<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 30日

なんだっけ

c0156162_16225196.jpg


どこで、いつ撮ったのか分らない画像だが、なんだか今の気分はこんな夕景。
黄昏たすぐむこうに師走が見えて、なにもかもがあの雲のむこうがわ。


いろいろ記しておきたいこともあるが、どこまでをどう書いていいものかが掴めない。
そのまま放置しているうちに、書きたい気持ちが萎えてどうでもよくなる。

「なんだったっけ」

忘却したことすらも忘れてしまえば苦労はないが、喪失感でぽっかりと空白部分のあることだけは認識できているので始末に悪い。


隣家の伯母がお茶を飲みに訪ねて来て、滔々とはるか昔のことを取り留めもなく語る。
こちらが聞いているかどうかには関係ない。途切れなく話す。
横で一緒に聞いている母の顔色から推察して、真実と違うのではないかと思える節も多々あるのだが、語ることは伯母にとりすべて事実になる。
事実と真実の差はなんだろうか。
「真実なんてどこにもない、あるのは解釈だけ」
語っているうちに伯母のなかでその解釈(物語)は現実のことになってしまうようだ。
伯母だけに限らず、誰の中ででも架空の断片が(断片ではなく大きな総体となって)人生を形作っていることに違いないようだ。



昨夕、同級生の尊父の葬儀に参列。
式で彼の父親の戦友という方が故人を偲んで弔辞を語った。
故人自ら志願して航空隊に所属し外地で戦った話。敗戦後の処遇とその理不尽さは、彼らが共有している「戦争体験」だろう。戦争の体験は空襲を受けた側の話ばかりを聞いてきたように思う。戦地に赴いた者ほど、敗戦後に多くを語らないデリケートなものかもしれない。
私が知る故人の印象は物静かな優しさよりほかない。読経後の僧侶の話よりも、朴訥に時に聴き取りにくい戦友の話ぶりに、葬送の別れにふさわしい威厳が漂った。






また雪がちらついて来た。







にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-30 16:51 | 雑感
2011年 11月 23日

中止なのか?

「オタク語辞典」というのを借りて来て読みにくい小さな文字を追う。


「今年のクリスマスは中止になりました」

その季節が近づくと以前からあちこちに書き込まれる常套句になって久しいそうだ。

先週、近所のスーパーに行くと入口には正月用品の山。注連縄とかお供えの餅とか。
シーズン先取りの店舗の商品陳列、順番からいけば「クリスマス」関連が並ぶべきなのに、、、。

本当に今年はクリスマスはないのか?
あるいは、縮小されたり人目を忍んでひっそりとなのか?
震災の影響のようなものがあってのことなのか?





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-23 18:48
2011年 11月 22日

今年のおふだ(アート@つちざわ)

c0156162_16492740.jpg


そうそう アップが遅れました。
「アート@つちざわ」のために作った今年のおふだです。
ほとんど配布していませんが、花巻市東和町土沢の「土澤芸術商店 ぷると」で一枚百円で販売しています(宣伝)。

 華蒔土澤  はなまきつちざわ
 藝術商店  げいじゅつしょうてん
 厄祓思通  やくをはらっておもいどおり
 之私楽勝  これでわたしもらくしょうよ



c0156162_1591550.jpg






佐々長醸造さんと猿舘酒店さんには、貼っていただいておりました。
嬉しいなぁ、、感謝です。

貼ってたら良い事がありますように!









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-22 15:10 | つちざわ
2011年 11月 21日

雪降りつのる

街にも雪が積もるシーズンに入ったね。
でもこの雪はまだとけるはず。
倉庫の雪囲いがまだ完了していない。

今年は雪の量の多いという人と、少ないという人がいる。
少ない方を信じたいと期待している。
期待というものはいつも叶えらばい。
期待しただけ損するようなものかな。

何にも期待しなくなって、つまらない人間になってきた。



本日もまた、外出せず家にじっとしている。
タイヤの交換もまだ。もともと出かける用事もない。
あっ、県美に行こうと思っていたんだ。


昼過ぎに告知欄の更新。






にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-21 21:21 | 季節
2011年 11月 17日

整理 悪夢の魅力

終了して11日が過ぎた「アート@つちざわ」。
今日、参加作家のさいとうよしともさんが展示した作品「ukita」の動画をYouTubeで見つけた。
現場で見逃した事を悔みつつ見る。



暗くした広い展示室に二面吊るした障子に映像を投影するインスタレーション作品だろうか。
毎回、投影される映像と映される仕掛けの配置や構成の全体を作品化するさいとうさん。
現場で見たらまた別な感想を抱くかもしれないが、視線だけになって観たこのYouTubeの動画には障子に仕切られた部屋での日常的なのになぜか白日夢か悪い夢でも見せられているような「ハッ」と覚醒しながら瞬間的に記憶を辿る恐怖のような奇妙なリアル感、或は虚構のリアルさを想起させられるて魅せられる。都市のスピード感も彼の他の作品に現れている魅力だけれど、今回のルーツを探った映像の方向や田舎の日常風景を切り取ったなかに、足は止まっても身体が止まれずに前につんのめるような感覚が、私は心地良いものとして感じてしまった。

アートの流れのなかに恐怖と紙一重のような表現群があるように思う。
映画や演劇にもデモーニッシュで残酷な見せ物感のある恐怖や不条理がちりばめられているものがある。絵画でも恐怖を喚起するような絵柄をもってくる表現がある。恐怖と共に耽美的で世紀末的でシュールでデカダンなものが、「ここまでおいで」とまず最初に仕掛けられている。或はその仕掛けがあるから飛び込みたくなる衝動をおこさせるのかもしれない。古典文学にも意味不明な恐さを組み込んでいるようなものが多くある。ちょっとグロテスクであったりゴシックな野蛮さがちりばめられている。
なんだか解らないけれど「恐い」ような印象をあえて含んだアート作品に、私は惹かれることが多い。


c0156162_22143322.jpg


c0156162_2215351.jpg


c0156162_2216187.jpg


c0156162_2217103.jpg


今回はもうひとつ鎌田紀子さんの彫刻(人形)をインスタレーションした空間にも惹かれた。
「キモカワ」という語彙が一般化している現在、「気持ち悪く」て「かわいい」という二項共存はアート的にも居場所をしっかりと確保している。けれど、鎌田さんの作品にはまたそこからも逃避するような「けだるさ」や「虚無感」がすこし効いているように思い、私の嗜好を刺激するのです。







にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-17 22:18 | つちざわ
2011年 11月 15日

雪か 酒

とうとう雪のシーズンの前哨戦が始まった。
例年よりも20日遅い初雪とか。

まだタイヤ交換もしていない。
履き潰すつもりで夏中履いてたスタッドレスのタイヤはツルツル。





c0156162_221842.jpg

先日の遠野市で買ってきた濁酒「開花」はどぶろく特区第一号の製造所で作られた酒。
その赤いお酒を飲む。
美味しいよぉ〜♪







にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-15 21:58 | 飲・呑
2011年 11月 12日

あかりのありか

「あかりのありか」は開催されると今回で8回目になる。
打合せを夕刻よりNOVITAにて。
今回のテーマ(サブタイトル)は「光景」です。


その後に裏のお寿司屋さんで親睦会。

c0156162_14483441.jpg


新メンバーも増えました。







にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-12 23:59 | 展覧会
2011年 11月 08日

釜石〜宮古

鉛温泉 藤三旅館の朝。
朝食前に朝風呂へ。これで5つの湯殿を制覇。って朝から何してんだ。
7時を過ぎると「白猿の湯」は女性専用から一般になる。もう一度あの深い湯船に入る。
8時、部屋に運ばれてきた朝食を食べる。

チェックアウトの時にフロントで、昨夜飲んだ遠野のどぶろく「五穀」「開拓」「開花」の内からどれか買おうとしたが欲しかった銘柄が売切てて残念。スタッフも「珍しく今日は買い求めるお客さんが多くて‥」という。
だから という訳でもないけれど、遠野を目指す。行けば買えるかな、、、
c0156162_23204414.jpg



ナビで遠野を入力。
c0156162_23163178.jpg

途中にある「めがね橋」とその下の「道の駅 みやもり」。
この道の駅の酒屋さんでどぶろくを購入。
「開拓」と「開花」、それと地ビールを2本。



昨日、陸前高田を少しだけ走った。
その光景の痛ましさに声も出ない。感情的に内から何ものかがこみ上げる。
生半可な気持ちではこの地には居てはいけないような極度の緊張を感じて引き返した。
自分が弱い人間であることを知った瞬間でもあり、それは想像を超えたリアルのなせる事と感じた。

今日はあとは帰るだけだ。昨日は予想なんて吹っ飛んだシリアスさにたじろいだ時間だった。もう一度沿岸部と向き合える力が自分の中にあるのかを見定めにゆく。おそるおそる。見えているものと自分との瞬間的な対峙。被災が我が事のように重なる瞬間と心情。

釜石市へ。

本当に本当に何も言葉も出なくなり思考がますます止り眉間のしわが深くなり胸が痛む。


c0156162_1273845.jpg


釜石大観音。この施設も一部補修中だったが開館していた。
拝観料金を払ってのぼれるところまで階段を登る。
岬の先端高台に立つこの観音はあの津波を眼下に見下ろしていたはずの位置関係。
そのすべてを見ていたのだろう。

釜石には道沿いに解体を待つ家が階下部分だけ抜き取られた形でポツリポツリと建たされている。そして多くは基礎部分だけ残して消えた家の痕跡。視線を遮る建物のほとんどない街が痛々しく露出し広がっている。途中にみた自動車学校の敷地内には大破した車が並べられている。
建設資材を積んだたくさんの工事用車両の行き交うなかに混じって走っている場違いな自分を感じる。

宮古方面へ。どこも言葉がなくなる。
とても車を停められないし、ましてカメラを向けられることすら出来ない。
何をしにここまで来たのか。自分の眼で確かめられることなどほんの少しだが、その少しのことが酷く突き刺さってくる。想像なんてすっ飛ぶように、この状況は「現実」なんだ。

住民のみなさん個々のケアはどう行われているのか、車の中からは見えないが、その工事関係車両の忙しく多量に走る様をみていると建築的には復興に向っての解体と運搬が熱く行われているようにも見える。たくさんの県外ナンバー。支援の手。


宮古から盛岡へ区界を抜けて走る。ずっと盛岡に向う車の列がつながる。
睡魔に襲われて途中の路肩で20分ほど。起きるとすっかり暗いが、長い車列は続く。
盛岡市内で夕食を簡単に済ませ、高速道路を左側に寄りすべての車に抜き去られながら帰宅。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-08 22:22
2011年 11月 07日

撤収 お神酒 被災地

花巻温泉の紅葉館の朝。

昨夜は浅い眠り。疲れは取れた感じがしない。
湯にあたったせいかな。湯の後に座ったマッサージチェアのもみ返しか。

朝食を食べに2階のバイキングの間へ。バイキングは取りすぎて食べ過ぎる。
私も「歳」とか「腹八分目」を気にするようになった。すぐに満腹になる。


ホテルのチェックアウト。空は霧雨に煙っている。今日の天候が気になる。

予報では昼から晴間が広がるようだが、空はどんよりとして泣き止みそうにないウエット感。
c0156162_15174135.jpg

館山公園山頂の作品から撤収の作業を始める。
剥がし終わる頃には晴れてきた、、、やはりこの作品が「雨」を呼んだのか???


引き続き、萬鉄五郎記念美術館前の作品も剥がす。
石に貼ってあるが最初に和紙を水だけで貼ってあり、その上から水糊を付けた木版画和紙を重ねて貼ってある。石との接着面は楽に剥がせる構造。



「福泉」にて昼食。
仙台のさいとうよしともさんも食事にお出でだった。
すみません。今回は全体の作品見て歩けずにさいとうさんの作品を見落としてしまいました。
ちょっと残念な顔をされているさいとうさん。すみません。



「猿舘酒店」で日本酒の一升瓶を買う。それを持ってまた舘山と美術館まえの設営場所に行き「お神酒」として撒き感謝する。こうした精神的なことは、今まで以上に、今回重要なことのように感じている。墓石ではないし、何かを封じている石でもない(だろうと思う)、モニュメントの石碑である。それを和紙で表面を覆ってしまったわけである。息が出来なかったら申し訳ない。石と呼吸。それがどう影響ある事なのかはワカラナイことだけれども。
気持ち、精神的なこと、意識とか文化とか、なにかそういうこと。しきたりでもないが、やっておいても悪い事ではない、と、思う。
猿舘さんからお酒を買う時に「お神酒として撒く」ことうを話したら、すんなりと普通に理解してもらえた。というか、そういう事の必要性を解っている方の一人でもあると感じました。
すべてが合理的なことや理屈で成り立っている訳ではない。そうしたことがごく身近にあるのが土沢の日常かもしれない。

そのせいか、、、午後はすっきりと晴れ渡った。





紅葉が風景を彩る道を遠野から「陸前高田」へと抜ける。
初めて目にするその被災の状況。
あぁ、、、、、、言葉が見つからないし、何も書けない。
行き交う大型トラック、復興に取り組むユンボが働いている。
テレビだけからでは伺えなかった、感じとれなかったことが、巨大なその現場に広がる。
黙祷。

実は高田松原の1本だけ残ったという松の木を間近で観たかった。
しかし復興のトラックがたくさん行き交う中を物見遊山で地理不案内にそこまで行けそうにはない。余計な車が復興の邪魔をしてはいけない。交通量の少ない道を選んで引き返すことにした。

c0156162_2227097.jpg


途中の店でこのキーホルダーを見つけて求める。




鉛温泉 藤三旅館。
ひとり打ち上げ。「白猿の湯」他、この旅館の5つの湯船のうち4つを巡る。
清めるとか落とすとか祓うとか。何か一段落の展示撤収後の夜。







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-07 23:23 | つちざわ
2011年 11月 06日

アート@つちざわ 最終日

今日で「アート@つちざわ」が会期を閉じる。
ほぼ1ヶ月間の会期は、私には短く感じられた。
数回手直しで会場の自作品に前まで日帰りで行ったのだが、その都度、ほぼ、雨。
雨男は私なのか? 結果論でいくと。。。。雨男。

秋の行楽モードもあって母を連れ出す。宿の予約も2名で取った。
今日も八甲田を越えて車を走らせると、だんだん雲行きが怪しくなってゆく。
確かに天気予報では岩手県の花巻方面は雨に向っているものの。
到着してみると、、、やはり、、「雨」

花巻温泉「ホテル紅葉館」チャックイン。
母を部屋へ置いて、そこからまた30分ほどの距離にある土沢へハンドルを握る。

記念館前の作品の様子を見る。
作品は意外と溶けてはいない。舘山公園の方が風雨の影響が大きいようだ。

c0156162_1144647.jpg

葉が散った銀杏。その実もたくさん落ちている。
その散り方がおしまいの印のようだ。

夕刻から「アート@つちざわ」打ち上げの宴がある。
しかし車では飲めない。宿に残してきた母も気になる。
ホテルの夕食はバイキング。ひとりでは食事の場所にもいけないようだ。
残念ながら今回の打ち上げには不参加。残念です。
オープニングもフィナーレも参加できない参加者なんて、、、、
作品だけの参加では交流さえ生まれない、、、後ろ髪引かれる思い。



ホテルの食事はまぁまぁ、、かな。
バイキングの品数は多いが、食べられる量の少なくなった自分にとっては腹も身のうち。
せめて温泉は満喫しようとぞ思う。

紅葉館/蓬萊館/千秋館の三館が通路で繋がっている構造。
夕食後に満腹と運転疲れから寝てしまった。
23時頃、タオル片手に宿の浴衣とスリッパで暗い通路をハシゴ湯。
感想としては紅葉館の湯が露天もあって広々◎でした。
巨大ホテルのだれも居ない湯に浸る。


明日、搬出/撤収。





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]

by aura-21 | 2011-11-06 23:53 | つちざわ