AURA版画工房 日誌部 「むげたほげ」

aura21.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 18日

仙台へ 中学生デート

8時10分発、青森駅前から仙台行バスへ乗車。
4時間少しで仙台到着。天気は曇るか小雨の予報と聞いていたが快晴。じりじりと暑い。青森から来ると仙台の都市化した街並は舗装した地面からの輻射熱もあるのか倍以上に熱気が立ち上っている。


今夜から二泊する東横インへ荷物を預けて会場へ。
しかし暑い。熱射が肌に刺さる。シャツは吹き出す汗ですぐにぐっしょりと濡れてくる。

明日からの展覧会「Sendai Artist-run Place オープニング展」
展示作業の始まる前で壁には作品が立て掛けてある。
TAKAHASHIさんやSARPスタッフのsatateさん、後からAONOさんもお見えになった。
持ち込んだ三点を拡げて開いているスペースに立て掛ける。
ホテルからの道すがら肩に担いできたが肩口の汗が風呂敷を通して中の箱にまで達している。水分に少しふやけた段ボール箱が情けない。
「作品展示の作業はこちらでしますので」という言葉に甘えることに。
発汗作用で気分もボーッとしているから手伝いにもならないだろうな。
すみません。自分の作品だけでも展示作業するつもりでした。

しかし、後は何も予定がない。明日の夕刻にこの会場でオープニングパーティ。それまでの26時間をどう潰そうか。



中学時代の同級生kさんが連休でもありちょうど時間があるそうだ。
案内状を出していたので今日の搬入での在仙を知っていた。
携帯メールで連絡をとり「藤崎 青葉通り口」で合流。
お互いにいいおじさんとおばさんである。こうした対面は見えなかった自分自身の時間層の様相を突きつけられる気がする。何も建設的ではない自分の人生の空虚さを感じさせられる。あぁ。
しかしおじさんおばさんも中学生に逆戻りした会話になるのは「プチ・クラス会」か。
もちろん大人だから気遣いする言葉だってあるのだ。

kさんも街を出歩くのは久しぶりだという。
もうひとりの都合が悪くなり二人だけで歩くのだからデートといってもいいのか。
kさんの知る「20年ぶりに入る」という喫茶店は祭日でもあり混んでいた。しばしレジ前で空くのを待つ。20年前にはいったい誰と入ったことだろう、、などと、勝手な想像も湧く。

「お腹減っちゃって」とシフォンケーキと紅茶を頼むkさん。
私は画廊に入る前に食べたラーメンがまだ胃の中に。

「早くビールが飲みたいんだけど」
kさんがその昔入ったことのあるという雑居ビル地下の居酒屋へ行くと最近閉店したようだ。
過去の風景が実体を消してゆく我らが世代。あるいは不況的なご時世なのか。
17時前には別の店に入って乾杯のご唱和。しかし1杯目が美味いねぇ。
思い出話に花が咲く。最後にあったクラス会は何年前だろう。その時しばらくぶりに会ってみてそれぞれがそれぞれに人生をにじませた大人になってて、それが上り調子の様相から下降線に転じたくらいの時代に位置していたことにひどく驚いた記憶がある。もうクラス会には顔出しなどしたくはないという決意が芽生えた。

プチでもクラス会なのか、あるいは単にデート気分を仮想しているのか。
怪しい気分もアルコールとともに消滅してゆく。
ちょっと笑える(笑いとばしたい)ようは話も聞いて、何杯めかのサワー。
話も訥々として話題も途切れてきたかな、そろそろ帰るかね。
「ここは私が出しておくから」と言われ「次回にはフランス料理ね」とも言われて、素直に「ごちそう様です」の私。

早起きしてバスに揺られ慣れない都市で熱射に晒され疲労感満載なものの、バス停のある駅前までを歩く。途中VELOCEでアイスカフェオーレ。まだ20時頃。普通ならこれから飲みも佳境な時間帯のはずだが中学生のデートはそういうものであるのだよ。(今の中学生は違うって? いいのだよww)
[PR]

by aura-21 | 2010-07-18 23:26 |
2010年 07月 16日

ききき

大きな樹や象徴的な樹影をみるとシャッターを押したくなる。
c0156162_225823.jpg

c0156162_2254317.jpg

c0156162_2252624.jpg

なんでだろう。
[PR]

by aura-21 | 2010-07-16 22:22
2010年 07月 15日

迷い道

頭の上の青くぽっかり抜けた空と肩口をなぞる風についつい誘われて目的なしにハンドルを握る。
ほんの2〜3時間で帰宅するつもりが気づくと龍飛の岬から津軽海峡越しに北海道を見ている。
c0156162_2211641.jpg

遠くむこうに北海道。



昼食に二色丼。ウニといくらの入った丼もの。
プリン体が気になっているこの体には非常に悪そうだが、悲しく美味い。


c0156162_222119.jpg

竜泊ラインを下る。眩しく輝く日本海側へ出て、またうろうろ道に迷い走る。
津軽半島を横切る山道途中でガス欠寸前。焦りながらも無事にくぐり抜ける。
[PR]

by aura-21 | 2010-07-15 23:23 | ドライブ
2010年 07月 13日

因数分解

アートの意味はいろいろと因数分解できそうだ。
単なる手技という技術レベルからコンセプトや理念に至る考え方まで。
考え方は見方にも繋がる。

では、依って立つ場はあるのか、無いのか、どこなのか。
極論すれば「自己」というローカリティ。
その地域特性に立っていることを思い・惑い・考えざるを得ない時間があるだけだ。
簡単には乖離できないそれらと向き合う時間でもある。
[PR]

by aura-21 | 2010-07-13 22:11 | ART
2010年 07月 11日

ドアドア

晴れた日曜日。

参議院選挙の投票へ。




10時からSATOさん宅「ドアドアらうんど青森」版画教室へ。
エッチングプレス機や陶芸の窯もあり、これら専門の道具がないと出来ない作業に対応している。
基本的には障害を持った方々の体験と交流の場所として活動している場所である。
公的ではなくこうして運営しているのは少ないと聞きます。

ここではアルミのドライポイントをしています。
まぁ普段自分のやっている事と一緒です。
彼らの方が面白いものを作るので参考にさせてもらっています。
腐食銅版となると薬品などの準備が必要になり大変ですから、ドライポイントを中心にして作っています。
今日はニードルで点々を打って画面を作る作業をしました。


SATOさんからドアドア参加者IZUMIYAさんの作品が載った報告書を戴きました。
やはりここで作ったドライポイントの作品が掲載されていました。
「障害者アートの推進及び全国普及事業 〜 わが国における障害者の芸術作品調査研究 〜」(平成21年度報告書)



庭ではSATOさんのご主人が石を組んで作ったピザ窯を使いピザを作っています。
生地からねりテニスボールくらいの大きさにして寝かせていたものをまな板の上で丸く伸ばしてソーズを敷き野菜や肉やバジルやチーズをトッピング。
作りながら食べるとまた一段とおいしくて楽しいものです。


版画よりもピザに(私は)気持ちが移ってしまいいけません。
版画は全員は一巡して制作を終えましたが、後から一人、刷りがまだだったことに気づきましたが道具を片付けた後でした。すみません。気持ちがピザ釜に、、、、







15時に辞して家に向かう途中に親戚から電話。
一度帰宅し家人も乗せて雲谷温泉近くの親戚の家庭菜園へ。
ひとり雑草取りしていたそうだ。無農薬野菜(ほぼ放置農法)の収穫の山。
手伝いに草むしりのまねごとをしてみたが、腰や下肢に肉体疲労が来そう。
とても手伝ったとはいえないようなポーズだけの草むしりか。
「食べきれないんで」と収穫を分けてもらう。
[PR]

by aura-21 | 2010-07-11 22:12 | ワークショップ
2010年 07月 10日

階段をおり

新町の市民美術展示館。
4階から順番に見る。
SUZUKIさんの水彩画。団体支部展。彩会展。など
[PR]

by aura-21 | 2010-07-10 22:29 | 展覧会
2010年 07月 09日

ほぼ健康優良

今日も暑いです。

そうそう、、
暑中お見舞い申しあげます



先月の健康診断の結果はほぼAながらも、
お腹周りと身長の比率に問題あるのと血中コレステロール値が高い。
デブっててだいたい健康な数値内の私。
お腹周りを落とさないとなぁ、、気休めに昼飯は春雨スープと焼きおにぎり1個。
気休めもいいところだな。





鳥。
走る車の前方をカラスが悠々と「ぴょんぴょん」歩いて横切る。
「どけどけぇぃ〜轢いちゃうぞっ」
なんだか馬鹿にされているような気分になる。
最近のカラスってなんだかずる賢い。
童謡の中のカラスたちとは、もう何世代も違うイキモノ。
[PR]

by aura-21 | 2010-07-09 21:49
2010年 07月 08日

銀行で2カ所の作品展参加/出品料を振り込む。
作品の構想も決まっていないうちから。参加するには前金システム。
お金を払うというのは自分に鞭入れるような感じね。
「本気です」っていう鞭ね。




暑さのせいかな。遠回り運転している。
頭の中で最短コースとかルートが算出されていない。
なんだか無駄が多いね。




友人の個展の案内状が届いた。元気そうな手紙が添えてある。
私も手紙でレスしよう。
[PR]

by aura-21 | 2010-07-08 21:52
2010年 07月 07日

数値

誤解覚悟で書くが「数字とは偏見である」。
100キロを越えたらみんなデブなのか?
私も80キロを越えてデブに成りつつある。
成りたいものになれずに、成りたくないものにばかりどんどん近づく昨今。
あぁ、、、、

デブですからぁ。
[PR]

by aura-21 | 2010-07-07 22:22
2010年 07月 06日

眠い

晴れ、、、と日記風味に書き出す事に疑問を持たなくなり久しい。
でもお天気は無邪気に晴れたり曇ったり雨ったりする。

朝のゴミ出し。


気づくと昼寝が長かった。夜に熟睡できなかったのか?


今日も耳鼻科へ。
先生に「作品に火災保険とかかけてないのか?」と聞かれ
「ないです」とあっさり。
保険をかけれるような作品でもないでしょ。
こうしたところにも微妙な誤解があるのかも。


ジターヌへ。
モカの種類である「アル・マッカ」を注文し飲む。自宅用に豆を買う。
[PR]

by aura-21 | 2010-07-06 23:46