
さて、さて、結果は来月初頭だそうです。


c0156162_23523733.jpg

駐車場に面した壁に蔦。銭湯の絵のようだ。



深夜、提出の資料をまとめたデータが嶋中さんより届きました。
ご苦労様です。ありがとう。
[PR]

by aura-21 | 2008-10-19 13:50
2008年 10月 18日

気弱い

晴れ。

夕刻に案内状デザインを頼みにstuff 村上さんを訪ねる。
会期はもう1ヶ月を切っている。DMもこれからの着手。ご迷惑をおかけしています。
ありがとう。すみません。



絵本の締切りが明日になった。すこし加筆。でも「どよ〜ん」としてて、「これでいいのか?」という気もしている。ボツならボツで、、しょうがないかぁ。Sさんの力になれず申し訳ないけど。
引っ張り込んだtmさんにもすまないな。
いやいや、見てもらってから判断することですね。事前に気弱では、、いけません。
[PR]

by aura-21 | 2008-10-18 12:20
2008年 10月 17日

酒器

c0156162_00828.jpg

今夜は日本酒にすることに。

私の最近愛用している晩酌酒器セット。
骨董屋で昔買った隅切り盆の上には1合も入らない銚子に小さめのぐい飲み。
桑の木の箸。おかずは手製の糠床で漬けた白カブ。


日本酒が合う季節になってきましたねぇ。
[PR]

by aura-21 | 2008-10-17 23:58